ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4388)
米国在住の個人投資家satoko女史 (26)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (103)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2356745
今日のアクセス: 769
昨日のアクセス: 756
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月23日 14時34分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(2)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第四章 第二世界大戦の序幕(其一)

  支那事變(2)


 皇紀二千五百九十七年、即(すなわち)事變勃發の年の三月、上海郊外復旦大學教授連の機関雑誌「文摘」には日支戦争未来記が掲載せられた。それには多敷の数字を羅列して日支両國々力の比較をし、結論としては、日本は交戦年を重ぬれば物資の不足が原因となって人民に不平不満が起り、終には権力者に對する反抗となって内部から瓦解する、従って最後の勝利は支那に帰すると言ふのである。
 父其の頃米國の一學者が支那に旅行して有名な馮(ふう)将軍に面會すると、将軍曰く、支那は近く抗日戦を開始するが、之には三年の準備が完了してゐる。實は一年経過すれば日本は物資の欠乏から紛糾が起って内部崩壊を起すから三年は必要は無いけれども、念の為に予備を取って三年とした。遠からず始めると云ふことを豪語した。此事はその學者から直接聞いた事で確實である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月22日 17時24分
豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う
 
豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う

◆〔特別情報1〕
 総裁選で若手の支持を集めて勢いをつけていた河野太郎だが、文春砲により、親族企業「日本端子」と中国との関係および太陽光ビジネスとの関連まで取り沙汰され、話題を呼んでいる。かつて、福田赳夫元首相(福田康夫首相の父親)の資金スポンサーだった男に小針暦二という人物がいた。佐藤栄作政権の末期から始まったいわゆる「角福戦争」の戦いの水面下では、小佐野賢治(田中陣営)VS小針暦二(福田陣営)の実弾(資金)合戦があった。この小針暦二は、政商と呼ばれる前は大阪で不動産業を営み、関西財界の政商であった江商会長・駒村資正に食い込み、河野太郎の祖父・河野一郎の間の使い走りをしていたといわれている。豪農河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追ってみた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月21日 16時36分
自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。
 
自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの総裁選情報である。
 河野陣営は、地方票を6割くらい取りたいと苦心惨憺している。383票のうち240票くらい取りたようだ。国会議員票が143票くらい見込んでいる。合計383票でギリギリ過半数となる。岸田が地方票110の国会議員票65で合計175。高市が地方票100の国会議員票55の合計155。野田が地方票30と国会議員票23の合計53。表にまとめると以下のとおり。

候補者  地方票 国会議員票  合計
河野太郎   240   143    383
岸田文雄   110    65    175
高市早苗   100    55    155
野田聖子    30    23     53
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月20日 17時32分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(1)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第四章 第二世界大戦の序幕(其一)

  支那事變(1)


 蒋介石の第二世界大戦預言……第三インターの日、獨各個撃破決議……日本赤化為支那利用を謀る……西安事件、復旦大學の日支戦豫想……事變前上海の國際會合……盧溝橋事件……支那友の會

 満洲事變が今回の支那事變の一大動機を形成した事は争ふべがらざる事實である。而てその満洲事變駅が如何に國際秘密力の尽力により準備され指導されたかを説いた。
 満洲事變の年の一月元日午前蒋介石は上海に於て或る秘密會合の席上次の意味の演説をした。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月19日 13時54分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著 第七篇 現代のユダヤ運動  第三章 満洲事變
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第三章 満洲事變


 不戦條約とユダヤ……希、勃國境守備兵射撃事件……フリーメーソン王正廷の演説。

 上述の如くフリーメーソンの勢力下にある英米等は、華府(ワシントン)會議に引續き九ケ國條約を締結して、日本勢力の大陸に及ぶのを妨げんとしたが、更に米國側から一般的平和工作に見せかけてケロッグ=ブリヤン條約即ち世に所謂不戦條約を造った。其の殺意は、知らない人は平和思想を懐く政治家から出たと思つてゐるが、實は米國シカゴに住むユダヤ人の弁護士レーヴインソンが発案者で、之を條文に書いてやったのが米國の國際法學者で國際聯盟にも来てゐたショットウエール博士である。それに就ては、上海のユダヤ雑誌イスラエルス・メッセンジヤーも之は世間周知の筈だと報じてゐる。ショットヴェール博士はその後日本を訪問し、東京の日比谷公會堂に於て演説をして、この平和の基石たる立派な條約も、締約國にして之を遵守する誠意と熱意が欠けて来れば一片の反古紙(ほごし)に等しくなると豫告して帰つたが、九ヶ國條約、不戦條約などを國際聯盟で問題にする様になったのも皆フリーメーソンやユダヤ人等が豫め"陥(おと)し穴"を掘つて置いて眼かくしを施した武士を導いた形になってゐる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/28 12:39 自公は野党共闘を野合と揶揄するが、自公連立の癒着の構図は「金権政治の自民党」に「創価組織票でたかる公明党」という金権腐敗政治そのもの。共産党が加わる野党共闘とはそこが違う。
10/27 10:56 公明党が日本全体的に力をなくして得票数を減らしている。公明票の上積みで当選してきた自民党議員は、公明党の地盤沈下と野党共闘で厳しい結果になる。大阪では比例復活も見込めない。
10/26 07:00 日本の知事や市長は、オーストラリアの州知事の辞任の話を知っているのだろうか。そして、その上の政治家、首相や大臣、さらには官僚だって、今はクビの皮一枚だとわかっているのだろうか。(satoko女史)
10/25 07:00 空き家のホワイトハウスが照明で赤くなり、Red Octoberが始まった。私たちは、歴史の転換点に突入した。1年半前には何もわからなかった人たちが、どんどん覚醒していっている。(satoko女史)
10/24 13:52 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第八篇 日本の対猶太、対フリーメーソン策 第一章 概説
10/23 13:00 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (2)
10/23 12:58 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
10/22 17:46 控訴を突如取り下げ、3年の実刑判決が確定した河井克行は、人身御供。取引に応じた。刑が確定したことで、今後この事件については一切、調べられない。
10/21 17:44 「Dappi」運営企業が開示された蟻の一穴から、右傾化する自民党を支える組織がみえてきた。日本全体に根を張った巨大な自民党支援組織に対抗するには、野党共闘は必然。
10/20 17:46 側近のスパイ行為により「二階・菅ライン」は瓦解。出馬さえ危ぶまれていた菅義偉前首相と二階俊博前幹事長だったが、「もう一度がんばる」と再起をかけて出馬、巻き返しを約束したという。
最近のコメント
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved