ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4222)
米国在住の個人投資家satoko女史 (19)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (57)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2215178
今日のアクセス: 169
昨日のアクセス: 714
RSS
カレンダー
<<2021年04月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年4月16日 12時35分
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな
 
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくない。

◆〔特別情報1〕
 これは二階派「志帥会」の重鎮による政界トップ情報である。
 4月15日発売の週刊文春で「9月9日解散」が報じられていた。ただ9月23日までが総裁選の期限のため、総裁選を先にしろという声が出るだろう。やはりオリンピック開催前の選挙になるのではないか。恐らく、二階俊博幹事長はオリンピック前の解散を想定しているだろう。だからオリンピック開催について、「これ以上とても無理だということだったら、これはもうスパッとやめなきゃいけない」という二階の発言が速報され波紋を呼んだ。
 安倍晋三前首相の再々登板の声は、自民党内でよく聞かれている。結局は、次がいないからということで、欲望をむき出しにしているし、最初からそのつもりで菅義偉首相にワンポイント預けたということも、辞任当初からチラホラ言われていたことだった。しかし、あれだけの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリだろう。二階としても本音は安倍にさせたくない。時期を同じくして「9月9日解散」を報じた15日発売の文春で、「『東京五輪1年再延期の検討を』 西浦教授が提言」が掲載されている。安倍がもし再々登板を狙って、秋の総裁選に出ようと考えているなら、自分が「アンダーコントロール」と嘘を言ってまで誘致した東京オリンピック開催後の、余韻のなかで優位に戦いたいと考えているだろう。表面的には自民党表看板で団結している姿を見せるだろうが、水面下では総裁選と解散総選挙の時期を巡って、「安倍・麻生VS菅・二階」の第二幕となるだろう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (4)]



2021年4月15日 14時6分
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。
 
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党内部と国際軍事情勢に精通する情報通からのトップ情報である。
 東京電力福島第1原発の汚染処理水を、放射性物質の濃度を国の放出基準より下げて海に流すとの日本政府の方針について、汚染水を薄めて流すといっているけれども、放出するトリチウムの量は同じだ。問題は、なぜこのタイミングで菅首相が決断したかだ。腹を切るつもりでいるという話が出ている。後の人に責任が及ばないようにということになるが、ここで不気味なのが、安倍晋三がまた、本当に(総裁選)に出るかもしれないという話が出ていることだ。あくまで「かもしれない」という話だが、しかし、汚染水放出のタイミングが合うことになる。安倍晋三前首相は昨年11月11日に、自民党の「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して、前回の復活劇を彷彿させる活動をしている。そもそも結局、菅首相はオリンピック開催に響かないよう、4月解散を決断できなかった。そんななか、菅首相は訪米を前に3月29日、安倍前首相の議員会館の部屋を訪れ、安倍前首相と約50分間面会しているというのも、意味深だ。安倍自身が熱心に関わっていた幼稚園連合会の消えた4億円問題に繋がるともいわれている、「子ども庁」創設が俄か選挙公約として出てきたことも、安倍再々登板の話が出始めた時期と重なっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (4)]



2021年4月14日 7時0分
二階幹事長は、無所属で二階派の長崎幸太郎が山梨県知事で成功しているだけに、静岡県で人気がある無所属で二階派の細野豪志を静岡県知事選に立てることは、十分有り得る。
 
二階幹事長は、無所属で二階派の長崎幸太郎が山梨県知事で成功しているだけに、静岡県で人気がある無所属で二階派の細野豪志を静岡県知事選に立てることは、十分有り得る。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」の重鎮からのトップ情報である。週刊現代が、「『リニア着工』悲願の自民党が、静岡県知事選で白羽の矢を立てる『意外な人物』」という見出しで、二階俊博幹事長が、静岡県知事選で細野豪志を立てようとしているということが記事になっていた。それについて、二階派の重鎮は次のように語った。
 二階俊博幹事長にとっては、いまの静岡県の川勝平太知事とは全く関係がよくない。二階幹事長は、無所属で二階派の長崎幸太郎が山梨県知事で成功しているだけに、静岡県で人気がある無所属で二階派の細野豪志を静岡県知事選に立てることは、十分有り得る。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年4月13日 12時10分
MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。
 
MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である吉備太秦からの、トップ情報である。
 バイデンと中国との関係は、大統領選挙中の不正疑惑からみても、水面下でいつ手を結んでもおかしくない危険をはらんでいるわけだが、我々としては、そうならないように表面上は、トランプ政権からバイデン政権へ最新の注意のもと移行させ、MSA資金に関係した諸々の契約書もつくってきた。ホストカントリーとしての日本が、これまでのような米国の属国のような立場で言いなりになることはない。日本は日本で、独自路線でいく。そのあたりの確認の意味で、菅首相が15日から18日の日程で訪米し、バイデン大統領と首脳会談をすることになる。当初の訪米予定の日程が一週間延期になったのは、
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年4月12日 11時49分
ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。
 
ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。

◆〔特別情報1〕
 今回も先週に続いて、ミンヤマー情勢に詳しい外国人記者からの、分析を以下紹介する。
 アウンサンスーチーは、もし国外に出たら殺される。彼女はものすごく複雑な存在だ。当然、イスラム教の人たちにも嫌われているし、外に出たら暗殺される。軟禁状態にいることで身の安全が守られている。アウンサンスーチー自身もそのほうが安全だということを知っている。彼女は、もともと政治的にも、また思想的にも考えがまとまっている人ではない。フラフラといろいろなところからのアプローチになびいて影響を受けてしまうところがある。アウンサンスーチーは、国際的な人身売買に関与していた。そのことにより、処刑される可能性が高まっているなか、軍事クーデターが起きた。いまの状態のなかで、アウンサンスーチーは自分が殺されないように必死で自分を守っている。表面上は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。国軍がアウンサンスーチーを殺害することはない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
05/16 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第五章 インターナショナル運動 第四節 第三インターナショナル (4)
05/15 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第五章 インターナショナル運動 第四節 第三インターナショナル (3)
05/14 14:59 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
05/14 12:16 イスラエルは公表こそしないけれども、ハマスが撃ち込んだミサイルの残骸から、どこの国の武器かは当然把握している。把握していながら、それを公表しない。今後の世界情勢にとって核心的部分といえるだろう。
05/13 13:54 東京オリンピック開催支持へ加勢した「さざ波」発言が正しいかもしれないと、中川俊男日本医師会会長が証明してしまったようなもの。医療ひっ迫を訴えられても、もう誰も医師会の自粛要請には従わない。
05/12 12:07 自民党にとって東京オリンピックの開催の是非は、続く北京オリンピックとの兼ね合いで、日中合戦の様相となっている。「さざ波」発言まで飛び出て、保守陣営のオリンピック中止阻止の徹底抗戦が始まっている。
05/11 13:50 日本は、いまだに中国に実質ODAとして、令和3年度の予算の、しかも一般会計で5千億円を送るように組んでいた。この問題は、近いうちに世界中から叩かれ、二階俊博幹事長の立場は悪くなるだろう。
05/10 12:25 「ぼったくり男爵」の称号をつけられてしまったIOCバッハ会長は、小池都知事の五輪中止のシナリオを知り、急遽来日を見合わせた。来日すると、小池都知事に中止をぶち上げられる可能性があったからだ。
05/09 11:36 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第五章 インターナショナル運動 第四節 第三インターナショナル (2)
05/08 10:36 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第五章 インターナショナル運動 第四節 第三インターナショナル (1)
最近のコメント
アストラゼネカのワクチンを停止した国は世界で40か国以上、ファイザーのような遺伝子治療ではなくて従来型のワクチンであるジョンソン&ジョンソンのワクチンでさえ、血栓を理由にアメリカでは停止になっている。(Tors Hammer)
世界的にワクチンを打ち始めた時期から、変異株の感染が拡大している。ワクチン確保が遅れていることを「敗戦国だ」とまでいうけれども、ワクチンを打つほど、変異株は増えていく。(植物性乳酸菌と果物が大好き)
世界的にワクチンを打ち始めた時期から、変異株の感染が拡大している。ワクチン確保が遅れていることを「敗戦国だ」とまでいうけれども、ワクチンを打つほど、変異株は増えていく。(Jack Oneill)
バイデン大統領は元副大統領、菅首相は元官房長官、互いに女房役あがりで、たいしたことなかった。一方、安倍前首相は本気で再々登板を目論み、国会内で目ぼしい議員を呼び止めては決意を伝え復権活動に奔走している(Jack Oneill)
バイデン大統領は元副大統領、菅首相は元官房長官、互いに女房役あがりで、たいしたことなかった。一方、安倍前首相は本気で再々登板を目論み、国会内で目ぼしい議員を呼び止めては決意を伝え復権活動に奔走している(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
東芝買収の提案は、福島原発がらみだ。今後、IAEAの協力を仰ぐにしても何にしても、ここで外資系になっていたほうが、廃炉事業を進めていきやすいという事情があり、東芝の買収話は避けられない。(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved