このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年08月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (879)
日本の政治 (802)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/02 00:01 日本にある遺伝的・人種的アドバンテージ
10/01 00:22 米国大統領選第1回討論会
09/15 23:55 アベ氏はやはり意気軒昂
09/14 23:58 アベ氏はやはり意気軒昂
09/13 23:55 怖さがないのは野党だけなのか?
09/10 22:58 やはり偉大な大統領だと心から思う
09/08 08:48 むっつり利権屋
08/29 23:55 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/28 23:56 これから2週間が正念場 甘すぎるマスコミの報道姿勢
08/27 17:08 もはや使い物にならない宰相
ブログ内検索

RSS
感染拡大防止なくして経済は成り立たない
[日本の政治]
2020年8月3日 23時50分の記事

感染拡大防止なくして経済は成り立たない。感染拡大防止と経済の両立ではなく、あくまでも優先順位トップは感染拡大防止・防疫なのです。そして、その感染拡大防止においては、国民の日々の感染防止対策はもちろん必須ですが、それ以上に何よりも政府が率先して先手先手で手を打ち、防疫に努めない限り、成果はあがりません。国民が日々の感染防止対策をしているのに、政府が何もやらないのでは上手くいくはずはもちろんありません。しかし、これが今の日本の状態です。
防疫に成功している国はすべて政府が率先して防疫に努めています。それはそうです。国民の努力だけ求める政府では単なる無能、でくの坊、存在しないのと同じです。むしろ害でしかありません。それが今の日本なのです。要するに防疫の成否は、積極的に政府がやるかやらないかなのです。これだけなのです。そして、感染拡大防止ができない限り、経済は成り立たない。つまり経済が成り立つか、否かは、あくまでも政府の防疫の成否にかかっているのです。経済を成り立たせるためには、感染拡大防止を防疫当局である政府が徹底して行うことしかないのです。しかし、わが国を見れば、絶望的に政府は防疫ができていないのです。そして、やる気もない。それで経済を成り立たせるといっているのですから、政策が、そして思考が完全に破綻しています。昨日のブログでもこのことは申し上げましたし、これまでも何度も申し上げました。繰り返しになりますが、このことにもう一度を焦点をしぼり書きましょう。


(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


感染拡大防止に成功している国とそうでない国を比較すると
成功している国は経済も伸びている
昨日も取り上げましたが、中国は防疫が成功している国です。最初は大変でしたが、『Worldometer』(8月4日時点)によると、今や100万人あたりの犠牲者数は3人で、日本は8人です。因みに韓国は6人、台湾は0.3人、米国は478人、スエーデンは568人です。また100万人あたりの感染者数は中国59人、日本290人、韓国281人、台湾20人、米国14559人、スエーデン8017人です。
間違いなく中国は防疫に成功し、感染は収束しています。その中国の第2四半期(2020年4〜6月)のGDP(速報値)実質成長率が、前年同期比でプラス3.2%です。昨年よりもすでに経済が伸びているのです。また前期比ではプラス11.5%、年率換算ではプラス54.5%です。以下のBBCの記事にあるように、明らかに中国はリセッションを回避して、V字回復しつつあるわけです。中国が感染を抑えている限り、普通に考えて成長の底堅さは続くでしょう。そして、感染を抑えていることによって、中国の世界的なアドバンテージをもより大きくしているわけです。これが感染拡大防止を徹底してやった国の成果です。

「中国経済、第2四半期は3.2%拡大 景気後退を回避」(2020年7月16日 BBC)

韓国
韓国の100万人あたりの感染者数(281人)は、日本(290人)とあまり変わらないように見えますが、日本は3月から5月に、感染者数が一体何人いたか、実はわからないのです。これは本当にすごいことというか、驚きですよね。もちろん、正確に何人いたかはどの国もわかりませんが、PCR検査をしっかりとやっているので、ある程度の近似値はわかるわけです。しかし、日本は検査を絞っていたと政府が公言していますから、その不明さは他国の比ではないのです。ただ、わかっていることは、感染者は発表されている数値よりははるかに多いことというだけなのです。
これが、日本の100万人あたりの検査数が世界で155位(Worldometerより)という意味なのです。まるっきりの後進国。数値隠ぺい国。
韓国は現状、感染を完全に抑えています。先週7月26日から8月1日までの韓国全土での新規確認感染者数は7日間合計で69人です。韓国全土1日平均10人です。このうち約半分が人口970万人のソウルですが、それでも1日平均約5人です。日本や東京などとレベルが違うのです。そして、韓国はしっかりと早期のPCR検査と隔離を行って世界から賞賛されています。
その韓国の経済、以下のハンギョレでは、第2四半期において、中国に次いで14カ国中2番目と報じています。GDPは前期比でマイナス3.3%、年率換算でマイナス12.5%です。このハンギョレの記事を見ると、マイナス3.3%は本当に良い方なのです。

「韓国、4〜6月GDP成長率 −3.3%、14カ国中、中国に次いで二番目」(2020年8月2日 ハンギョレ)

台湾
東アジアにはもう一つ防疫に成功した国があります。台湾です。台湾は東アジアの4カ国の内、最も良い数字を出しています(100万人あたりの感染者数20人、100万人あたりの犠牲者数0.3人)。
その台湾の経済はどうなのか? 第2四半期のGDP速報値は、以下のNHKの記事によると、前期比でマイナス2.28%、前期比年率換算でマイナス8.82%です。前年同期比ではマイナス0.73%です。韓国とほぼ同程度の数字で健闘しているのです。そして両国ともこれまで防疫に明らかに成功しているのです。

「4〜6月期の台湾GDP、マイナス0.7% 17四半期ぶり」(2020年7月31日 NHK)

「第2四半期の台湾GDPは前年比‐0.73% 09年以来の大幅減」(2020年8月3日 ロイター)



「感染拡大防止なくして経済は成り立たない◆廖複横娃横闇8月4日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/447909
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 289249
今日のアクセス: 78
昨日のアクセス: 244
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved