このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年06月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
カテゴリ
全て (1113)
日本の政治 (1030)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
12/05 23:37 《日本の政治》 立民のウルトラCロジック
12/04 23:33 《日本の政治》 コロナはまだ現在進行形の問題
12/03 23:47 《日本の政治》 立民の『ゆ党』宣言
12/02 01:24 《日本の政治》 前川喜平さんはやはりさすが
12/01 23:42 素晴らしいお顔にはただただ感嘆
11/30 18:27 《日本の政治》 立民は良き支配者になることに目覚めよ
11/29 01:26 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき (2)
11/28 23:25 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき
11/27 23:37 《日本の政治》 フジテレビの問題は日本にとって非常に象徴的
11/26 23:03 《日本の政治》 立民を攻撃する人々の問題点と立民の問題点
ブログ内検索

RSS
空々しい事実上の収束宣言 ?
[日本の政治]
2021年6月18日 0時0分の記事

昨日の本ブログ「空々しい事実上の収束宣言 ?」(2021年6月17日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


スガ政権に課せられた政治的オーダーは第5波は絶対にないということ
このスガ政権の事実上の収束宣言で、スガ政権に課せられた政治的オーダーは第5波は絶対に許されないということです。
現状、このスガ政権のように空々しい事実上の収束宣言を出すのではなく、しっかりとした対策はあります。まず、オリンピックを再延期して、緊急事態宣言をあと1ヶ月から1ヶ月半以上伸ばし、ワクチン接種に全力を傾注することです。現在の日本の経済を復活・活性化させるには、この方法が最高になります。このスガ政権のやり方では損失が大きすぎます。

まず、第一の損失。
以下の記事のようにアフリカで陸上の予選ができないと報じられています。案の定、ワクチンや防疫体制の南北格差問題が露呈し、オリンピックに出場できない選手が生まれています。このことが報じられた時点で、今年の開催は避けるべきなのです。当たり前です。この選手達にとって、今年の強行開催は、事実上、中止と同じことなのです。オリンピックという人生をかけた機会を奪う権利は誰にもありません。

「五輪=アフリカ陸上選手権が中止、東京大会の選考に影響」(2021年6月9日 ロイター)

「東京五輪野球、オーストラリア代表が最終予選辞退 新型コロナを懸念」(2021年6月10日 CNN)

「"東京五輪の事前合宿や交流中止は100以上に 自治体の混乱と困惑が続く『異常事態』」(2021年6月16日 NEWSポストセブン)

また、上記の記事では、予選辞退や事前準備ができなくなっている事例が多数と報じられています。これで今年に強行すれば、明らかにアスリート・ファーストではありません。何度も言いますが、もうすでに、今年の強行開催は、中止と同じ意味になっているのです。
アスリート・ファーストなら来年やるということしかありません。ホスト国としてはそういう大義を掲げるべきで、それは国としての大義となります。どこが今年の強行開催を評価するのでしょうか?
IOCはアスリート・ファーストができなければ、必然、終焉に向って行きます。オリンピックが終焉する切っ掛けが日本からと言うことは十分にあり得ると考えます。人を大事にしない行事が、人類の支持を得るはずはあり得ません。少なくとも今年、強行開催すれば、二度と日本でオリンピックは開かれないものと考えます。オリンピックというものに対してほとんどは支持しないでしょう。
もうすでに今年に強行開催された東京オリンピックの正当性は失われているのです。そのようなものをあくまでも行うのは、アスリートのためにもなりませんが、何よりも日本国民の利益になりません。これ、第一の損失。

第二の損失は経済です。
来年は新型コロナウイルス感染症も世界的にかなり収束傾向が作られていると考えます。そうなると旅行などの人流は活発化します。その時に東京オリンピックを開催することは最大の切り札になります。世界中の人が嬉々として日本を目指してくるのです。まさに日本の幸運さを示すものになります。だから、そのために交渉をするくらいでないと、世界的には通用しません。しかし、まったくスガ政権はまったくその交渉をしていません。以下の記事ではウォールストリート・ジャーナルが再延期は可能と報じていることを紹介しています。

「日本政府主導で五輪の中止や延期は可能と米WSJ紙 契約上はIOCだけ」(2021年6月9日 日刊スポーツ)

当たり前です。このウォールストリートのスタンスが、国際的なスタンダードなのです。このくらいでないと政権担当能力には疑問符が付きます。サミットでちょこんと椅子に座っているだけでは、国際性の証明にはならないのです。それなら私にもできます。
そもそも、昨年、延期できたものが、今年もできないはずはないのです。むしろ、昨年から2年の延期をすべきだったのですが、バカなアベ氏がそうしなかったので、国益を毀損しているわけです。
このアベ・スガ政権の無能とバカさ加減が、結局、経済的な最大のチャンスを逃しているわけです。
であるのに、スガ氏はこの会見で以下のように述べています。


ポストコロナの強い経済を作り上げていくことで、希望をお届けする

「【詳細】菅首相会見『警戒すべきはリバウンド起こさないこと』」(2021年6月17日 NHK)


あなたにできるはずはないだろう。
オリンピックを来年に再延期し、ポストコロナで経済の活性化する最大のチャンスにオリンピック開催をするという最高のカードをみすみす逃す人間に、ポストコロナで強い経済を作れるはずはありません。このスガ氏や自民党にはもはや無理なのです。

第三の損失は内外政の損失です。
国民の半分は今年のオリンピック開催に反対しています。これは、今後、極めて根深い政治不信に繋がります。自民党に対する嫌悪感はこれから極めて強くなっていきます。だから、政権交代は必要なのですが、野党の非力でそれができないと極めて大きな政治的問題が生じます。
また、今年の強行開催で、外交において上述のように交渉力がないことや、人を尊重する大義を見せない日本の国柄に対して大きな不信感が伴うでしょう。明らかに来年に行った方が、外交的に、内政的にプラスなのです。なんでこんなことがわからないのでしょうか?

ポストコロナの最初は増税
スガ氏のこの会見で、実は以下のようにスガ氏は述べています。ここで財政健全化を出すのは100%、ポストコロナの第一弾は増税になります。つまり、ポストコロナでは、増税を行い、経済的に大きな成果が期待できるオリンピックを開催しないということなのです。これでは、このスガ政権では必然、この先の日本経済は活性化することはあり得ません。断言します。
日本はこの1年、何度か緊急事態宣言を解除して、新型コロナウイルスは収束したと宣言してきました。その最大のものが、GOTOトラベル・イートであったわけです。そういう収束という認識ですから、コロナ禍と言うことについて実はしっかりとした経済対策をしていないのです。旅行業や飲食業には行っていますが、基本的に、新型コロナウイルス感染症は収束しているという建前ですから、新型コロナウイルス問題に対応した経済対策をする必要はないと論理になります。だから、世界的に比較しても経済対策の額が少ないのです。日本は新型コロナウイルス感染症は終息しているから、お金を出す必要はないということです。それがアベ・スガ政権のスタンス。
それでいて、コロナ禍が終われば増税では、当然、コロナ禍で大きく弱っている経済はさらに大きく毀損します。基本的には日本政府・自民党にはもはや政権担当能力はありません。彼らに日本を救う力はもはやありません。それだけが揺るがない事実でしょう。


財政健全化の旗 降ろさない
「政府としては『経済あっての財政である』という考え方に基づいて、まずは、新型コロナウイルスを収束させる。そして成長志向の政策を進め、経済再生に取り組んでいく。こうした姿勢のもとに財政健全化の旗を降ろすことなく、これまでの歳出、歳入の改革努力を続けていきたい」

「【詳細】菅首相会見『警戒すべきはリバウンド起こさないこと』」(2021年6月17日 NHK)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/460289
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 423491
今日のアクセス: 40
昨日のアクセス: 433
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved