このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
東京オリンピックは2022年に開催すべき
[日本の政治]
2020年12月31日 23時20分の記事

今年開催予定の東京オリンピックは、新型コロナウイルス感染症問題で延期になりました。そして延期になった大会まであと7ヶ月。しかし、いまだ日本だけではなく世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。すでに現時点で7ヶ月後の開催は限りなく不可能に近くなっていると考えます。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


大会は、7ヶ月後にポッと湧き出たように行われるわけではありません。会場の準備などの開催準備があり、それを長い時間をかけて行う必要があります。しかし、これから新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合、スタッフなどが集まったりすることもままならない状況も出現することでしょう。そして、何よりもアスリートの準備もあります。さらに大会出場のアスリートの選考も公正、万端に行われるか甚だ疑問です。これは日本だけではなく世界中でそうでしょう。
一方、日本の状況を観れば、スガ政権はまったく感染を抑止する意思を見せていません。また、東京都の小池知事もいつも会見でべらべら話すだけで、何もやらずリーダーシップの『リ』の字も感じさせません。その象徴が知事の足下で生じた都営大江戸線職員のクラスターでしょう。このようなことで営業が滞るのですから、不注意で済まされることではありません。ただただトップの知事に感染抑止をするつもりがないからこのような事態になるわけです。このように新型コロナウイルス感染抑止を、オリンピックホストである日本政府も東京都もやる気がないのに、これで7ヶ月後に大会開催できると考える方が間違っています。

「都営大江戸線 新たに職員21人の感染確認」(2020年12月31日 日本テレビ)

このような状態を考えれば、余裕をもって2022年に開催した方が良いのは間違いありません。そもそも、2021年開催はアベ氏が決めたことで、さらに2022年開催も可能であることが、以下の記事を観ればよくわかります。

「森会長が語る舞台裏 『なぜ1年』問われ首相は断言した」(2020年4月1日 朝日新聞)

本ブログ「新型コロナウイルス――感染収束に焦点があたっていない」(2020年11月29日)で取り上げたように、首相辞任の意向を表明した8月28日、アベ氏は、新型コロナウイルスについて冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることができたと豪語していたわけです。しかし、その結果が、現状であるわけです。基本的にアベ氏が無脳なのはどうしても隠せない事実です。そして、嘘つき。以下の記事を観れば、アベ氏の病的な虚言の程がよくわかります。

「安倍前首相は『桜前夜祭』と『コロナ』でどんな“嘘”をついたのか 史上最悪の嘘つき総理ぶり全開、絶句するしかないトンデモ発言を振り返る」(2020年12月31日 リテラ)

嘘つき、自分のことしか考えない、そして無脳。そのような人物は無視すべきです。そして、そのような人物が勝手に決めた無理なスケジュールである2021年開催をやめて、2022年の開催にすべきでしょう。結局、アベ氏は自分のことしか考えていないと考えます。実際、2021年開催はアベ氏が勝手に決めたのであって、最も大事な国民の意思が反映されているわけではないのです。国民の意思をまったく問うていません。
むしろ、2021年7月以降、聖火をアテネから感染が終息した地域を順にリレーさせ、1年をかけて世界の平和と安寧の聖なる火が日本、東京を目指すということにすべきでしょう。このようなことができれば、その効果はプライスレス、数十兆円、数百兆千の効果があると考えます。新型コロナウイルスでこれだけの災厄が世界中であったわけで、これは良くも悪くも全人類が初めてもった共通体験であるわけです。その共通体験を聖火のリレーによって喜びと希望、連帯、平和に変えるべきなのです。そして、その象徴、終着点が日本、東京になるわけです。これはものすごいことなのです。そのためには、開催を急ぐのではなく、十分に時間をとって準備をしてやるべきなのです。世界中の喜びと希望、連帯、平和の象徴が日本、東京になる。日本にとってはまたとない千載一遇のチャンスなのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/453979
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2020年12月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
全て (1279)
日本の政治 (1193)
ザ・フナイ (13)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
12/01 22:42 金平 茂紀さんについてとても良い記事
11/30 22:30 ザ・フナイ 2023年1月号の巻頭対談に掲載されました
11/30 22:21 自民党とは犯罪者集団なのか?
11/13 23:54 自民党の国民に対する不誠実が目立つ
11/05 23:39 北朝鮮のミサイルの意味
10/30 22:33 ペロシ邸襲撃という事件の本質は世界情勢を考えないとわからない
10/17 23:04 政治とは国民にとって良い結果が出ることがすべて
10/15 23:55 国家権力・政権党との繋がりが最大の問題点
10/10 23:39 ウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているこの皮肉 その1
10/04 23:26 『米国の同盟相手は「北朝鮮」』By ハリス、アメリカの副大統領
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved