このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
言葉のトリック
[日本の政治]
2019年1月17日 0時1分の記事

協調という言葉を使って、融和や平和をイメージさせ、その実、緊張や戦争へと導く言葉のトリックが日本の報道にはあるのではないでしょうか?

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


以下のトランプ大統領のNATO離脱意向の報道については本ブログ「戦前と何も変わっていない?」(2019年1月15日)で取り上げ、そのような発言がなぜ起るかという大方の理由は書きました。ただ、その本当の理由はこれまで何度もザ・フナイで書いてきましたので、詳細はそちらに譲ります。

「トランプ米大統領がNATO離脱意向=周囲に複数回漏らす―報道」(2019年1月15日 時事通信)

この時事通信の記事において、NATO離脱の意向を漏らしたトランプ大統領について以下のように書かれています。


国際協調に背を向けるトランプ氏(同上)


「国際協調に背を向ける」と表現されていますが、先日、トランプ政権を離れたマティス前国防長官は、米軍シリア撤収に反対して辞任したときに、国際協調派という言葉で修飾されて、様々なメディアで報道されていました。
さて、この「国際協調」とは何を意味しているのか? 実は全く説明がないのです。米軍がシリアから撤収することやNATOから撤収することが国際協調に背を向けるということですが、そもそも中東や欧州から米軍が撤収の方向にあることは何年も前からその理由とともにザ・フナイで書いてきました。したがって、現状は当然の動きをしているわけで、このことは東アジアでの米軍のプレゼンスについても同じなのです。だから、朝鮮戦争の終焉の方向性が昨年から明示的になっているのです。
実はこの「国際協調」という言葉は、米ソ冷戦時代の米軍の世界展開、米国覇権に基づく米軍の世界展開を言っているわけで、米国が世界の警察官と言われた時代の世界観であり、まさに戦争の時代の世界観であるわけです。しかし、その米軍の世界展開、世界の警察官であることができない構造的ポイントがあって、その米国覇権時代は既に終わりを迎えているわけです(詳しくはザ・フナイで)。そして、それが何年も前から確認できる状況にあって、そのことはザ・フナイで書いてきました。
このようなことがあるから、昨年、トランプ大統領がイラクを電撃訪問をしたとき、米国は世界の警察官を続けられないと述べているわけです。

「トランプ氏、イラク電撃訪問 『米国は世界の警官続けられない』」(2018年12月27日 AFP)

このような世界の情勢の変化がはっきりとある中で、米露協調を中心として、世界の新しい方向性、平和の方向性を築いてきたのがここ数年の世界情勢の実相であるわけです。これが本当の国際協調です。
しかし、上記の時事通信の記事のように「国際協調」という言葉の使い方をするのは、明らかに前時代的な米国覇権時代の構造の世界観、戦争の時代の世界観であって、実相はそれを残そうとしているからに他ならないと考えます。特に今の日本(安倍政権)ではそうでしょうが、実のところそのような世界観は既になくなっているのです。
このような前時代的、戦争の時代の「国際協調」の意味することは、シリアで内戦が続き、終わりなき戦争を続けることや、ウクライナがロシアを挑発したりすること、ロシアと緊張状態が生じること、北朝鮮と緊張状態が高まったりすること、朝鮮半島南北が分断され続けること、中国と緊張が高まったりすること、中東が不安定になること、イスラエルがシリアを攻撃したりすることなどです。他にももっとありますが、それらはすべて脅威をつくり出して「国際協調」という名の緊張状態、戦争状態を維持するためのものでしかありません。
国際協調という言葉が使われていると、平和や融和をイメージしますが、その本質は米国覇権時代の関係を維持して、緊張状態、戦争状態を温存するということなのです。これこそ言葉のトリックですが、そのような世界観と方向性を最後まで堅持している日本は、新しい世界秩序の準備が全くできていません。むしろ、今やその平和を基調とする新しい世界秩序の足を引っ張る存在となっているのです。このような認識がこれから世界的に生まれてくると考えますが、このことは大変なことです。このように日本がなる理由は上述の本ブログ「戦前と何も変わっていない?」(2019年1月15日)や本ブログ「戦前と何も変わっていない?」(2019年1月16日)で書きました。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/421115
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2019年01月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
全て (1423)
日本の政治 (1334)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
07/09 23:52 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る その3
07/03 18:01 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る その2
06/27 17:31 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ その3
06/24 23:56 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ その2
06/22 23:32 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る
06/18 17:25 亀井亜紀子さん、立憲民主党に対する私のスタンスについて
06/12 04:00 コイケの本質はやはり『ウソ』なのではないか?
06/02 23:46 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ
05/29 16:43 確実に生じている時代の変化
05/27 23:15 小池百合子氏は本当に首席でカイロ大学を卒業しているのでしょうか? その1
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved