ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4721)
米国在住の個人投資家satoko女史 (50)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (3)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2586555
今日のアクセス: 157
昨日のアクセス: 470
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月19日 13時54分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第三章 満洲事變
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第三章 満洲事變


 不戦條約とユダヤ……希、勃國境守備兵射撃事件……フリーメーソン王正廷の演説。

 上述の如くフリーメーソンの勢力下にある英米等は、華府(ワシントン)會議に引續き九ケ國條約を締結して、日本勢力の大陸に及ぶのを妨げんとしたが、更に米國側から一般的平和工作に見せかけてケロッグ=ブリヤン條約即ち世に所謂不戦條約を造った。其の殺意は、知らない人は平和思想を懐く政治家から出たと思つてゐるが、實は米國シカゴに住むユダヤ人の弁護士レーヴインソンが発案者で、之を條文に書いてやったのが米國の國際法學者で國際聯盟にも来てゐたショットウエール博士である。それに就ては、上海のユダヤ雑誌イスラエルス・メッセンジヤーも之は世間周知の筈だと報じてゐる。ショットヴェール博士はその後日本を訪問し、東京の日比谷公會堂に於て演説をして、この平和の基石たる立派な條約も、締約國にして之を遵守する誠意と熱意が欠けて来れば一片の反古紙(ほごし)に等しくなると豫告して帰つたが、九ヶ國條約、不戦條約などを國際聯盟で問題にする様になったのも皆フリーメーソンやユダヤ人等が豫め"陥(おと)し穴"を掘つて置いて眼かくしを施した武士を導いた形になってゐる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月18日 14時18分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第一章 序論  第二章 フリーメーソンの東洋政策
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 第七篇 現代のユダヤ運動

  第一章 序論
  第二章 フリーメーソンの東洋政策

 第一章 序論

 今や世界は大動乱の最中である、此の渦の中で挙措を誤らず、天與の大使命に邁進するには地面、水面ばかりに現はれた現象を見詰めるのでなく、地下、水中、上空の動きを知らなければならぬ。
前篇迄に説き来つた處はその観測の予備作業であって、實際必要なのは之から説かんとする所である。
 以下述べる所は素より今世紀に入ってすぐ起った事件の直接延長であって因果開係に結ばれて居るが、前篇は第一世界大戦を中心とし、その結末迄を説き、本篇に於ては第二世界大戦の序幕から皇紀二千六百年の終り迄、印ちユダヤの五千七百年末つ方迄のユダヤ運動を叙するのである。生きた歴史であって新鮮な材料であるけれども、現代活躍の人士の言行に闘する事が多いので、書物としては現はれないで情報の範囲に止るものが少くない。併し之を除外するときは全貌が判らなくなるので之を取入れた。後日補足修正を要するものもあると思ふから予め之を諒(りょう)とせられたい。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月17日 16時56分
今回の総裁選は、米国の意向としては「安倍・麻生」潰しのための総裁選ということになり、「二階・菅VS安倍・麻生」の戦いは、「二階・菅」に軍配が上がる。新政権は、安倍・麻生を外した挙党体制となる。
 
今回の総裁選は、米国の意向としては「安倍・麻生」潰しのための総裁選ということになり、「二階・菅VS安倍・麻生」の戦いは、「二階・菅」に軍配が上がる。新政権は、安倍・麻生を外した挙党体制となる。

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの総裁選トップ情報である。
 我々、日本のゴールドマン・ファミリーズ・グループのなかでは、岸田文雄前政調会長の評価は極めて低い。菅首相は、実はバイデン大統領を含めて米国からの評価が非常に高く、国連総会にも呼ばれていた。ただ、国連総会へは出席せず、ビデオメッセージとなるけれども、9月24日25日に訪米することが決まっている。退陣する総理が訪米するということは、超異例中の異例のことだ。今回の総裁選に関して、米国がどう見ているかという観点からいうと、日本の見方とは違う結論にたどりつく。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月16日 17時35分
野田聖子が総裁選に出馬すると、河野太郎の一発当選は難しい。麻生派のなかの河野支持者の一人は「野田聖子出馬の裏には、河野太郎潰しがある」と漏らしている。いずれにしても麻生派は分裂。
 
野田聖子が総裁選に出馬すると、河野太郎の一発当選は難しい。麻生派のなかの河野支持者の一人は「野田聖子出馬の裏には、河野太郎潰しがある」と漏らしている。いずれにしても麻生派は分裂。

◆〔特別情報1〕
 本日も自民党二階派「志帥会」重鎮からの自民党総裁選の最新情報である。
 野田聖子が総裁選に出馬すると、票が割れて、河野太郎の一発当選は難しい。麻生派のなかの河野支持者の一人は、「野田聖子の出馬の裏には、河野太郎潰しがある」と漏らしている。野田聖子の出馬には、元夫で二階派所属の鶴保庸介が動いている。一方、菅首相就任当初からしばらくの間、菅首相の朝食会に出ていた二階の側近で幹事長代理の林幹雄は、菅首相から頼まれて河野支持だ。同じく二階派で、もともとは石破支持だった武田良太総務相も、いまは河野支持になっている。ところが、同じ二階派の鶴保庸介が野田聖子支持で動くと、情勢はわからなくなってくる。二階はまだ誰を支持するかは明言していない。野田聖子はこの一年間、幹事長代行として二階幹事長の横にベッタリついて世話を務めてきている。かつて二階は、「菅の次は野田聖子を総理にしたい」と口にしたことがあった。河野が総裁選で当選するかどうかは、野田聖子の出馬の可否で決まる。野田聖子が出馬となると、河野の一発当選は難しい。野田聖子が出ようが出まいが、決選投票まで持ち込まれると河野は負ける。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月15日 16時24分
総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。
 
総裁選一発当選を狙う河野太郎。麻生派53人のうち、30人が河野を支持し、各議員は手持ちの党員約1000人に電話をかけまくって支持を依頼。しかし、麻生太郎はどんな手を使ってでも河野を通させない。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの総裁選情報である。
 石破茂が出馬を断念して河野支持にまわった。あと福田達夫衆議院議員が代表世話人に就任した「党風一新の会」に90人が参加した。小泉進次郎も記者会見を開き、河野太郎支持を明言した。これで若手の多くは河野太郎に入れることになるだろう。河野太郎にとっては追い風となっているとみるけれども、「党風一新の会」に90人にしても、自主投票には変わりはないので、90人のうちどれだけ河野支持にまわるかはまだわからない。しかし河野太郎が当選するには、さらに若手が団結していかないと厳しいだろう。決選投票になったら、河野太郎はいまのままでは勝てない。最初の投票で、過半数以上とらないと難しい。実は、まだ二階幹事長は誰を支持するとも明言していない。ただ菅首相は河野太郎の支持を二階に頼んできているので河野支持になるだろう。河野が総理になった場合は、二階を副総理にするという話も出ている。岸田のところからは、副総理の話すら出てきていない。二階が、岸田を支持することは、まず考えられない。ただ、もともと河野は仲間をつくってきていない、そこが最後に響くことになるかもしれない。いまのところ、各派閥に投票の縛りはないということになっている。いまの段階で、麻生派53人のうち、30人が河野太郎を支持している。各議員は、地元の手持ちの党員約1000人に電話で支持を依頼している最中のようだ。河野は、国民の人気は高いものの、同じように党員の人気があるかというと、そうとは言い切れない。ただし今回、石破が出馬せずに河野支持にまわったことは、党員票が河野に上積みされる可能性は出てきた。河野としては、一発当選を狙っているだろう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/25 16:33 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 十年後に消費税を10%に引き上げる。
09/24 16:09 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) はじめに 日本改造計画をドラスティックに実行する時
09/24 16:05 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 目次
09/23 22:27 旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。
09/22 20:19 ロシアのウクライナ侵攻から7か月目の9月24日夜、ユダヤの新年が始まる。この前後、みんなが期待する大きなイベントがあるだろう。今後2か月間、11月24日の感謝祭までは、世の中が急速に変化する
09/22 20:18 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
09/21 20:55 憲法改正に向けて水面下では、自民、公明、維新が協調している最中、突如として立憲と維新が臨時国会に向けて「共闘」すると発表した。くすぶり続ける統一教会問題の与野党手打ちへ向けた「火消し共闘」か
09/20 23:49 岸田政権の支持率は各紙下落した。自民党はあまりに統一教会と一体化してしまっていたため、問題の深刻さに鈍感だった。日本国民は安倍銃撃によって目覚め、冷静な判断のもと、自民党を支持できなくなっている。
09/19 15:18 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) あとがき
09/18 11:11 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(2)
最近のコメント
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(社会科の再履修を進める会)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved