ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4733)
米国在住の個人投資家satoko女史 (52)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (5)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2594307
今日のアクセス: 569
昨日のアクセス: 637
RSS
カレンダー
<<2021年10月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年10月31日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策 第二章 親猶主義(1)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  
 第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策
 第二章 親猶主義(1)


 ユダヤ利用の危瞼……同祖論を警戒せよ……基督教徒賀川のユダヤ辨(弁)護論……八紘一宇の履(はき)違ひ。

 親猶主義の人々を見ると大体左の数種類あると思ふ

  ユダヤ人の親切に魅せられたるもの
  経済的學問的宗教的に制圧を受けたるもの
  功利的に彼等を利用せんとするもの
  同祖論に深入りしたるもの
  フリーメーソンの影響を受けたと認められるもの
  八紘一宇を履(はき)違へたるもの
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年10月30日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策 第一章 概 説 (2)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策

  第一章 概 説 (2)


目次

前回からのつづき

幾世紀かの間、此くしてユダヤ人は至る所放逐された、それはフランス革命以後ユダヤ人解放が行はれ、ユダヤ人と他の人民とが同等の待遇を受けると言はれて居る國からでも矢張叩き出されて居る。フランスや英國から、瑞西(スイス)の都市郡部から幾たびかユダヤ人が追ひ出されてゐる。今日或る國々からユダヤ人が放逐されつゝあってまだ其の終結を見ない。必ず他の國々も放逐することになるであらう。併し放逐と言ふことは猶太問題の解決にはならぬ。そこに自然法則といふものがあり、それは不變である。三千年の歴史はユダヤ人が自ら他民族と同化し得ないことを立証してゐる。ユダヤを放逐することは之を全世界に拡げて再出発をさせることを意味するのである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年10月29日 10時0分
10月23日に恒大集団の米ドル建て債券が不履行となってから28日まで、世界中で不安を煽り建てるようなことが続いた。そして29日には株式相場が大暴落するという情報が入ってきている。(satoko女史)
 
10月23日に恒大集団の米ドル建て債券が不履行となってから28日まで、世界中で不安を煽り建てるようなことが続いた。そして29日には株式相場が大暴落するという情報が入ってきている。(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは在米30年越の個人投資家satoko女史からの緊急特別情報である。
 すべてが予定通りに進行している。10月23日にEvergrande(恒大集団)の米ドル建ての債券の不履行があった。それから28日までは、世界中で目がクルクル回るようなことが起きている。イギリスのヒースロー空港で、ウィリアム王子の一家が目撃されたが、レンタルの待合室で3時間待って、一般の飛行機に乗っている。全く、一般人の扱いだ。もっとも、夏に妻ケイト・ミドルトンが60日間消えており、何かが起きている。現在のケイトはずい分若く見えるし、身長も高くなっているので、代役だと思う。日本の眞子様だって、結婚して一般人になり、ニューヨークの狭いマンションに住むことを選んだ。世界の王室は、そっちの方向に移行しているのだ。エリザベス女王死亡の正式発表ももうすぐだ。英連邦は、エリザベス女王がまだ君主なのだが、これも解体して、ゆるい連邦になろうとしている。世の中は、確実に変化している。11月には、アメリカでは、大物の逮捕が予測されている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月28日 12時39分
自公は野党共闘を野合と揶揄するが、自公連立の癒着の構図は「金権政治の自民党」に「創価組織票でたかる公明党」という金権腐敗政治そのもの。共産党が加わる野党共闘とはそこが違う。
 
自公は野党共闘を野合と揶揄するが、自公連立の癒着の構図は「金権政治の自民党」に「創価組織票でたかる公明党」という金権腐敗政治そのもの。共産党が加わる野党共闘とはそこが違う。

◆〔特別情報1〕
 これは政界事情通からの特別情報である。
 甘利明幹事長と安倍晋三元総理の間は、昔からベッタリ。森友学園以外にも、同じような学校関係の土地売買にいくつも関わっている。表に出たら大疑獄事件になるような学校関係の疑惑が少なくともあと4〜5件はある。なかには、品川の某校土地問題も含まれている。安倍グループは、学校関係でかなり裏金をとっている。もともと安倍が所属する清和会からは文教族議員を多く輩出してきているだけに、学校関係での裏金ルートはお手のものといわれている。オリンピック利権も清和会だ。
 一方、自民党と連立を組む公明党は、2012年12月26日に発足した第二次安倍政権以降、約9年間、公明党から国交大臣を7代連続(第18・19代太田昭宏、第20・21代石井啓一、第22・23代赤羽一嘉、第24代斉藤鉄夫)、一人2代を受け持つ形で輩出してきている。はっきり言って異常である。癒着まみれも甚だしい事態といえる。もっといえば、民主党政権時代を除けば、2004年9月27日の第二次小泉改造内閣から第一次安倍内閣を経て2007年9月26日の福田内閣までの3年間も、公明党から北側一雄と冬柴鐵三がそれぞれやはり二代ずつ(第5.6代と第7.8代)受け持っている。この自公政権癒着の構造は、まさに金権腐敗政治そのものといえる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年10月27日 10時56分
公明党が日本全体的に力をなくして得票数を減らしている。公明票の上積みで当選してきた自民党議員は、公明党の地盤沈下と野党共闘で厳しい結果になる。大阪では比例復活も見込めない。
 
公明党が日本全体的に力をなくして得票数を減らしている。公明票の上積みで当選してきた自民党議員は、公明党の地盤沈下と野党共闘で厳しい結果になる。大阪では比例復活も見込めない。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からのトップ情報である。
 参議院静岡選挙区の補欠選挙は、無所属で立憲民主党や国民民主党が推薦する山崎真之輔氏が初当選を果たした。ここは、川勝平太知事の応援が強かった。今回は立憲と国民は共闘し、共産党は別に候補者を出した。それでも自公は野党に5万票も負けた。知事の応援が強かったことと、あと、公明党が力をなくしているのも大きい。公明党が日本全体的に力をなくしている。しかし、それでも公明党は議席を1〜2議席増やすとみられている。もしくは横ばいか。全体的に力を弱めているものの、候補者を立てているところには、戦力を集中している。その分、公明票の上積みで当選してきた自民党議員は厳しい選挙になる。維新は、いま11議席だが、14議席増やして25議席くらいに増えるだろう。立憲はこの選挙戦、小沢一郎先生が頑張っている。145議席くらいまで伸ばすだろう。立憲はこの先、党首が変われば面白い政党になるだろう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/07 21:16 クレディ・スイス銀行は、現在の金融システムの崩壊の最初のドミノだ。クレジット・デフォールト・スワップの金額は、リーマンの時の10倍は行くのではないかと、もっぱらの噂だ。
10/07 21:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
10/06 23:39 もはや個々の議員が統一教会と関係を絶つこと以前に、自民党が統一教会と縁を切らなければならない。しかし岸田総裁では出来ない。そもそも統一教会は平気で嘘をついてきた。だから嘘で乗り切れると思っている。
10/05 21:05 ロシアとウクライナの実際の戦争は終わっているという話が出始めている。結局、朝鮮戦争と同じで、現状でとりあえず線引きをして停戦ということになる。それを公に発表するタイミングは11月だという。
10/04 22:35 日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景には、「菅グループ」立ち消えがある。維新と自民の強いパイプ役だった菅前首相は、もはや政局の表舞台には立てない深刻な状況にある。
10/03 21:37 岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。岸田政権を真に追いつめているのは、旧統一教会問題、国葬、物価高ではなく、アフリカ支援を約束した約4兆円が一番の火種として大問題となっている
10/02 13:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 規制緩和政策を推進する
10/01 12:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 小沢一郎の危機意識
09/30 21:58 安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
09/29 20:21 金融メルトダウンの第1歩を踏み出した。これと歩調を合わせるように、ロシアのガス・パイプライン、ノルド・ストリームの1と2が爆発音2回の後にガス漏れ。今週末には中の天然ガスは空っぽになる
最近のコメント
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved