このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
政党の政策・調査能力?
[日本の政治]
2019年2月10日 2時38分の記事

昨日の本ブログ「政党の政策・調査能力?」(2019年2月9日)の続きです。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


以下の日刊スポーツのコラム『政界地獄耳』が良いことを言っています。

「『事前通告ないから』答えぬ低レベル閣僚/地獄耳」(2019年2月9日 日刊スポーツ)

内容は、最近、首相や閣僚が国会での質問をかわすための方便として、事前通告を受けていないので答えられないということが言われているというものです。その通りでしょう。
このコラムには民主党政権で事前通告をしていても首相や閣僚が答えられないことが多発したと書かれていますが、上述したことから考えれば、旧民主党が野党から与党になってすぐに対応できないのは当然の成り行きであるわけです。野党時代に蓄積ができていないわけです。
そう言う意味で現在の野党の政策能力・調査能力の拡充はどうしても必要であるわけで、その上で与党になってからも一定程度の時間が必要であるわけです。それは現政権下において政府から十分な情報が野党に開示されているとは到底、考えられないからです。したがって、次に政権交代が生じた場合、少なくとも10年の年月が日本の政治には必要であると考えます。
ただ、これは現野党の状況です。自由民主党は55年体制から既に半世紀をはるかに超え、60年以上、政権の座にあるわけです。そう言う状況にあって、事前通告がないから答えられないというのは、勉強不足、そもそも与党として失格と自ら言っているにすぎません。この60年間、一体、何をやっていたのか、というのが本質的な評価でしょう。ほぼ一党独裁体制なのですから、森羅万象、何でも答えられなくてはいけませんし、答えられないのは与党失格か、民主政治を踏みにじる独裁体制の表れかとしか言えないでしょう。
以下の記事では、統計不正問題について、安倍首相が責任を痛感し、再発防止に全力を尽くすと述べたと報じられています。

「安倍首相 不正統計問題『再発防止に全力』」(2019年2月9日 日本テレビ)

しかし、60年以上、政権党であったのに、再発防止に全力を尽くして、その効果があるのかと疑うのは私だけではないでしょう。民主党政権時に、当時の首相が同じことを言うのなら、まだ考えますが、祖父も首相であった安倍首相がこのように言っても、それは自由民主党に政権担当能力がないと言っている以外に意味はないと考えます。60年間、政権党であったものが防げなかった事案の再発防止を、同じ党がなせるわけはないわけです。

既に明らかに政権交代が必要になっているのが、日本の政治の実相です。ただ、変わるべく集団も能力もないというのが、これまた実相であるわけです。これは上述のことを考えれば、間違いのないことです。
そこでひとつの新しい方向性を考えてみてはどうかと思います。現状のように野党が乱立している状況では、それらの党のスタッフ、政策・調査能力も分散されてしまいます。例え野党が糾合しても、現状の政治家の意識では、政党の政策・調査能力の拡充に頭は回らないでしょう。自分のことしか考えないわけです。それでは与党になる前の旧民主党と同じになってしまいます。
そのような政治家をポイントにするのではなく、独立した野党・リベラル系を橋渡しするシンクタンクのようなものをつくった方が良いと考えます。100人、200人で、最初はボランティア主体でも良いですから、そのそのような集団をつくる方向性があるでしょう。もちろん、そこで問題になるのが方向性とお金です。方向性は与党のチェック、民主政治、平和主義の堅守で良いでしょうし、ネットベースでも最初はよいのではないかと考えます。まずは予算書、決算書をみんなで読み合わせるだけでも良いと考えます。はじめに国のお金の流れを徹底的にチェックすることから全ては始まります。
このようなものは、これまで連合にその役割と存在が期待されてきたわけですが、もはや連合にはその意志が確認できなく、方向感も整っていません。それが現在の野党の非力さを生んでいる明らかな一因です。また連合はもはや労働者の代表ともいえない存在となっています。単なる利益集団です。
一方、議員ベースの糾合だと、バッジをつけたい人ばかりが集まってきて、スタッフを見下し、横柄になり、勉強もしませんし、スタッフを育てる意志もありません。むしろ、スタッフを派閥争いに使ったりするようになって、自分の利益優先になります。
発想を逆転させて、未来をつくるために前へ進むべきときでしょう。政策・調査能力をもった集団が表れれば、現状の閉塞感を少しは変えることができるでしょう。もしかしたら大きく化けるかもしれません。そう考えると、現在の政治は、100人、200人の市井の人々の協力によって変えていくことができるのです。そして、そのような集団から明日の日本の政治を担う人材が確実に生まれてくるのではないかと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/422265
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
カテゴリ
全て (1251)
日本の政治 (1166)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/11 23:50 キシダ氏の内閣改造・党役員人事についての評価 その1
08/11 23:09 旧統一教会の記者会見にあった誰でも指摘できる明らかなウソと考えられる発言
08/10 01:45 今回の内閣改造・党役員人事を考える (2)
08/09 23:50 今回の内閣改造・党役員人事を考える (1)
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved