このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
進むべき方向性ははっきりしている (2)
[日本の政治]
2019年2月13日 23時58分の記事

昨日の本ブログ「進むべき方向性ははっきりしている (1)」(2019年2月12日)の続きです。

「韓国議長『天皇は戦犯の息子』 謝罪要求の音声が公に」(2019年2月13日午前10時26分 朝日新聞)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


上記の朝日新聞の記事では、文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長の発言についての件で、その発端となった「従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言で解決される−韓国国会議長」(2019年2月8日 ブルームバーグ)での発言を、その後の9日、韓国国会報道官が朝日新聞の取材で否定したことに対して、ブルームバーグがそのようなことはないと音声を公開したと報じられています。
まず、昨日の「進むべき方向性ははっきりしている?」で申し上げたように、文議長がこのブルームバーグでの発言の趣旨を説明したのは、何よりも韓国側が日韓関係を非常に重要に考え、東アジアの平和を何よりも考えているからこそ生じるということです。上記朝日新聞の記事にある韓国国会報道官の否定発言も、日本との関係を重視した故のことでしょう。それもブルームバーグが録音したものと明らかに違うことを言って日本との関係を重視したということです。このようなことで、嘘を言うのは信頼できないなどと言うべきことではありません。そんなことを言えば、今の日本の政治はどうなのかと問いたくなります。

話を戻すと、韓国側にそのような背景があるから昨日に申し上げたように、その韓国側の顔を潰すようなことが日本側であってはならないとなるわけです。そのような歩み寄りの意志を評価して、関係を良好にしていかなければ、東アジアの平和を保つことなど到底できないでしょう。
韓国側の発言と食い違っているのはブルームバーグとの間のことです。現状、韓国側の日本に対する姿勢は関係重視で明らかです。そして、この食い違いの問題は、日韓の問題ではなく、韓国側とブルームバーグの問題です。この両者の問題に日本が割り込む必要は間違いなくありません。

この朝日新聞の記事を読むと、現在の日韓の間の問題の構図がよくわかります。「戦争犯罪の主犯」ということが文議長の発言にはあるわけですが、もちろんそのようなことはありません。むしろ昭和天皇は先の大戦を止めようとなされて、止めることができなかったわけです。しかし、その大戦に対する責任を痛切に考えられているのは明らかで、今上陛下のお言葉やお姿にそのことがはっきりと表れていると存じています。
それなら誰が主犯かと言えば、それは現在の日本で戦前回帰・復古主義を目指している勢力で、その勢力のことをザ・フナイ2月号での舩井勝仁主幹との巻頭対談ではっきりと申し上げました。だから今上陛下のお言葉やお姿が、このような勢力と乖離しているわけです。
もちろん、このようなことを日本人でさえ一般的には知られていませんが、当然、韓国の方ではほとんどわかっていないでしょう。そうなると当然、戦争犯罪の主犯となってしまうわけで、むしろこれが世界的な評価でしょう。
問題なのはそういう背景があることを日本側(安倍政権)が理解しているのかということです。しかし、今の日本(安倍政権)は、過去についての責任が希薄ととれる発言などを連発しているわけです。それでは当然、韓国や東アジアで反発が生じ、それがそのまま戦争犯罪の主犯ということを拡大させていくわけです。そういう各国の認識をかえる必要があるのに、自分たちは何も悪いことはやっていないと言えば、それは反発を招くに決まっています。当然、ロシアが日本は第二次世界大戦の結果を認めない唯一の国だという発言にもなるわけです。
先の大戦では日本は何も悪いことをしていないと言って戦前回帰・復古主義を掲げる安倍政権ですから当然、このようなことが起きるわけですが、それでは未来志向などということの反対で、むしろ日本の国益を損なっているのは明白です。一日経つごとに、状況は悪化していると考えます。
したがって、安倍政権では次の時代の東アジアで日本が確固としたポジションを確立することは難しいのは誰の目にも明らかでしょう。
このような状態ですから、まず未来へ向けて日本人がなすことは、東アジアの平和を確立することに力を傾注することなのです。それが、日本人が過去の歴史を真摯に見つめていることを示す第一歩となるのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/422436
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
カテゴリ
全て (1224)
日本の政治 (1140)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
07/01 23:50 『情』の国家論
06/30 23:50 『政』を知らない圧政のための政治家
06/29 23:50 戦場における『映像』はシビアにみるべき
06/28 22:49 ジャーナリスト失格――都合良く論点を隠す
06/27 23:52 ジャーナリスト失格
06/26 22:30 孫崎 享さんのとても良いツィート
06/25 23:52 日刊ゲンダイの良い記事
06/24 07:57 訂正
06/23 23:15 増税・国民負担増派(与党系)と減税・国民負担減派(野党系)との対立構造
06/22 22:48 平和国家確立(建設)の詔
ブログ内検索

RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved