このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
悪がはびこるには
[日本の政治]
2019年1月14日 23時52分の記事

今の日本を観ていると以下のエドマンド・バークの言葉を思わずにはいられません。


悪が勝利するために必要なたった一つのことは、
善良な人たちが何もしないことである。


【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


原文は以下のものです。


The only thing necessary for the triumph of evil is for good men to do nothing.


この言葉を残したバークの考えと私の考えは違うかもしれませんが、今の日本を考えるとどうしてもこの言葉がぴったりとあてはまると思ってしまいます。
善良な人々が沈黙すれば、悪がはびこり、社会は麻痺、衰退していくということですが、バークの思想的背景とは別に、この社会の崩壊過程は古今東西、歴史の常でしょう。このバークの言葉の「悪」を「権力」と置き換えても意味は通ると思います。


権力が暴走するために必要なたった一つのことは
善良の人たちの沈黙である


善良な人々の沈黙で悪がはびこり、権力が暴走し、それは社会・国が滅びるまで続くわけです。その沈黙がもたらす悲惨さが目に見え、善良な人々がその悲惨さを自覚してもなおその悪の時代は続き、社会が悪とともに滅びるまで一度狂った歯車は回り続け、善良の人々の多くがその滅びに巻き込まれるわけです。そうなって初めて沈黙がいけないことと悟り、立ち上がるわけです。日本の戦後でいえば、戦後40年くらいまではそのような精神が日本に少なからずあったと思います。
かつてナチスが広がっていった当時のドイツもまた同じであったでしょう。反ナチ運動家のマルティン・ニーメラーは次のように言っています。


ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は共産主義者ではなかったから
社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった 私は社会民主主義ではなかったから
彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった 私は労働組合員ではなかったから
そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった(Wikipediaより


戦前の日本もまた同じであったでしょう。戦前にも平和を求め、権力や軍部の暴走に抵抗する動きはありましたが、226などの軍事クーデターや悪法によって弾圧され、善良な人々の声は消され、国は亡びたわけです。その善良な人々の言葉は武力や、非国民などの現在の反日という言葉と同義の同調圧力によって消されていったわけです。そうやって善良な人々が何もしないようにしむけたわけです。そしてその結果、国が亡びたわけです。
戦前、朝日新聞が軍国主義を擁護・推進したのは有名ですが、また今もその姿を朝日新聞やテレビ朝日に観ます。もちろん、戦前に新日本建設運動(国粋主義)といって暴走し滅んだ動きと、右翼革命政権と私が考える今の安倍政権は基本的に同じです。やっていることもまた同じで、最終的に目指すものは同じです。それは戦前への復古主義を標榜し、戦前を賛美しているのだから当然といえば、当然です。ただそれは思考だけのことではなく、実は系譜もまた重なるわけです。
そして、朝日は戦前同様、またもや善良な人々の声を抑えようとしているわけです。私はそう考えています。
社会を滅ぼす悪は何によってもたらされるのか? 簡単に以下のことがあると思います。もっとあるかもしれません。これは善良な人々が沈黙するときに生じることと考えます。


嘘をつくこと
保身にはしること
社会に対してごまかしをすること
社会に対して誠実さを欠くこと
不正に目をつぶること
嘘に加担すること
悪と利益を共有すること
平和を求めないこと(脅威をあおること)
人々の安寧に反すること


かつて亡びた道をまた歩むのは単に愚かしさ、バカがすることです。戦争で一度亡びた国が、その後、平和を求め憲法にそのことを刻むのは当然のことです。しかし、その愚かで馬鹿げたことを歴史を忘れた民族は必ず繰り返します。そもそも、日本には歴史学がない、日本は歴史的考察ができない、そう考えます。だからこそバークの「悪が勝利するために必要なたった一つのことは、善良な人たちが何もしないことである」という言葉が、今の日本にぴったり重なると考えてしまうのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/421071
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2019年01月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
全て (1423)
日本の政治 (1334)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
07/09 23:52 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る その3
07/03 18:01 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る その2
06/27 17:31 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ その3
06/24 23:56 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ その2
06/22 23:32 都知事選の主要候補予定者4氏による共同記者会見を私はこう観る
06/18 17:25 亀井亜紀子さん、立憲民主党に対する私のスタンスについて
06/12 04:00 コイケの本質はやはり『ウソ』なのではないか?
06/02 23:46 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ
05/29 16:43 確実に生じている時代の変化
05/27 23:15 小池百合子氏は本当に首席でカイロ大学を卒業しているのでしょうか? その1
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved