このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
『情』の国家論
[日本の政治]
2022年7月1日 23時50分の記事

昨日の本ブログ「『政』を知らない圧政のための政治家」(2022年6月30日)で保守のお話しをしたので、その続きを少ししましょう。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


私が国民新党で広報部長をしていたとき、兼任で政策についても担当していました。政策と広報は切っても切れません。その上、選挙もこなしていましたから、大変に忙しい日々でした。
国民新党の政策は反新自由主義のそれです。日本で最初にこの方向性をはっきりと打ち出した政党です。そういう反新自由主義の政策の中に郵政民営化反対があったわけです。国民の貯金500兆円をどうして海外の資本に実質渡さなければならないのか、どうして国民のためにつかわないのか、いまだにそれは疑問でしかありません。
国民新党は他、資本の論理を優先させて国民を収奪することに徹底して反対しましたし、労働者を重視しました。社会主義・共産主義ではありませんが、重なる部分は多々ありました。賃金上昇、格差是正、弱肉強食社会からの脱却、非正規労働拡大反対などなどです。また、自公政権によって進められていたワクチン開発・製造の自立性の喪失についても唯一警鐘を鳴らしていました。
そして、一貫して消費税反対を唱え、財政出動と可処分所得の向上を訴え、分厚い中間層の創出を提唱し、目指しました。
2012年、その消費税増税を連立政権のパートナーであった民主党が推し進めたので、党首であり結党を進めた亀井静香さんと亀井亜紀子さん(静香さんの娘ではない)が、連立離脱を主張しましたが、内部の議員が消費税増税賛成・連立維持の党内クーデターを決行、国民新党を結党した二人の亀井さんが離党という形で同党は実質瓦解しました。
その消費税が今もまた問題となっているのですが、政権離脱を実行してまで消費税増税反対を貫いたこの二人の亀井さんは筋が通っていますし、立派だと考えます。ただ、この二人を追い出した党内クーデターを起こした政治屋は、国民を見捨て、自己の権力維持に汲々として、立党の精神の反対を行く消費税増税に進んだわけです。その者たちを逆立ちしても筋が通っているとは言えません。このことは彼らには一生残ります。
2012年と言えば、東日本大震災から間もないときです。そういうときに、福祉を盾にして大型増税をすることが、為政者として正しいこととは到底思えません。普通なら人でなしと言われるレベルです。その民主党の増税に自民党も公明党も参画したのです。したがって、その後のアベ政権においてもこの路線が継承されました。新自由主義と消費税はセットなのです。
国民新党と消費税についてはこのようなことがありました。話しを戻しまししょう。
今はこの反新自由主義の動き、勢力は多少は増えましたが、2005年から2010年くらいまでの間は、やはり反新自由主義を国民へいくら呼びかけても理解をしていただくことはかなり大変な作業でした。わかっている方は本当によくわかっているのですが、その数はとても少数であったわけです。ですから、その後、日本にはこの新自由主義の毒が回り、必然、国民の生活から豊かさが日々失われました。その結果、気がつき始める人が少しずつ増えてきたのです。
しかし、当時はそうではありません。そう言う中で、どうやって国民の皆様に国民新党の政策と思想をお伝えし、理解していただくか、私はとても悩んでいました。何か、先が見えない深い霧に包まれている感じがしていました。私自身、そもそもが大変な新自由主義者・タカ派だったので、国民新党の政策をよく理解していなかった部分もあったと思います。
そのようなとき、私に一冊の本が送られてきました。以下の『「情」の国家論』です。著者の山本峯章さんが送ってくださったのです。

『「情」の国家論』(光人社 2008年 山本 峯章著、村上 正邦著、佐藤 優 著)

この本、出てくる単語は右翼的です。私は元来、右翼が嫌いなのです。なぜか、彼らからは意気込みを競う姑息さのようなものを常に感じてしまい、それが同胞を愛する心ではなく、その反対のナルシシズムの心根の象徴のように思えて仕方なく、とても忌み嫌っていました。今でもそれは変りません。
ですので、この本を読み進めていくうちに、右翼的な単語が出てくるので忌避感が最初は出てきました。それに共著者の村上正邦さんは、元は参議院のドン、私は参議院議員の秘書時代から村上さんを存じていますが、とにかく、こわいオジさんという印象しかなく、そう言う意味でもこの本については最初、忌避感がありました。
しかし、読み進めていく内にどんどん吸い込まれるようにその内容に没頭していきました。
この本のメッセージはシンプルで、政治は『情』をもって行なえと言うことです。
昨日にお話しをした仁徳天皇の民のかまどと同じです。保守の真髄は人々への『情』であるのです。 
私はこのことをこの本から教えられたとき、国民新党の政策の意味がはっきりとわかり、目の前の霧は一気にはれました。このように考えて良いのだ、そしてこのように考えなければならないのだとはっきりとわかりました。
そして、綿貫民輔先生、亀井静香先生、亀井久興先生が政治生命の進退をかけて訴えた心と思想と政策の真髄が、そのときはっきりとわかりました。以降、このことは我がこととなり変っていません。
国民新党は『情の党』なのです。これからは、このことが世界で最重要になります。いずれこの意味がわかります。そう考えたとき、現在、保守といえるのは、国民新党の政策と多くの部分が重なる山本太郎氏くらいかと考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/474920
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年07月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (1251)
日本の政治 (1166)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/11 23:50 キシダ氏の内閣改造・党役員人事についての評価 その1
08/11 23:09 旧統一教会の記者会見にあった誰でも指摘できる明らかなウソと考えられる発言
08/10 01:45 今回の内閣改造・党役員人事を考える (2)
08/09 23:50 今回の内閣改造・党役員人事を考える (1)
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved