このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (1110)
日本の政治 (1027)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
12/02 01:24 《日本の政治》 前川喜平さんはやはりさすが
12/01 23:42 素晴らしいお顔にはただただ感嘆
11/30 18:27 《日本の政治》 立民は良き支配者になることに目覚めよ
11/29 01:26 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき (2)
11/28 23:25 《日本の政治》 立民は『連合』との関係を考え直すべき
11/27 23:37 《日本の政治》 フジテレビの問題は日本にとって非常に象徴的
11/26 23:03 《日本の政治》 立民を攻撃する人々の問題点と立民の問題点
11/25 23:38 《日本の政治》 分析通りの展開
11/24 22:34 《日本の政治》 木下氏辞任の実相は恐らく逆
11/23 23:50 《日本の政治》 なぜか同じ記事が出るという作為
ブログ内検索

RSS
《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (3)
[日本の政治]
2021年10月16日 22時0分の記事

昨日の本ブログ「《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (2)」(2021年10月15日)の続きです。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


昨日に書いたことを、もう一度まとめて簡単に書いておきましょう。
1945年に亡びた、正確には日本を亡ぼした戦前の国家神道・軍国主義の暗黒の時代では、治安維持法があり、国民を思想統制・弾圧し、その治安維持法は共産主義を弾圧することから始まったのです。そして、日本の歴史上、日本を亡ぼしたのは、共産主義ではなく、共産主義を危険だと言い続けた国家神道・軍国主義なのです。日本の歴史では、共産主義よりもはるかに国家神道・軍国主義が危険であるのは、紛れもない事実です。これが、たった76年前までの日本の現実なのです。この時代に生きた方々は、まだまだ世の中に沢山いるのです。
この歴史を現在で言うのなら、立民・共産を中心とする野党共闘より、この国家神道・軍国主義への復古を目指す右翼自民党の方が圧倒的に危険であると言うことなのです。私は共産主義を支持しているわけではありませんが、しかし、国家神道・軍国主義を認めるつもりは毛頭ないのです。なぜなら、国家神道・軍国主義が、内外共に大変な惨禍を残し、日本を亡ぼしたからです。同じ過ちを繰り返す愚はあり得ないのです。

◎ 『暴支膺懲(ぼうしようちょう)』
戦前の国家神道・軍国主義、そして治安維持法による暗黒の時代は、中国への侵略とその泥沼、そして日米開戦及び中国を含めた連合国とのアジア・太平洋戦争となって、日本が亡びていくわけです。その発端となったのは上述した中国に対する張作霖爆殺事件(1928年)、柳条湖事件・満洲事変(1931年)で、国内では1925年に治安維持法が制定され、思想統制、言論弾圧が行なわれていくわけです。
国外には侵略・戦争、国内においては思想統制、言論弾圧。そう言う状況が、国家神道・軍国主義であるわけす。それは紛れもなく暗黒の時代であり、今やその時代に右翼自民党は戻そうとしているのですから、正直、頭がおかしいとしか言えません。
この暗黒の時代の初期に行なわれた張作霖爆殺事件(1928年)、柳条湖事件・満洲事変(1931年)は、ともに日本軍(関東軍)が仕掛けたものですが、当時、その真相は国民に知らされていませんでした。なんと事の真相が明らかになったのは、敗戦後の東京裁判などであるわけです。
国民には正しい情報を伝えない。伝えるつもりもない。まさにアベ・スガ政治で公文書偽造、公文書破棄、国会での虚偽答弁が繰り返されたのと同じですが、このようなことがいかに危険であるかは、今一度、しっかりと認識する必要があります。政治が国民にとって不利益なことを始めるとき、必ず、情報の隠ぺい、改ざんが行なわれるのです。このことは絶対に忘れないようにしましょう。

「《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (4)」(2021年10月17)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/465601
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 421922
今日のアクセス: 474
昨日のアクセス: 531
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved