このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年04月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリ
全て (1017)
日本の政治 (935)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
08/01 23:57 日本政府・東京都の防疫政策の実質的な破綻
07/31 20:42 日本政府も東京都も現状の10%しか想定していない 48時間以内に五輪中断・来年再開催を即時決定せよ
07/30 00:45 この勘違いはあり得ない (2)
07/29 23:57 この勘違いはあり得ない (1)
07/28 22:03 国民の不安はスガ自公政権と小池都政の失政よるもの その科を国民に転嫁するな (1)
07/27 17:18 明らかなオーバーシュート オリンピックの即刻停止と来年再開催の決定を
07/27 00:20 意味することはまったくの逆
07/27 00:00 戦争屋バイデン(ハリス)の時代 平和の祭典・オリンピックでもお構いなし (2)
07/26 18:31 戦争屋バイデン(ハリス)の時代 平和の祭典・オリンピックでもお構いなし (1)
07/25 23:56 オリンピック開会式 日本の宿痾が凝縮されている (2)
ブログ内検索

RSS
考えるまでもないオリンピックの再延期 ?
[日本の政治]
2021年4月7日 23時59分の記事

本ブログ「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(2020年12月31日)では、東京オリンピックの2022年開催を主張しました。このことを昨年の大晦日に書いたと言うことは、当然、今年にとってこれが大きなポイントになると考えたからです。そして、その時点で合理的に考えて、東京オリンピックの再延期は当たり前のことなのです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


この再延期はまさに考えるまでもないことなのです。このように断言する理由は2つあります。一つは、政府・行政が新型コロナウイルス対策に専念し、国民の生活と命を守るためです。これだけの世界的なパンデミックにおいて、政府・行政がオリンピックをやりながら新型コロナウイルス対策をできるわけがないのです。
それを無理をして行おうとするので、ごうごうたる批判と怒りの中で聖火リレーを強行するという愚を犯すわけです。
現状、ワクチンの普及で終息傾向の可能性が大きくなっていますので、来年に再延期して、そのために一年後に同じ聖火リレーをしても、そのときは批判はあっても軽微と考えます。まさに雲泥の差になるはずです。

オリンピック強行開催のための緊急事態宣言解除
もちろん、こういうことだけではなく、今年のオリンピック開催のために緊急事態宣言を解除したわけです。これまでも何度も指摘しましたが、感染者の増加と犠牲者の数には相関関係が厳然としてあります。以下のグラフはいわゆる第三波の感染者数と犠牲者数の7日間の移動平均のグラフを重ねたものですが、感染者数(青線)と犠牲者数(薄茶色線)の山の形はまったく同じです。感染者数が増えた20日から25日後には犠牲者数が増えるわけで、感染者数が減れば犠牲者数も減るのです。


(グラフはWorldometerから)

このような傾向は2月の中旬には鮮明であったわけです。この相関関係はどんなバカでもわかるレベルです。
それならどうして2月末に6府県、3月21日に首都圏の緊急事態宣言を解除したのでしょうか? これまで何度も申し上げたように新型コロナウイルスの収束傾向をつくり出す方法は3つしかありません。それを効果が高い順から言うと、1)ワクチンで集団免疫をつくり出す、2)中国で効果を上げたPCR検査の社会的検査と隔離、3)緊急事態宣言などの行動制限です。日本はワクチンの開発・製造の自立性を喪失し、ワクチン接種は極めて遅い状況です。PCR検査の社会的検査と隔離について政府はやろうとする意志すら持ち合わせていません。それなら緊急事態宣言などの行動制限を解除すれば、当然、感染が再び増えるのは目に見えているわけです。
そして、その感染拡大は当然、新型コロナウイルスによる犠牲者を増やすことになるわけです。つまり、現状の日本政府の防疫レベル、新型コロナウイルス対策能力レベルでは、緊急事態宣言などの行動制限を解除することは、必然、日本国民の犠牲者を政府が認めると言うことなのです。
これを、この2月末と3月21日に緊急事態宣言を解除したことの明白な意味なのです。もちろん、それは今年にオリンピックを開催するために、聖火リレーを始めなくてはならないことによるわけです。そうでなければ、日本政府は公式に緊急事態宣言を解除したことにより、日本国民の犠牲を意図したということになります。なぜなら、宣言解除は犠牲者増となることが、はっきりとしているからです。オリンピック開催のために緊急事態宣言解除したと言うことでなければ、このようになるのです。でもオリンピック開催のためということであっても、当然、日本国民の犠牲を容認したということになります。もうすでに、日本政府・スガ政権は論理的に詰んでいるのですが、とにかくあまりにも非人道的です。IOCはこれを認めるのでしょうか? 平和の祭典と今後は言えなくなりますよ。
新型コロナウイルス対策とオリンピックの両立する能力は今の日本政府にはありません。そもそも、ワクチンの状況を考えれば、昨年末に再延期の決定をするのが、政治の責任というものです。それができない。こんなにわかりきっていることができなのです。私ですら、昨年末にわかっているのに。というより政府がグダグダ何もしないから大晦日に書いたわけです。日本政府には本当に防疫の専門家としっかりとした決断ができる人がいません。本当に頭が悪い。日本の劣化の象徴でしょう。

「考えるまでもないオリンピックの再延期 ?」(2021年4月8日)へ続く。



最終編集日時:2021年5月27日 0時22分

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/459307
フリースペース

この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 381959
今日のアクセス: 177
昨日のアクセス: 576
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved