このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年03月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (877)
日本の政治 (800)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
09/15 23:55 アベ氏はやはり意気軒昂
09/14 23:58 アベ氏はやはり意気軒昂
09/13 23:55 怖さがないのは野党だけなのか?
09/10 22:58 やはり偉大な大統領だと心から思う
09/08 08:48 むっつり利権屋
08/29 23:55 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/28 23:56 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/27 17:08 もはや使い物にならない宰相
08/26 23:59 トランプの致命的な失策
08/25 23:59 トランプの致命的な失策
ブログ内検索

RSS
色々と考えてみた その4
[日本の政治]
2020年3月31日 23時49分の記事

3月31日のTBS『ひるおび!』に安倍政権の代弁者というか、擁護者と良くいわれる田崎史郎が出ていました。政界や新型コロナウイルスについて話をしていましたが、やはり安倍政権の代弁者だけあって、安倍首相と同じく余計な話しが多いなと心から思いました。こういう状況で意味がない話しばかりと思ったのは私だけではないでしょう。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


その中で、最後の方にどこかの知事の悪口をいっていました。あれでは誰かはわかりませんが、都知事のことでしょう。都知事を暗に危険と批判していましたが、基本的に安倍氏と小池氏は、同じ穴の狢と考えます。実際、7月の都知事選挙では自民党の小池支援ということがずっと言われ、小池氏はそれを辞退していませんから、どちらにしろ自民党を目当てにしていることは明らかです。そして、現在のような大変な時期にそのような選挙がちらついて判断をすれば、恐らく大変なことになるでしょうが、いっそのこと断ってしまった方が良いでしょう。
現在のような大変な時期に、以下の記事のように、自民党は都知事選挙の支援と言うことをちらつかせているわけで、これでは小池氏に限らず、通常、知事が正常な判断をできる環境とは考えません。本当にひどい政党ですね。日本の首都の封鎖や感染拡大防止というまさに人の命、日本の命運ということを考えなくてはならないときに、どうして選挙支援をちらつかせるのか、まったく理解に苦しみます。このような愚劣な姿勢をまず、国民は糾弾すべきでしょう。実際、7月に都知事選挙が行われるかどうかもわからないときに、このような動きや記事が出ること自体、言語道断です。
新型コロナウイルス感染拡大に関わる緊急経済対策に商品券、牛肉券、お魚券をごり押しするだけのことはあります。基本的に終わっている政党です。期待をするだけムダです。
ただ、いずれにせよ、緊急事態宣言や都市封鎖(ロックダウン)のタイムリミットは3月30・31日でしょうから、安倍首相、小池知事、自民党とも今後、大きな訴訟に巻きこまれると考えます。自民党は確実になくなるでしょう。

「東京都知事選 自民都連 小池知事への支援に賛否 協議継続」(2020年3月30日 NHK)

一方、安倍内閣の西村経済再生相については、本ブログ「なぜ緊急事態宣言を出さないのか?」(2020年3月30日 一番下の方)で書いたようにまったく何も決められないし、これまで何一つ具体的な成果を上げていません。ただのお飾りなのでしょう。
以下の記事で、「西村氏は現状について、『ぎりぎり持ちこたえている状況。少しでも気を緩めれば急拡大してもおかしくない』と指摘」(2020年3月31日 産経新聞)とありますが、そもそも「少しでも気を緩めれば」の主語は一体誰なのでしょうか? この言葉は先日28日の安倍首相の会見でも言っていたようにも、小池氏の会見で言っていたようにも思うのですが、いずれにせよ、よく聞くフレーズです。しかし、主語は西村氏なのか? 西村氏が気を緩めなければ、感染拡大が防止できるのでしょうか? 安倍首相なのでしょうか? 一体誰なのでしょうか? まったく意味不明な言葉を平気でつかって、それを新聞が疑問もなく伝えているわけです。これでは、感染拡大が防止できるはずはありません。まさに今の日本の姿そのものの記事と発言です。

「緊急事態宣言『現時点で必要ない』 西村経済再生相」(2020年3月31日 産経新聞)

話しが変わって、以下のハンギョレの記事は結構衝撃でした。なぜ、衝撃かというと米中で3月半ばに新型コロナウイルスワクチンの臨床試験に入ると発表しているからです。このことは知りませんでした。3月28日の安倍首相の記者会見では、有効性があると言われているアビガンなどの治験プロセスを開始すると言っています。悪いことではないですが、しかし米中ではワクチンの臨床試験開始をこの安倍首相の約2週間前に発表しているわけです。まったく次元が違います。日本は本当に遅れている国です。

「新型コロナのワクチン開発、誰が最初に?…スピード競争で安全性が疎かになる懸念も」(2020年3月28日 ハンギョレ)

以下の記事では、韓国の新型コロナウイルス診断技術が国際標準に、診断キットに対して81カ国から要請があると書かれています。これまで本ブログでは、韓国の新型コロナウイルス対策が世界各国から評価されていることを列挙してきました。早め早めで検査をして、隔離していくということしか、そして各人が3密をさけていくしか、この新型コロナウイルスの感染拡大を抑止することはできません。韓国のやり方しかないわけで、実際、それが功を奏してすでに一応のピークを越えているわけです。だから、世界各国から賞賛・評価されているわけです。

「韓国の新型コロナ診断技術が『国際標準に』…『診断キット』81カ国から要請」(2020年3月30日 ハンギョレ)


万能ではないですが、BCGワクチンが新型コロナウイルスに有効と言われています。もちろん、日本ではほとんどの人が摂取していますが、韓国でも事情は同じです。そうなるとBCGワクチンが日韓に共通するアドバンテージだとすれば、韓国のように早め早めの検査を日本がしていても、韓国と同様に医療崩壊することはまずなかったでしょう。
むしろ、今頃、韓国と同様に一応のピークを越えて、近く終息を言える状況になっていたことでしょう。しかし、日本はこれから急速に感染者が増えていくわけです。日韓では明暗がくっきりと分かれています。韓国と同じようにしていれば、日本は今頃、さすがと言われていたはずですが、まったくの体たらくを世界にさらし、どこからもほとんど評価されていません。もちろん、これは安倍政権にその責任があります。
アベノミクスでインバウンド、観光立国と外国から人がたくさん入ってくる政策をして、なおかつその成果を高らかにうたい、ほこっていた安倍政権ですが、伝染病、感染症対策をまったくしてこなかったわけです。予算を減らしたりしてきたわけです。外国から伝染病が入ってくるリスクが高まるのに、まったく特別に何もしていないわけです。それは日本国民だけではなく、日本に来る外国人にとっても非常に危険なことです。そういう間抜けで、何も考えていない政権ですから、今回もこのようになるのは当然なのです。本当に問題ばかりの政権です。第一次安倍政権のときに十分な原発の津波対策をしていなかったために、福島第一原発事故が生じたのとまったく同じことと考えます。基本的に政治家として失格なのです。

「豪 BCGワクチン 新型コロナウイルスに有効か臨床試験へ」(2020年3月27日 NHK)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/442730
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 288492
今日のアクセス: 57
昨日のアクセス: 150
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved