ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4125)
米国在住の個人投資家satokoさん (1)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 1975324
今日のアクセス: 104
昨日のアクセス: 1012
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2020年6月20日 10時49分
安倍晋三首相は、河井克行・案里夫妻に渡した「安倍資金」1億5000万円の資金を二階俊博幹事長と菅義偉官房長官にかぶせて逃げようと必死だ、一事が万事、情けない限りだ。
 
安倍晋三首相は、河井克行・案里夫妻に渡した「安倍資金」1億5000万円の資金を二階俊博幹事長と菅義偉官房長官にかぶせて逃げようと必死だ、一事が万事、情けない限りだ。

◆〔特別情報1〕
 これは二階俊博幹事長の側近の説明である。
河井克行前法相・案里参院議員が買収容疑で東京地検特捜部に逮捕されて、捜査は党本部から提供された1億5000万円を何に使ったかが焦点となっているが、これについて安倍晋三首相は18日の会見の中で、二階幹事長の説明を持ち出して、「自民党の政治資金につきましては、昨日、二階幹事長より、党本部では公認会計士が厳格な基準に照らして、事後的に各支部の支出をチェックしているところであり、巷間言われているような使途に使うことができないことは当然でありますという説明を行われたというふうに承知をしております。」と述べ、まるで二階幹事長が出したかのような印象を与える発言をした。しかし、事実は、安倍晋三首相が(1億5000万円)を出してくれと、二階幹事長に頼んだのであって、それをあたかも、二階幹事長の責任にしようとしている発言は、明らかにおかしい。そのことは、自民党内の大半の人が、おかしい、酷いやつだと口々に言っている。
 自分の責任を他人に押し付けたり、罪を逃れる工作を部下に任せたりするのは、安倍晋三首相の子供のころからの習性である。シンゾウボッチヤンの不始末を、反省させることなく、周りの大人たちが先回りして尻拭いしてきた。大人になってからも、その習性は変わらず、女性問題はじめ、何かと不始末をやらかしては、側近たちが陰で処理し始末してきたのだ。当の安倍晋三は何食わぬ顔で、自分の不始末をお得意のウソで誤魔化し、そして人を貶めながらすり抜け、総理に昇りつめた。そんな安倍は、国民を欺くことなど、ごく当たり前のことで、良心を咎めるような思いなど、端から欠片もないということだ。母親・洋子夫人の罪は重い。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月19日 10時42分
「憲政史上最悪・最低」「票をカネで買う」「金権選挙の極めつけ」「汚職まみれの救い難い政治家」安倍晋三政権が、崩壊寸前! トランプ大統領は陸上イージス代金だけ取って、武器を渡さず逃げている
 
「憲政史上最悪・最低」「票をカネで買う」「金権選挙の極めつけ」「汚職まみれの救い難い政治家」安倍晋三政権が、崩壊寸前! トランプ大統領は陸上イージス代金だけ取って、武器を渡さず逃げている

◆〔特別情報1〕
 河井前法相・案里議員が逮捕。立件は早くから想定されていたものの、在宅起訴だろうとの予想を越えて、6月18日午後4時50分、参院選買収容疑で逮捕された。それだけ悪質な事件と検察は踏んでおり、しかも法相経験者逮捕は戦後初、翌日朝刊一面トップを狙った時間の逮捕に、東京地検特捜部の力の入れようが感じとれる。自民党内では、大きな政局には繋がらないと楽観視する声も聞こえてくるけれども、安倍晋三首相は当初の思惑を大きく外れた、番狂わせの展開に心穏やかではない。しかも、国会閉会2日前の6月15日、河野太郎防衛相により突如「イージス・アショア配備計画停止」が発表された。河井夫妻の立件については以前から報道されたいわば既定路線でもあるだけに、むしろ「イージス・アショア配備計画停止」のほうが、世間を驚かせた。「なぜ、いまここへきて」と、さまざまな憶測が飛びかうなか、自民党内部に詳しい防衛専門家の話によると。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月18日 8時16分
金与正党第一副部長が予告どおり南北共同連絡事務所を爆破、これは韓国が米朝を繋げなければならないのに、何もやっていないことへの苛立ちであり、警告だった。そして日本は相変わらず蚊帳の外で存在感なし
 
金与正党第一副部長が予告どおり南北共同連絡事務所を爆破、これは韓国が米朝を繋げなければならないのに、何もやっていないことへの苛立ちであり、警告だった。そして日本は相変わらず蚊帳の外で存在感なし

◆〔特別情報1〕
 金与正党第一副部長が予告どおり開城の南北共同連絡事務所を爆破した。これは、金正恩党委員長が命令したわけではない。金正恩の名前は一切出てこない。金正恩を表に出さないことで、最後のカードを残している。つまり朝鮮半島の問題は、一向に進展しないことに対しての警告だ。これに対して中国は「そんな話は聞いていない」と惚けている。一方ロシアの反応は「懸念を招く」と述べ、関係国に自制を求めて、一番まともだった。やはり、北朝鮮としては、警告を出して実行に移さないと、効力がない。韓国が米国ときちんと話をして、どう対応するかということを韓国が繋げなければならないのに、何もやっていないことへの苛立ちであり、警告だった。こうしたなか、相変わらず、日本は蚊帳の外に置かれている。これは、上皇陛下の側近である吉備太秦からのトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月17日 7時51分
トランプ大統領は、MSA資金がシェアされないことを憂慮してついにフィリピンにある日本の金塊を盗もうとした
 
トランプ大統領は、MSA資金がシェアされないことを憂慮してついにフィリピンにある日本の金塊を盗もうとした

◆〔特別情報1〕
 ついに、米国のワシントンに出た妖霊星らしきものが出て、画像を見た。ものすごい。夜空にぼんやりと怪しげな光を放って、それはまるで、大天使ミカエルが悪魔を追い払う絵画の悪魔の顔のように見える。その画像の左上のほうには星でもない飛行機でもない小さな光が映りこんでいるが、UFOだろう。スマホの画素数が高いこともあって、地上の風景は色彩が鮮やかで、上空の怪しげな夜空の光とのコントラストが一層妖気を際立たせている。
 ちょうど、米国のビッグスリーは終わるという話をした後に写真が送られてきた。結局、これまで米国は、いまの地球の文明のトップに君臨し世界を牽引してきた。その象徴がビッグスリーだった。しかし、その米国のビッグスリーを象徴とする文明こそ地球環境を破壊してきたし、戦争も起こしてきた。その文明が崩壊して新しい時代の文明が始まる。つまり、米国の時代は終わる。いままでは、軍事的にも経済的にも世界ナンバーワンの大国だったけれども、その後を追って市場を拡大してきた中国は世界で2番目となり、ナンバーワンの米国に変わって覇権を拡大していこうとしてきた。しかし、米国も中国も終わる。
 北朝鮮は、2年前にシンガポールで米朝首脳会談をしてから進んでいない。与正は韓国との連絡事務所を爆破するなど、言動が過激化してきている。正恩は脳死直前にクローンを3体つくり、オリジナルの肉体は冷凍保存しているので、体制としては安泰だ。表は与正に任せて正恩は表に出ないようにしている。一方のトランプ大統領は、ベトナムで大チョンボしてしまった、そのリカバリーがまだ出来ないままコロナ禍のなか大統領選挙に突入している。そのため、MSA資金が入ってこないことに憂慮し、ついにフィリピンの金塊を盗もうとした。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2020年6月16日 10時38分
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている
 
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている

◆〔特別情報1〕
 れいわ新選組の山本太郎代表が6月15日、東京都知事選出馬を表明した。小沢一郎衆議院議員が秋の総選挙をにらんで、出馬を強く要請したのを受けて大決断したという。当落結果よりも、小池百合子都知事の野望を封じ込めるのが最大の目的だ。山本太郎代表は、新型コロナウイルス感染騒ぎが、小池百合子都知事の「東京アラート」宣言によっても収束するどころか、すでに「第2波」発生により深刻化しているのをとらえ、安倍晋三首相による対策も大失敗していると判断し、都知事選挙を通じて、キャンペーンを展開しようとしている。そして小沢一郎衆議院議員は、山本太郎代表の発信力に期待して、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (3)]




  次の5件
最近の記事
09/18 10:48 河野太郎行革担当大臣は不服らしい。官房長官に任命されるものと思っていたらしく、しかも、お目当てだった官房長官ポストを、安倍晋三前首相のゴリ押しで、加藤勝信に決まったため、相当頭にきているようだ
09/17 09:42 菅義偉内閣は、菅義偉首相の地縁、血縁ではないけれど、「様々な縁者」で組織した内閣であり、衆院解散・総選挙は、「勝てるかもしれないとはいえ、コロナ禍があるから出来ない」
09/16 10:44 菅義偉政権は、2021年9月までの暫定政権であり、安倍晋三政権に見習って長期安定政権を狙うには、近々に衆院解散のうえ、大勝利しなくてはならない
09/15 10:31 激動している国際情勢のなかで、多難が菅義偉首相を待っており、上皇陛下の側近である吉備太秦は、難題を乗り切って行くためのヒントを提示している
09/14 10:51 日本は第2次世界大戦(大東亜戦争) 終結から75年を経て、「古い文明社会→(移行過程)→新しい文明社会」へ向かう「移行過程」に入っており、「新型ウイルス禍」に襲われている。
09/13 08:43 自民党二階派「志帥会」幹部によると、菅義偉内閣の主要人事が、すでに固められてきており、官房長官は、梶山弘志経済産業相(無派閥)か森山裕自民党国対委員長(石原派)の2人に絞られてきた
09/12 11:06 石破茂候補の本音は地方創生、今後は、テレワークを活用しながら、各省庁を地方に移管したいと考えている。その目玉が大阪都構想だ
09/11 11:03 オックスフォード大学とワクチンを共同開発していたアストラゼネカが、治験をいったん止めると発表、日本以外で治験をやっている残り8社もこれに追随。中止に至った重大な副作用の結果が隠ぺいされている
09/10 09:49 11月3日の大統領選挙まで2カ月を切ったなかで、全米各州の民主党首長の所では、黒人差別に反対する暴動が続いており、マスコミのなかにはフェイクニュースを垂れ流すものもある
09/10 00:50 米国在住の個人投資家satokoさんからの過去レポート一覧
最近のコメント
菅義偉政権は、2021年9月までの暫定政権であり、安倍晋三政権に見習って長期安定政権を狙うには、近々に衆院解散のうえ、大勝利しなくてはならない(piyokoTV)
11月3日の大統領選挙まで2カ月を切ったなかで、全米各州の民主党首長の所では、黒人差別に反対する暴動が続いており、マスコミのなかにはフェイクニュースを垂れ流すものもある(piyokoTV)
ポスト安倍政権は戦後75年を支えた古い文明での政権を振り返り、新しい文明に向けて準備すべき「時」に突入(shushuika)
安倍晋三首相は本当の病を隠して「仮病」を貫こうとしたけれど、内憂外患に勝てず遂にダウンし退陣に追い込まれた(shushuika)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(Sparrows)
日本は、世界最速のスーパーコンピュータ「富岳」完成により、「世界恒久の平和と繁栄を築くための新機軸」、〈第3次世界大戦回避・世界の原発440基廃炉・地球環境改善・AIの産業化〉の旗手になれる(piyokoTV)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(あかね)
小沢一郎衆議院議員は、安倍晋三首相と小池百合子知事のコロナ対策失敗に、秋の総選挙で主導権を握ろうとしている(shushuika)
米国は日本と中国を戦争させたいと考えており、中国も国内情勢の混乱から、尖閣もしくは台湾で戦争を起こそうと必死、日本の安倍晋三首相は退陣を前に「GoTo(強盗)キャンペーン」で「急ぎ働き」(piyokoTV)
「正邪の区別がつかない味噌糞一緒」の安倍晋三首相は、訪米してトランプ大統領に、どう振る舞うか、見ものである(Sparrows)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved