ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年12月4日 19時0分
第16話「たくさんのネコが見ていた」
 
祈りのカタログ・完全版
第16話「たくさんのネコが見ていた」




 幽霊や、神さまが生まれることを、「生みなす」と言います。
 これは、「生まれた」と言う言葉を使うのではなく……また、「生まれる」と言う言葉も使いません。
 それは、まさしく、生みなすからです。
 
 この「生みなす」とは、「生まれて、そのものなる」と言う意味です。
 ですので、ただ生まれただけでは……生まれたことには、ならないのです。
 人は、生まれたら……それが、例え、どんな人でも……「物心」と言うものが、宿ります。
 
 物心のない人は、いませんね?
 これは、余談ですが……私の場合、物心がついた瞬間を覚えていて……それはとても、不思議な体験でした。
 ふと、気がつくと……私はまだ、幼な子で……ベビーベッドの中から、天井を見ていました。
 
 そこには、くるくるまわる……あの赤ちゃん用の、回転玩具(これの名前は知りません)が……くるくると、楽しいげな音を立てて、回っていたのです。
 その音に、まるで合わせるかのように……たくさんのネコたちのシッポが……ゆらりゆらりと揺れていました。
 
 そして、私が寝かされているベビーベッドのまわりに……どこから入ったものか……たくさんのネコたちが集まって、この私の顔を……まるで、神妙に、祈るように……じっと見つめていたのです。
 窓が開いていたので……たぶん、そこから入って来たものと思います。
 
 しかし、当時の私にとっては、そのネコたちが……まさしく、生まれてはじめて見た……記憶に残った、知性を持つ、何か……だったのです。
 
 
つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
 
後半には、
子供の頃の話、「ものごころ」について、「憑依と頼み」について、「お中元」「はっさく」「踊る祈り」についてが紹介されています。
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:祈りのカタログ・完全版]



2018年11月27日 19時0分
第15話「古語しか通じない」
 
祈りのカタログ・完全版
第15話「古語しか通じない」



 祈りの書式を、踏まえた後……所定の祈りの手順で祈って……はじめて、祈りの内容が、指定された所へ届きます。

 では、その祈りは……いつたい何に……あるいは、どこに、届くのでしょう?


 もし、「神」に祈るなら、その祈りは神に届きます。
 
 もし、「仏」に祈れば、その祈りは仏に届きます。
 
 しかし、実際は、神仏に届く前に……「祈りを聞くモノ」の耳に届き……その後、祈りの内容が選別されて……最終的に、しかるべき場所へと配送されます。
 
 何だか、こう書くと……荷物でも届けるような感じがしますが……祈りは、まるで、荷物のような配送システムを持つのです。
 
 これは、まぁ、そう言う風に、仮定するならば……と言う意味でしかありませんが……このような考え方をすると、とても、理解し易いと思うのです。
 
 
 人が、心から祈る時……まず、その祈りの内容は「無視」されます。
 
 祈りの書式や、手順だけで……届けるかどうか、選別されます。
 
 これを、荷物と仮定すると……コンビニに荷物を持ち込んで、レジの人に、
 
「どうか、この荷物を、届けてください。」とだけ言っても、
 
「この書類に記入してください。」と言われ、すぐには届けてくれません。
 
 所定の書類に記入し終えると……次は、書類の確認をして、内容を聞かれ……最後に、料金の請求が来ます。
 
 祈りも、これと同じ形式ですが……しかし、祈りの場合は、ちょっとだけ、内容が違います。
 

 どこが違うのか……と言うと、例えば、
「どうか、この願いを、届けて下さい」と祈ったら……その多くは、無視されるのです。
 
 そして、まるで、
「祈りの言葉の形式が、違いますので、言い変えて下さい」と言わんばかりに……向こうの存在が、ぶつぶつと……人には聞こえない声で、つぶやきます。
 
 しかし、しょせんは、人には、聞こえませんので、
「なぜ、祈りが届かないのだろうか?」と……その理由も分からないことが、多いのです。
 
 この場合、「祈りのコンビニ」にいる、レジの店員さんが……外国人なのだと思ってください。

 
 
つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
 
後半には、
どう違うからどうすればよいのかや、人の祈りを、所定の神仏に届ける〇〇について、子供からの「神さまは、どうやって生まれたの?」と問いへの答えが紹介されています。
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:祈りのカタログ・完全版]






2018年11月20日 19時0分
第14話「信じる力をつけて」
 
祈りのカタログ・完全版
第14話「信じる力をつけて」



 人が、「触った」と言う感触を、「現実ではないもの」にすり替えて意識した時……その情報は、手の中に作られます。
 
 手の中に作られた情報は……他の人の感覚に、影響を与えるのです。
 
 これは、つまり、
「ありもしない物を触ったと、本気で思ったら……感覚は、その感触を作り出す」と言う現象なのです。
 
 作り出された感触は、ただの情報ですので……他の人にも、伝わります。
 
 ただし、物理現象ではない為……錯覚を引き起こしているだけなのですが……この錯覚が、強くなると……現実の世界の現象に、変化を与えはじめます。
 
 ここまで、来ると……立派な「霊現象」を発生させたり、スプーンを曲げたり……はては、とんでもない出来事すら、起こるのですが……まぁ、そちらの方は、後で説明するとして……実は、このような信じられない世界は、とても身近にあるのです。
 
 ただ、常識と言う概念が、足かせとなって……見ても、見ないフリを、しているだけです。
 
 多くの霊現象は、錯覚の域を出ませんが……錯覚も、強くなれば、現実そのものを変えるのです。
 
 そこで、昔の人々は、
 
 
つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
 
後半には、
「錯覚」を強く作り出す方法、練習方法、祈りの基本が紹介されています。
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:祈りのカタログ・完全版]



2018年11月13日 19時0分
第13話「結界とは何だろう?」
 
祈りのカタログ・完全版
第13話「結界とは何だろう?」




 祓い給えを、心の中で唱えるのは、とても良い方法です。

 最初は、口で唱えて……息の仕方や、タイミングを……体に教え込んでも、良い結果が得られると思います。

 この短い祝詞《のりと》を、唱える癖が付くと……多くの人は、「寂しくなります」と言います。

 何が、どう、寂しくなるかと申しますと……今まで、見えていた、何だか分からない、恐ろしいものが……見えなくなるからです。

 この「見えなくなる」と言うのは……見る力を失う……と、言う意味ではありません。

 常に、祓う癖が付いているので、低級なものが、近づけなくなるのです。

 もし、仮に、そのような霊的に低級な存在が、いないとします。

 その場合でも、見間違いが減って、「怖い」と思うことも……かなり減ります。


 そして、もし、霊的な低級なものがいるとしたら、やはり、祓い続けますので……あの連中は、こちらに近づくことすら、出来なくなります。

 この近づくことの出来ない現象を、「結界《けっかい》」と呼びます。

 この「結界」と言うものも「祈りの作用」のひとつです。

 人が、その霊力を駆使して張る「結界《けっかい》」は、祈りの技法のひとつです。

 「自分には、霊力などないから……。」と思っている人も、きちんとした手順を学べば、霊力と呼ばれる力が強くなって……小さな結界くらいは、張ることが出来ます。
 
 一般に、
「霊力は、幽霊を見る力だ」と、勘違いされていますが……生きている人には、強さの違いがあるだけで……霊力そのものは宿っています。
 
 
つづきをご購入いただけます(500円) 購入方法はこちら
 
後半には、
霊について(種類)の話や、結界についてと練習方法が紹介されています。
[続きを読む] 都度課金記事
[カテゴリ:祈りのカタログ・完全版]




  次の5件
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 368135
今日のアクセス: 32
昨日のアクセス: 64
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved