ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4348)
米国在住の個人投資家satoko女史 (23)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (91)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2325857
今日のアクセス: 322
昨日のアクセス: 676
RSS
カレンダー
<<2021年01月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年1月31日 11時13分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第四章 自奪心と排他濁占的
 
第三篇 猶太思想

第四章 自奪心と排他濁占的

 
 統治権独占…世界独占…神を独占。

 何れの民族に自尊心のないものは無かろう、自尊心の無い民族は亡び行く民族に違ひない。隣りの支那は中華と誇り、米國は米國第一を唱へ、独逸はドイツ至上主義を國歌の始めから叫んで居る。日本自身亦(また)天業(てんぎょう)を恢弘(かいこう)する使命から考へて天業民族と稱(称)し、又は神国日本の自覚から割り出して、天孫民族と唱へて居る。此の事から言へばユダヤ人が自らを神の選民と號(号)したからとて格別騒ぐには及ばない。各民族はその看板に恥ぢない様に切瑳琢磨して自己完成に進めば宜しい。唯々己れを高く評價(評価)せんとして他を低く下げるのは善くない。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年1月30日 10時33分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第三篇 猶太思想 第三章 國際主義、萬國主義
 
第三篇 猶太思想 

第三章 國際主義、萬國主義 

八紘一宇の思想とは根本が違ふ……國家主義反対……日本の共鳴者……宇宙的。

 ユダヤ人が民族発生當初から、土地に固着せず、天下を放浪するに至つた為國家主義にならなかつた事は前既に述べた所である。而(しかし)て今では人口分布の所で説た如く五大洲に亙つて、同信同種の同胞か離散してゐるのだから、彼等ば政治的に、経濟的に國際主義による機構を設け、各國内に於て漸(ようや)く牛耳を執るに至つたユダヤ同士の結合によつて天下の事を左右する方が得策であることは頭の善い彼等の当然考ヘるべきことであり、仮に他民族をユダヤ人の立場に置いたならば必ずそう考へるであらう。故に國際主義思想が悪くて、國家主義思想ばかりが善いと云ふ間題ではなく、國際主義が國家の蔭を薄くし、終には萬國主義に持つて行くかどうかが問題である。皇國の八絃一宇の大理想は必ずしも他の國家を壊滅するのでなく、各國家互に有無相通じ、各々共の特長を持ち寄つて平和に世界を構成するにあるから、萬國主義的ではない、ユダヤのは國家主義を排撃して國際主義に進むから、終に萬國主義となりユダヤの世界統一を目標として進むようになるから警戒されるのである。今彼等の國家主義排撃の代表的なもの一二を挙げて見ると、既に述べた濁逸(ドイツ)生れのユダヤ詩人ハインリッヒ・ハイネ日く
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年1月29日 11時57分
厚労省が各都道府県の衛生主管部に宛てた1月8日付文書で「ワクチンは患者への感染予防を目的として医療従事者等に接種するものではなく、接種は個人の判断であり、業務従事への条件とはならない」と報告されていた
 
厚労省が各都道府県の衛生主管部に宛てた1月8日付文書で「ワクチンは患者への感染予防を目的として医療従事者等に接種するものではなく、接種は個人の判断であり、業務従事への条件とはならない」と報告されていた

◆〔特別情報1〕
 厚労省は、各都道府県の衛生主管部に宛て、1月8日付(健健発0 1 0 8第1号)の「医療従事者等への新型コロナウイルス感染症に係る予防接種を行う体制の構築について」と題する文書を出した。これは、コロナワクチン予防接種の体制を通知した厚労省の一次情報という内容であり、最も重要な点は6ページに記載されていた。
 以下、引用すると、
「別紙医療従事者等の範囲注:医療従事者等の具体的な範囲については現在パブリックコメント中の「新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について(案)」において示されるものであり、以下は当該パブリックコメントを踏まえて検討途上のものを体制構築の参考となるよう示したものであるため、今後変更される可能性があることに注意すること。1.医療従事者等の範囲の考え方医療従事者等に早期に接種する理由として、以下の点が重要であることを踏まえ、具体的な範囲を定める。・業務の特性として、新型コロナウイルス感染症患者や多くの疑い患者と頻繁に接する業務を行うことから、新型コロナウイルスへの曝露の機会が極めて多いこと・従事する者の発症及び重症化リスクの軽減は、医療提供体制の確保のために必要であること(注1)注1:ワクチンの基本的な性能として発症予防・重症化予防が想定され、感染予防の効果を期待するものではないことから、患者への感染予防を目的として医療従事者等に接種するものではないことに留意(医療従事者等は、個人のリスク軽減に加え、医療提供体制の確保の観点から接種が望まれるものの、最終的には接種は個人の判断であり、業務従事への条件とはならない)。」
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年1月28日 13時38分
コロナ対策よりも、アフターコロナでやるべきGoToキャペーンにうつつを抜かしてきた菅政権が、安全性が担保されていないワクチン接種が義務化しようとしている。もうまさに人災といえる事態だ。
 
コロナ対策よりも、アフターコロナでやるべきGoToキャペーンにうつつを抜かしてきた菅政権が、安全性が担保されていないワクチン接種が義務化しようとしている。もうまさに人災といえる事態だ。

◆〔特別情報1〕
 コロナ騒ぎが始まって一年一カ月を過ぎ、この間の日本の厚生行政あるいは文部行政の欠陥が明らかになった。まず厚生行政については、厚生省は戦後、狂犬病対策を中心に保健所の力を強化してきたが、残念ながら、コロナの蔓延に対してスピーディに対策を練ることができなかった。これは戦後の狂犬病対策の影で保健所の体制を都道府県に任せっきりになり、肝心なウイルスに対策が疎かになっていた、このため、今回のコロナウイルスに対しても、力を発揮することができず、尚且つウイルス対策についても大きなパワーを発揮することもできなかった。保健所行政は狂犬病対策が中心だったため、獣医師たちは市民から「犬殺し」という侮蔑した言葉を投げつけられて、身を細めてきた。ウイルス行政については、大学及び大学病院を中心に検疫な防疫体制に力を入れるべきところ、東京大学医学部、京都大学医学部を中心にした医師あるいは研究者のほとんどは遺伝子の研究に全学が奔走してきたため、これを喩えるなら、富士山の上から見るとあらゆる登り口から目指すのは遺伝子に基づく医療が中心だった。この背後でウイルスの研究は、かなり疎かになっていたため、研究者も人数が不十分で今回のような事態が発生すると、各医学部の施設はそれに対して十分に対応する力を持っていなかった。この結果、各製薬会社もこのウイルスの研究あるいは製品開発も力が入らず、今日、米国や中国などの研究機関に頼るしかない状況に陥っている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年1月27日 13時1分
中国が狙う台湾の財宝は、吉備太秦が担うMSA資金にも関わってくることであり、アフターコロナに向けた資金の配分にも影響していく。そこには世界秩序に関わる重要な歴史の真相が隠されている。
 
中国が狙う台湾の財宝は、吉備太秦が担うMSA資金にも関わってくることであり、アフターコロナに向けた資金の配分にも影響していく。そこには世界秩序に関わる重要な歴史の真相が隠されている。

◆〔特別情報1〕
 中国から不正選挙の協力を得て誕生したバイデン政権だが、米国務省は中国に対して、台湾への圧力を停止するよう求める声明を発表、中国との対立を深めたトランプ前政権は台湾との関係強化を進めてきたことを継承する姿勢を示している。
 トランプ対バイデンの戦いは、米中の戦いであり、同時に、台湾対中国の戦いでもあった。2020年12月22日の拙記事において、「中国の真の狙いは、尖閣よりも台湾にある。台湾の財宝が目当てだという。中国は経済封鎖により、いまほとんど資金がない。台湾は、蒋介石が中国から運び込んだ財宝が、地下施設に保管されている」との内容を書いた。その中国が狙う台湾の財宝は、吉備太秦が担うMSA資金にも関わってくることであり、アフターコロナに向けた資金の配分にも影響していく。そこには重要な歴史の真相が隠されている。以下、上皇陛下の側近である吉備太秦による「MSA資金の歴史的背景と現状について」の情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/19 13:54 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第三章 満洲事變
09/18 14:18 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第一章 序論  第二章 フリーメーソンの東洋政策
09/18 12:45 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
09/17 16:56 今回の総裁選は、米国の意向としては「安倍・麻生」潰しのための総裁選ということになり、「二階・菅VS安倍・麻生」の戦いは、「二階・菅」に軍配が上がる。新政権は、安倍・麻生を外した挙党体制となる。
09/16 17:35 野田聖子が総裁選に出馬すると、河野太郎の一発当選は難しい。麻生派のなかの河野支持者の一人は「野田聖子出馬の裏には、河野太郎潰しがある」と漏らしている。いずれにしても麻生派は分裂。
09/15 16:24 総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。
09/14 17:40 2006年国政(補欠)選挙初陣勝利で政権交代への機運をつくった太田和美元衆院議員が柏市長選出馬へ、「野党共闘のジャンヌ・ダルク」となって再び政権交代へ弾みをつけることになるだろう
09/13 15:18 五輪開催から始まった新型コロナ第4波以降、身近な人が感染したという話をよく聞くようになった。五輪という一大イベントが、いかに新型コロナ感染者を拡大させていったことかを如実に示している。
09/12 13:38 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第七章 國際聯盟の創立
09/11 12:45 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動    第六章 パレスタインの復興(2)
最近のコメント
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved