このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年10月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (898)
日本の政治 (821)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
11/26 01:00 新型コロナウイルス――極めて無責任なテレビ番組
11/25 21:07 中国のTPP参加意欲表明のポイントは何か?
11/07 23:58 米国大統領選挙 すでに確定的と言えること
11/06 23:40 米国大統領選挙 すでに確定的と言えること
11/02 03:11 大阪は迷走す 
11/01 17:00 大阪は迷走す 
11/01 00:01 米国大統領選 第2回討論会 
10/31 00:09 米国大統領選 第2回討論会 
10/30 23:05 米国大統領選 第2回討論会 
10/29 23:02 米国大統領選 第2回討論会 
ブログ内検索

RSS
日本にある遺伝的・人種的アドバンテージ
[日本の政治]
2020年10月2日 0時1分の記事

以下の朝日新聞の記事では、新型コロナウイルスの感染がアジアで少ないのは、遺伝子的要因によるものと報じられています。本ブログではかなり前から東アジアでは新型コロナウイルスに対しては遺伝的・人種的アドバンテージがあると指摘してきましたが、そのことが明らかに裏づけられたことと考えます。

「アジアで感染少ない理由 たんぱく質タイプの差が一因か」(2020年10月1日 朝日新聞)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


ウイルスの問題は基本的に遺伝子の問題なので、感染者や犠牲者に地域的、人種的に差が出るのは、やはり生活習慣以上にこの遺伝的な要因がポイントになるのは当たり前なのです。だから予想できるわけです。遺伝的・人種的アドバンテージの上に、生活習慣が感染防止対策にプラスに働き、政府が防疫対策をしっかりとしていれば、新型コロナウイルスなどに関しては感染収束と抑えこみがかなりのレベルで可能であるわけです。そして、そのようにできれば経済も自然と回っていくわけです。実際、東アジアの中国、台湾、韓国は基本的に感染はかなり低いレベルでおさえることができてきたわけです。
そして、中国は最初は大変でしたが、その後、しっかりと抑えこみ、完全ではないにせよ日常を取り戻し、経済もV字回復をしたわけです。このようなことは本ブログ「感染拡大防止なくして経済は成り立たない 廖複横娃横闇8月3日)などで書きました。
もちろん、この遺伝的・人種的アドバンテージは万能ではないのです。アベ政権のように、防疫対策をやるやると言いながら、何もやっていなければ、感染は爆発的に広がり、犠牲者が出て、東アジアで最低のレベルという結果を招くわけです。PCR検査もいまだに統計・防疫に反映されていません。
これまで日本が、東アジア諸国と同じようにしっかりと防疫対策を行っていれば、遺伝的・人種的アドバンテージがあるわけですから、世界トップクラスの防疫成果を上げることができたことは間違いありません。そして、そのことを示しているのがこの記事であるわけです。さらに、このことは、感染がはじまった時から現在に至るまでアベ政権の失政で、本来は犠牲にならずにすんだ人々が犠牲になったことを意味します。犠牲とは命のことだけではなく、後遺症や感染で仕事に問題が生じた、そして感染拡大で経済に大きな穴を空けた犠牲と全ての犠牲のことです。
新型コロナウイルス防疫対策が経済の足を引っ張っているのではなく、新型コロナウイルス防疫対策をしっかりとしないことが経済の足を引っ張るのです。
日本は今年の早期にしっかりと感染を収束することができたわけで、そうしていれば経済への悪影響は軽微で済んだのです。しかし、アベ氏は2月など初動において、何もしていなかったわけです。遊び歩いていたわけで、それを当時、立憲民主党であった高井氏に指摘されたわけです。このことは本ブログ「もはや使い物にならない宰相 廖複横娃横闇8月17日)などで指摘しました。防疫対策は早め早めの徹底した措置が何よりも肝心ですから、今年の2月の段階での首相の行動は極めて大きな意味を持つのです。つまりアベ氏の失策は極めて多くの犠牲を生んだということです。
その初動の段階でしっかりと対策が出きていれば、遺伝的・人種的アドバンテージがあるのですから、中国や台湾、韓国と同様に早期に収束の傾向を実現でき、経済はV字回復し、言うまでもなく、GOTOキャンペーンなんぞする必要もなく消費・需要は回復していたのです。要するにGOTOキャンペーンをしなくてはならないのは、新型コロナウイルスに対して遺伝的・人種的アドバンテージがあるのに、防疫政策で成果を上げられなかったので、感染が収束していない中で、無理矢理、需要喚起政策をしなくてはならないという、失政の証なのです。これは完全にアベ政権の負の遺産です。アベ政権のせいでまったくダメになったということで、それが経済の足を引っ張っているわけです。

丁度1年前、消費税が10%に引揚げられ、昨年末のGDPは以下の記事にあるように年率マイナス7.1%という大変な落ち込みをしているわけです。いかに消費税が経済を破壊するものかはっきりと示す数字です。消費税が経済を破壊することは本ブログページの右側に掲載しているエコノミストの菊池英博先生が20年以上前からおっしゃっていることです。まさに前世紀からずっと主張されていることなのです。
菊池先生は国民新党のブレインで、党の経済財政政策は菊池先生のお考えを中心に亀井久興先生がまとめられたものです。消費税減税・廃止は国民新党の党是とも言える主要政策の一つでした。
現在、立憲民主党には亀井久興先生の娘さんの亜紀子さんがいますが、現状の同党の消費税引き下げ議論に何らかの影響を与えているのではないかと思います。国民新党が分裂したのは亀井静香さんと亜紀子さん(この二人は親子ではない)が消費税増税に反対して、その他のメンバーが増税賛成をして裏切ったからにほかなりません。このお二人は下野してでも党是、理念を貫き通したのです。そういう経緯がありますから、亀井亜紀子さんはきっとしっかりと消費税減税を同党内で訴えていると考えます。

「19年10〜12月期GDP改定値、年率7.1%減に下方修正」(2020年3月9日 日本経済新聞)

消費税が経済を破壊することは菊池先生や国民新党が20年以上前から説明しているのに、いまだこのことを理解していない人がいます。ここまではっきりと結果が出ているのにもかからずにです。これには本当に驚きます。そのような人々は、結局は何も考えていないか、消費税増税で何らかのメリットがあるからでしょう。しかし、現実には経済・社会にマイナスと言うことは20年前からちゃんと数字として表れているわけですから、ここまで理解できていないと、本当に危険であるわけです。危機感なく脳天気に破滅に向っていることに気がつかないわけですから、それは当然、危険です。
いずれにせよ、昨年末から日本経済は、消費税増税とアベ政権による経済失政という構造的要因によって、明らかに急降下して、必然、その後、上昇要因がまったくないわけです。むしろ、そのような構造的なマイナス要因が払拭されていない状態で、コロナ禍が襲いかかっているわけです。
したがって今後の経済・社会への政策対応は、日本の経済を悪化させているアベ政権下での構造的な負の要因をまず取り除かなければならないのは火を見るより明らか
です。そのような根本から始めないと、表面的な需要喚起政策をしても、砂に水をまくに等しい状況で、一過性のものになってしまうわけです。利権、無駄金になる、付け焼き刃の対応なのです。
それにそもそも元の経済をといっても、疫病が収束していない状況で一過性の需要喚起政策を行っても、経済の基盤は昨年からすでに脆弱になっていますから、感染も止まらず、経済も中途半端で一時的となってしまうわけです。このような状態で何をやっても上手くいくはずはないのです。
冒頭の記事のように新型コロナウイルスに対して遺伝的・人種的アドバンテージがあることがはっきりとしたのですから、まず感染収束、そして終息を実現させるべきなのです。人口約14億で同様の遺伝的・人種的アドバンテージをもっている中国はそうやって成果を上げていますから、日本にできないはずはないでしょう。何よりも急がば回れなのです。慌てる乞食は貰いが少ないと同じく、まず考えるべきは社会的基盤をしっかりと整えることなのです。社会がボロボロで経済が成り立つはずはないのです。このようなことは子どもでもわかることです。徹底した防疫対策の実行が何より不可欠なのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/450387
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 301826
今日のアクセス: 133
昨日のアクセス: 237
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved