ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5241)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (52)
米国在住の個人投資家satoko女史 (90)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2934659
今日のアクセス: 22
昨日のアクセス: 1850
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月30日 12時12分
いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには2−3年、もしくは4−5年はかかるだろう
 
いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには2−3年、もしくは4−5年はかかるだろう

◆〔特別情報1〕
 29日に行われた自民党総裁選は、表向きは自由投票としつつも、裏では重鎮たちの熾烈な駆け引きと買収が繰り広げられ、最終的に岸田文雄で決まった。安倍晋三がモーレツに推した高市早苗は重要ポストに就くことは確実で、副総理兼総務相という構想が早くから出ている。野田聖子は選対本部長といわれ、幹事長には甘利明もしくは萩生田光一、総務会長でも萩生田の名前が茂木敏充とともにあがっている。安倍の高市推しでは、妖怪変化である母・洋子夫人が資金源とみられるカネをバラ撒き、買収選挙でしっかり爪痕を残した。一方、河野太郎は「カネはない」と言い切り、推薦人たちは自腹で支持を訴えていたという。

 以下は在米30年の個人投資家Satoko女史からのトップ情報である。
 いよいよアメリカの大転換点が近づいてきて、まさにカウントダウンの状態だ。10月半ばには新しい世の中への変換が始まる。変換が完全に終了するまでには、2−3年、もしかしたら4−5年はかかるだろうし、人々には苦痛なこともあるかもしれないが、6000年のくびきから解放されるのだから、そこはみんなで我慢して乗り越えていこう。アリゾナ州マリコーパ郡の大統領選の監査結果もやっと発表された。マリコーパ郡だけでも、二重投票1万7千票等、6万票が問題ありだ。これで、ジョージア、ペンシルバニア等、他の州でも監査が続々始まる。トランプの大統領復帰だ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2021年9月29日 11時48分
◆総裁選直前の最新情報◆28日夜、「安倍晋三・二階俊博・林幹雄」の三者会談により、総裁選は岸田文雄で最終調整したという。
 
 二階派重鎮から総裁選最新情報が以下のように届いた。
 28日夜、「安倍晋三・二階俊博・林幹雄」の三者会談により、総裁選は岸田文雄で最終調整したという。二階は安倍に二階派の処遇を頼んだ。安倍の仲介で、岸田と二階が面談、二階派から衆議員議長とその他の大臣ポストも確約した。衆議員議長は河村建夫の見込み。菅首相は訪米した際、河野支持を打ち明けたが「ノー」を突き付けられた。河野ファミリー企業「日本端子」と中国との関係が原因とみられている。第一回目の投票で、河野が一位になるものの、岸田との差はかなり縮まる。決選投票で、岸田になるだろう。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。

◆〔特別情報1〕
 以下は、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 世界の枠組みが変わるのではないかとみられる米英豪軍事同盟「AUKUS(オーカス)」。米国からオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術が提供されるため、オーストラリアはフランスと契約していた約4兆円規模の潜水艦製造契約が破棄することとなった。これについて発表の数時間前に知ったというフランス政府はカンカンになり、両国に駐在している大使を呼び戻してしまった。そもそもこれは、完全に米国と英国のゴリ押し。もっといえば、英国ロスチャイルド家と仏国ロスチャイルド家の仲が悪く、それで仏国が外されたということだ。仲が悪いのは昔からで、今回の件は、仏国は劣勢に立たされた。英国ロスチャイルド家が米国FRBを押さえているので、つまりイコール米国を押さえているということであり、この構図に仏国はどうしたって勝てない。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

(転載・引用・転用厳禁)
[続きを読む]
  [コメント (0)]



2021年9月29日 10時50分
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。
 
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。

◆〔特別情報1〕
 以下は、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 世界の枠組みが変わるのではないかとみられる米英豪軍事同盟「AUKUS(オーカス)」。米国からオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術が提供されるため、オーストラリアはフランスと契約していた約4兆円規模の潜水艦製造契約が破棄することとなった。これについて発表の数時間前に知ったというフランス政府はカンカンになり、両国に駐在している大使を呼び戻してしまった。そもそもこれは、完全に米国と英国のゴリ押し。もっといえば、英国ロスチャイルド家と仏国ロスチャイルド家の仲が悪く、それで仏国が外されたということだ。仲が悪いのは昔からで、今回の件は、仏国は劣勢に立たされた。英国ロスチャイルド家が米国FRBを押さえているので、つまりイコール米国を押さえているということであり、この構図に仏国はどうしたって勝てない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年9月28日 7時0分
習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。
 
習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からのトップ情報である。
 遂に、中国の恒大集団デフォルト危機に直面している。これはひどい話だ。元々は不動産事業でマンション開発を手掛けてきたところで、多角的に電気自動車もやったりしているけれども、完全な国営企業だ。中国の銀行も当然、国営であり、国営銀行が国営の恒大集団にバンバン融資をしてきていた。アジアの強豪サッカーチーム「広州FC」の親会社でもあり、なぜ国営企業の恒大集団がサッカーチームを所有したかというと、習近平が大のサッカー好きだったからだ。習近平の指示で、サッカーのフィールドが50面ほどある学校をつくって育成に力を入れてきた。ところが恒大集団は、売上が12兆円なのに、負債は33兆円もある。これまでは銀行が支えてきたところを今回、習近平がいきなり梯子を外した。それには理由が2つある。ひとつは、四川省で起きた水害により、恒大集団がつくっていたマンションの多くが倒壊してしまったこと、これが引き金となっている。水害は四川省だけに留まらず、上海近くまでビルが倒壊してしまっている。それで二進も三進もいかなくなってしまった。そしてもうひとつは、いまの時点で既に販売しているマンションで、工事が止まっている物件に入居予定の人が526万人いる。中国国内の格差が広がり、そうしたマンションを北京では4億円くらいで販売している。その工事が止まってしまっていて、人民からの不満がものすごいことになっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月27日 12時27分
菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。
 
菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 河野派陣営に対する、高市を推す組織からのイヤガラセは日を追うにつけてヒートアップしてきている。連日のように、電話による脅しや嫌がらせはもちろん、推薦人の自宅や事務所に「お前殺すぞ」という張り紙をされるなどの恫喝が続いている。ある推薦人は、身の危険も感じるようになり、警察に通報して警護を頼んだと、涙ながらに訴えてきたという。
 そうした状況のなか9月25日、信じがたい情報が飛び込んできた。二階俊博幹事長と安倍晋三前首相が「高市支持」で手を組んだという話だ。取り持ったのは、安倍の実母・安倍洋子夫人だという。もともと、二階が顧問を務めるモンゴル友好議員連盟の関係で、モンゴルへの訪問に洋子夫人を招待したことから、安倍家の家族会議に呼ばれるほど洋子夫人から大きな信頼を得てきている。洋子夫人が、菅首相訪米のタイミングを見計らって、「二階・安倍」連合に動いたとみられる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
02/25 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「二大政党に収斂されていく」
02/24 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「総理大臣になること」と「日本一新すること」
02/23 23:59 筆者持論「日本の景気10年サイクル」に照らし、史上最高値更新を検証。時の政権との兼ね合いを過去から分析すると、ここから本格上昇への可能性が見えてきた。ただし、政権について外せない必須条件がある。
02/22 23:59 世界的なAI技術者は「生成AI」開発拠点を日本と定めており、34年間も突破できなかった史上最高値がようやく更新された。一方、熊本・長崎の半導体新設工場は、求人募集をかけども人材は集まってきていないとい
02/21 23:31 岸田首相、「4月の訪米」は立ち消えるも、6月には日朝首脳会談に向けての訪朝が決まりつつあるという。つまり、4月の「やけくそ解散」ではなく、6月の「会期末解散」が有力ということだ。
02/20 23:59 医療・介護分野での報酬引き上げが続くなか、訪問介護の基本報酬引き下げは、介護分野で問題視されてきた「囲い込み・過剰介護」への改革と想定される。とはいえ、介護制度は抜本的な改革が求められ、実質破綻に向か
02/19 23:30 岸田首相の4月「国賓待遇」訪米と、極秘根回しを試みてきた日朝首脳会談。これら支持率浮揚の秘策に、暗雲が立ち込めている。「国賓待遇」訪米は、実現するのか。「キャセル」されたという噂が出てきている。
02/18 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●政治家は、「二つの相矛盾する目的」を成就しなければならない職業である
02/17 21:47 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第9章「日本一新」の戦略と戦術  ●民主党第六代代表に選ばれる
02/16 23:59 タッカーのプーチン・インタビューが公開されてから1週間、世界大変革劇場はピークに達する瞬間をむかえようとしている。モスクワに亡命中のスノーデンと、タラ・リードもインタビューしている。
最近のコメント
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(板垣英憲)
定期購読の方法(武田憲明)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(板垣英憲)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved