このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
当代一流の政治思想家による保守思想の定義
[日本の政治]
2023年11月26日 22時38分の記事

亀井静香さんというと、国民新党の元代表で、私のボスでした。私は同党の広報部長であったので、亀井さんの発言や考え方はできる限り頭に入れていました。だから、ある程度は、亀井さんのお考えが、自然とわかってしまう部分があります。国民新党の後も、その発言を可能な限り追っていました。やはり、その時々の世情について、どう考えられているのかということについて知りたかったからですし、知る必要があると考えていたからです。そして、最近、亀井さんの発言としては最高のものを、見付けました。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


それは、『自民党という絶望』(2023年 宝島社新書 著者:石破茂、鈴木エイト、白井聡、古谷経衡、浜矩子、野口悠紀雄、鈴木宣弘、井上寿一、亀井静香)という本に書かれている保守思想についての定義です。以下のものです。


亀井 功はなくて罪だけでしょう。人間は地球上でいろんな文明、文化を作ってきた。それらは欧州とアジアの島国の日本で明らかに違いがあるように、地域ごとに異なる魂のようなものがある。それは科学技術などとは違って変化しない部分が多いわけだ。これが民族性であり、民族の共通性が固まって共同体ができ、国家が形成された。国家が先にあって民族性を作ってきたわけじゃないんだよ。そして保守というのは、それぞれの共同体の過去からの流れや魂を大切にしつつ、他の地域の文化や生活のいいところを取り入れて同化していく。それを可能にするのが政治の仕事じゃないか。何でもかんでも取り入れたり真似したりすればいいわけではない。そんなことをすれば、元の共同体が壊れてしまう。




人類における多様性と、保守主義を最高の形で表現した最高の政治思想です。こう言ってはおこがましいですが、率直に『よく勉強されているな』とこの文を拝見して思いました。
これこそ人類に必要な多様性の原点であり、また保守主義の定義として私が観たもので最高のものです。この定義は、西洋政治思想を超えたものではないかとさえ率直に思っています。正直、この文には脱帽。私はまだまだだと思いました。この表現は使わせていただこうと思っています。ザ・フナイの連載で多様性について散々と書き、保守主義について書きましたが、この表現がとても気に入りました。
亀井さんが切れ者の当代一流の思想家というのはこういうところに現われると率直に思います。
民族性というのは、地球における地域毎の生態系と同じものです。その本質・意義は、『人間の生存』にあります。地球上には寒い地域での生活もあれば、暖かい地域の生活もあります。海辺での生活もあれば、山間での生活もある。そういうところで生きていくために文化ができ、民族性というものが生まれてきます。民族服一つとっても、そういう各地での生存というものが、色濃く反映されています。酷寒のロシアでの民族服は、まさに酷寒の地では生存に資するものですが、赤道直下の民族には生存には不向きです。当たり前です。
そして、その人類における生存の方法は多様であり、その多様性は人類にとって宝です。この宝を守ることが、保守というのなら、それは間違いありません。人間の生存と多様性、多様性は人間の生存のためにある。これが保守主義の本義ということです。
日本では、保守思想というと、新自由主義とタカ派・軍事優先主義と考えている人がいるようですが、そんなことはあり得ません。新自由主義はこの多様性を否定し、日本の特徴を否定するものです。また、タカ派・軍事優先主義は共産主義国にもあるものであって、それが保守主義、それも日本の保守主義固有のものではないことは一目瞭然です。タカ派・軍事優先主義は単にタカ派・軍事優先主義でしかなく、保守主義でもなんでもないのです。こういうことがわからないのですから、驚きです。単なるバカ。新自由主義でタカ派・軍事優先主義というのは大抵の場合、軍事産業の走狗。

亀井さんには色々な面があると思います。ただ、私にとっては、亀井さんの思想家としての面が際立っています。そして、この亀井さんの当代一流の思想家としての面、それが亀井さんの本質だと、国民新党のときから思っています。恐らく、亀井さんは現在の日本で最高の政治思想家だと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/490404
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2023年11月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1402)
日本の政治 (1313)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
02/09 22:37 『国民を甘やかす政治をしてはならない』といった池田勇人
01/23 23:06 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その2
01/22 00:32 二階派、安倍派、岸田派の解散の意味を考える その1
01/14 19:54 台湾総統選挙の結果は何を意味するのか?
01/09 20:54 松本人志氏についての『性的行為強要報道』に対する同氏の対応をいかに考えるか
01/03 23:57 これからの時代の価値観――『人の命を守る・大切にする』
01/01 11:05 新年、あけましておめでとうございます
12/31 21:27 政治においての価値観をしっかりと見直すべき時
12/25 23:48 日刊ゲンダイの記事の実相を考える
12/23 23:22 上皇陛下のお誕生日に際し、心からのお慶びを申し上げます。
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved