このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (1113)
日本の政治 (1030)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
12/05 23:37 《日本の政治》 立民のウルトラCロジック
12/04 23:33 《日本の政治》 コロナはまだ現在進行形の問題
12/03 23:47 《日本の政治》 立民の『ゆ党』宣言
12/02 01:24 《日本の政治》 前川喜平さんはやはりさすが
12/01 23:42 素晴らしいお顔にはただただ感嘆
11/30 18:27 《日本の政治》 立民は良き支配者になることに目覚めよ
11/29 01:26 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき (2)
11/28 23:25 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき
11/27 23:37 《日本の政治》 フジテレビの問題は日本にとって非常に象徴的
11/26 23:03 《日本の政治》 立民を攻撃する人々の問題点と立民の問題点
ブログ内検索

RSS
《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (2)
[日本の政治]
2021年10月15日 22時50分の記事

昨日の本ブログ「《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実」(2021年10月14日)の続きです。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


◎ 共産主義より数千倍、軍国主義の可能性があるのが実相
日本の国民のかなりの数は、立民・共産を中心とする共闘勢力が、議席を伸ばすことは予想しても、今回の選挙で政権を取る可能性は低いと考えているでしょう。そして、実際、その考えは正しいでしょう。
であるのに、甘利発言に観られるように、どうしてここまで立民・共産を中心とする野党共闘に過剰に反応するのか? 明らかにここがポイントと考えますが、その過剰反応の真意に、かつての『治安維持法』がオーバーラップします。
1925年に制定された治安維持法は、最初、そのターゲットを共産主義にするのです。そして、その後は、軍国主義、国家神道に反するものを弾圧していくわけです。要するに、軍国主義、国家神道という圧政をする上で、最初のターゲットを共産主義にすることをとっかかりとして、その後は共産主義とは関係のない言論・思想も、弾圧していくということなのです。
現在のように、民主主義、人権なんて口にしたらすぐに『アカ(赤)』とレッテルを貼られて、投獄されてしまうわけです。今の日本だったら間違いなく95%以上の日本人がこの治安維持法の弾圧の対象です。このように、自分たちと違うものを何でも「アカ」として、攻撃する反応は、今の右翼、ネトウヨと実は同じなのです。
上記の甘利発言の真意が、共産主義を攻撃し、何でもアカと決めつけて弾圧した、かつての治安維持法の時代とオーバーラップして考えるのは、決して、私だけのことではないでしょう。歴史をしっかりと踏まえていれば、当然の帰結なのです。甘利氏の発言の真意が、かつての『治安維持法』であるのなら、その本質は野党共闘への過剰反応などではなく、これからの右翼自民党による圧政の入り口と考えるべきでしょう。
1925年の治安維持法制定は、同時期の張作霖爆殺事件(1928年)、そして1945年の敗戦までの15年戦争の発端となった柳条湖事件・満洲事変(1931年)とセットであり、その後、日本は、国家神道・軍国主義の道をひた走り、亡んでいくわけです。
日本軍の中国・大陸への侵略と同時に、国内では治安維持法、右翼テロなどで日本人の思想を弾圧して国家神道・軍国主義一色にし、内外ともに軍国主義・国家神道を固めて行くわけです。その発端が、治安維持法の反共産主義ということなのです。やはり、今回の甘利発言はそういうものを何の疑問もなく彷彿とさせます。自民党の政調会長は明らかな戦前復古の右翼ではないですか?
この戦前の時代、反共産主義のための『軍国主義』が正当化され、国家神道・軍国主義が暴走していくのです。そして、その結果、反共産主義の『国家神道・軍国主義』で国が亡んでいるのですから、基本的にアホのような話しでしかないのです。
日本の歴史の中で厳然として断言できることは、共産主義より軍国主義の方が圧倒的に害があったと言うことなのです。これは変えようがない事実です。『共産主義は危ない、危ない』と絶叫している輩が、実は最も危ない奴で、結局、国を亡ぼしたというのが、1925年以降の日本の真実であるわけです。本当にアホらしい話しです。
しかし、どんなに愚かしいことであっても、このことは、絶対に忘れてはならない事実なのです。なぜなら、右翼自民党は、その『アホ』の時代に、何の反省もなく、戻そうとしているからです。
私は共産主義を支持するわけではありませんし、これまで共産圏での圧政や虐殺を肯定するつもりは毛頭ありません。しかし、現在の日本においては、右翼自民党が、戦前復古、軍国主義・国家神道の時代、この『アホ』の時代に、何の反省もなく、戻そうとしていることが、何よりも危険であると考えているのです。
日本の歴史においては、共産主義より軍国主義・国家神道の方が圧倒的に災厄と害をもたらしている。このことを不問に付すつもりは毛頭ないですし、不問に付すべきではないと考えているのです。
(つづく)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/465488
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 423517
今日のアクセス: 66
昨日のアクセス: 433
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved