ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5750)
国際情勢 (154)
政治 (1792)
防衛 (3037)
外交 (10)
芸能 (220)
スポーツ (77)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1420622
今日のアクセス: 337
昨日のアクセス: 592
RSS
カレンダー
<<2014年07月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2014年7月18日 21時51分
ウクライナ東部でマレーシア航空旅客機撃墜される 親ロシア武装勢力の言い分は根拠に乏しい
 
既に各種のメディアで18日早朝より報道されているが、マレーシア航空の旅客機が17日、ウクライナ東部上空でミサイルと思われる攻撃で撃墜され、乗客280人と乗員15人、合わせて295人全員が死亡した。

岸田外務大臣は18日に談話を発表し、「ウクライナ東部上空でマレーシア航空機が墜落し、多くの人々の命が失われたことは極めて痛ましいものであり、大きな衝撃を受けています。犠牲者及びご家族の方々に心から哀悼の意を表します。」と哀悼の意を示した。
また、「墜落の真相が早急に究明されなければなりません。そのために墜落の現場にすべての関係者のアクセスが確保されることを重視しており、関係者の協力が行われることが重要です。日本として必要な協力を行う用意があります。仮に今回の事案が撃墜行為によるものであれば、国際社会はこれを強く非難すべきです。」と撃墜であれば強く非難すると共に、日本として真相究明に向けた協力を行うことを示した。
[続きを読む]
[カテゴリ:国際情勢] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年7月18日 5時23分
ウクライナ東部の国境でウクライナとロシアとの小競り合いが続く また砲火を交えるのか?
 
7月18日にロイターが伝えたところでは、ロシアのインタファクス通信がウクライナ内務省高官の情報として報じたところでは、マレーシア航空の旅客機が17日、ウクライナ東部上空で親ロシア派武装勢力と思われるミサイル攻撃によって撃墜され、乗客280人と乗員15人、合わせて295人全員が死亡した。ウクライナ訪問中の岸田外務大臣は乗客に日本人が搭乗していなかったかどうかなどの調査確認を指示した。
尚、現時点では、ロシア国営放送などは旅客機の墜落原因はウクライナ軍の演習時に使用したミサイルが命中したとの見方を示しており、ウクライナ政府側の親ロシア派武装勢力やロシア側の攻撃との見解と対立している。

また、7月15日に産経新聞が伝えたところでは、ウクライナのゲレテイ国防相は14日、同国東部ルガンスク州の上空で軍のAn26型輸送機が高度6500mを飛行中に攻撃された撃墜され、「おそらくはロシア領からの、より強力な武器によって撃墜された」との見方を示し、使用されたミサイルは隣接するロシア領から発射された可能性があるとポロシェンコ大統領に報告した。

一方、14日にロイターが伝えたところでは、北大西洋条約機構(NATO)軍の当局者は同日、ロシア軍がウクライナとの国境付近で部隊を再び増強し、6月半ばまでに1000人未満に減っていたが、10000〜12000人規模を現在集結させていると明らかにした。
これらの報道がもし正しければ、ロシア軍はウクライナに対して明らかに旅団から師団規模でウクライナ領内に侵攻できる体制を再び整えた模様である。
小競り合いが続くウクライナとロシアが、また本格的に砲火を交えるのか?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:国際情勢] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年7月18日 5時16分
小保方晴子博士の出身大学である早稲田大学が博士号取り消しに該当せずと判断 小保方博士おめでとう!!
 
7月17日に時事通信が伝えたところでは、同日、理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが2011年に早稲田大大学院で博士号を取得した論文について、早大の調査委員会は、文章や実験画像の流用は誤って草稿が提出されたことが原因で、博士号の取り消し規定に該当しないとの調査報告書を公表した。小保方晴子氏の博士号はそのまま認められることになりました。
[続きを読む]
[カテゴリ:技術] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年7月17日 13時56分
日本が集団的自衛権容認を日米ガイドラインに反映 米国防長官が強く支持する背景に日米両国の中韓両国への敵対政策あり
 
7月12日に産経新聞が伝えたところでは、11日、小野寺五典防衛相はワシントンの国防総省で会談しヘーゲル米国防長官と会談し、集団的自衛権行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定について説明し、ヘーゲル氏は「強く支持する」と述べた。
また、今年年末までに取り纏められる新日米ガイドラインの再改定に反映させることを確認し、9月に中間報告の作成でも一致した。

これとは別に、NHKが10日に伝えたところでは、海上自衛隊の3佐1人をワシントンの国防総省の米海軍作戦本部に連絡官として来月にも派遣されることで日米政府が調整していることが明らかになった。これが実現すれば、防衛省・自衛隊として、9年前からアメリカ軍全軍を統括する統合参謀本部に連絡官を派遣し、2013年8月には、アメリカ空軍参謀本部に新たに連絡官を常駐して以来の連絡官増員となる。

一方、NHKが11日に伝えたところでは、今月ハワイ沖で行われている環太平洋合同演習=リムパックに海上自衛官が初めて多国籍部隊の司令官を務め、災害救援訓練を行った。
リムパックには陸上自衛隊が今回初参加し、上陸演習を行っている。
一連の日本の動きと米国との連携の背後にある意図とは?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2014年7月17日 13時41分
日本初の国産ステルス戦闘機である先進実証試験機が塗装作業終了 次期戦闘機は国産で!!
7月12日に放送されたTBS系の「報道特集」でご覧になっている方も多いかと存じますが、防衛省技術研究本部のHPの7月最新ニュースには、5月8日撮影の画像と共に、「三菱重工業株式会社(小牧南工場)で製造中の先進技術実証機の機体塗装が終了しました。機体は技本カラーである、白・赤を基調としています。現在は、各種の地上試験等を行っています。」と発表されております。

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
02/29 00:00 ウクライナのゼレンスキー大統領が自国の戦死者数を公開!!
02/28 00:00 受験シーズン、受験そのものに学ぶ事もあります!!
02/27 00:00 日米が連携でウクライナ支援強化や対露等への制裁強化!!
02/26 00:00 【時局直言】ロシアのウクライナ侵略2年、自己改革が重要
02/25 00:00 【時局直言】H3ロケット試験機2号機成功で宇宙大国へ!!
02/24 00:00 プラスチックごみの解決策の一つを東大などの研究で立証!!
02/23 00:00 大雪など気象の激変に十二分に警戒を!!
02/22 00:00 国際情勢も激変、気象も激変、大変だ!!
02/21 00:00 一連の松本人志氏の提訴で渡邊センス氏が報道の嘘を暴露!!
02/20 00:00 女優の広末涼子さんが個人事務所設立して活動再開、成る程
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved