ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4358)
米国在住の個人投資家satoko女史 (23)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (95)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2332893
今日のアクセス: 304
昨日のアクセス: 782
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月8日 7時0分
政権浮揚には不発だった東京オリ・パラに続く、これから始まる次なる出し物「自民党総裁選」は、まさにコロナ対策そっちのけで頼みの綱とするしかない自民党政権「敗軍の将」を決めるイベントとなる。
 
政権浮揚には不発だった東京オリ・パラに続く、これから始まる次なる出し物「自民党総裁選」は、まさにコロナ対策そっちのけで頼みの綱とするしかない自民党政権「敗軍の将」を決めるイベントとなる。

◆〔特別情報1〕
 長引くコロナ禍のなか国会を開くことなく日本の政界では、安倍政権を引き継いだ菅首相が辞め方まで安倍にならって、突然政権を放り出すこととなってしまった。それもこれも、断末魔の自民党最後のあがきであり、政権浮揚には不発だった東京オリ・パラに続く、これから始まる次なる出し物「自民党総裁選」は、まさにコロナ対策そっちのけで頼みの綱とするしかない自民党政権「敗軍の将」を決めるイベントとなるということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月7日 16時16分
菅首相が総裁選不出馬を発表した9月3日まで5日間かけて、小泉進次郎が辞任を進言。これで小泉進次郎に自民党若手議員が付き、菅グループとともに河野太郎を支持。菅・二階VS安倍・麻生の戦いは続く
 
菅首相が総裁選不出馬を発表した9月3日まで5日間かけて、小泉進次郎が辞任を進言。これで小泉進次郎に自民党若手議員が付き、菅グループとともに河野太郎を支持。菅・二階VS安倍・麻生の戦いは続く

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの特別情報である。
麻生派に所属している河野太郎の総裁選出馬は、会長である麻生は支持しないものの、麻生派からは若手30人強が河野を支持するとみられている。昔から麻生についてきたベテラン議員たちは麻生の意向に従い、岸田支持になる。それから菅首相率いる無派閥40人くらいが河野太郎を支持するだろう。二階俊博幹事長としては、二階降ろしの口火を切った岸田文雄のことは許さない。そのため、菅首相から頼まれれば、二階派は河野太郎を支持することになる。
 菅首相が総裁選不出馬を発表した9月3日までの5日間、小泉進次郎は菅首相に辞任を進言し説得していた。父・小泉純一郎が進次郎に知恵をつけていたともいわれている。これで、小泉進次郎に自民党の若手議員がかなり付くだろうし、総裁選では河野太郎を支持することになる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月6日 15時57分
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。
 
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」の重鎮からの特別情報である。
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。菅首相としては、二階を交代させるつもりではなかったのだが、支持率も下がり、批判も後を絶たず、解散に向けて何か起爆力のあることを格好よく持って行こうとしたのだろう。それが二階幹事長の交代だった。しかし、それが間違いだった。つまり、菅首相は総裁選よりも前に解散を打とうとし、解散のの前に内閣を改造し自民党人事を変えることで衆議院選挙を有利に持っていこうと考えた。しかし、幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相に道がなくなってしまった。解散が打てないとなると、総裁選が先になる。しかし、二階を交代させるとしたことで、もはや二階派の支持は得られない。二階派の票が得られなければ、総裁選に出ても勝ち目はない。目玉人事として二階を交代させようとしたことが、自ら続投の道を塞いで落ちてしまった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年9月5日 13時56分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動 ― 第六章 パレスタインの復興(1)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第六章 パレスタインの復興(1)


 アインシュタインの演説……今回の大戦前猶太人此問題を重視す……英國の二重約束……バルフォア宣言……大猶太國論。

 ユダヤ民族の實際運動の中でパレスタインがユダヤ人の手に戻ったと云ふことは、實に大きな問題である。併しあの最爾たる地中海東岸の小区域が誰の手に帰しようと大した事には考へない人もある。
それは前に述べた前世紀末に於けるユダヤ解放の三策中第二が破れ第一と第三が残った、その片割れであり、世界大戦眞因の一つに算(かぞ)へられることを讀破した人の眼から見れば容易ならざる問題である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年9月4日 11時27分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (3)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第五章 獨逸(ドイツ)革命と猶太 (3)


前回からの続き

 獨逸革命を終るに先(さきだ)ち是非共叙述しなければならぬことは、第一世界大戦間ドイツが猶太懐柔に力を尽したるに拘らず上述の如く、ユダヤ人の為に革命で倒された事實である。之は現今日本に於てもユダヤ人懐柔を真剣に考へて居る人士も朝野にある様だから參考の為にユダヤ人の文献を借りて稍々(やや)詳説する。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
09/29 10:50 米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。
09/28 07:00 習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。
09/27 12:27 菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。
09/26 16:27 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(2)
09/25 13:18 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動  第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(1)
09/24 13:13 谷垣から二階に幹事長が交代したときから始まった「安倍・麻生潰し」は総裁選がトドメとなり、河野政権で女性宮家・女性天皇を容認するよう皇室典範改正に着手することになる。
09/23 14:34 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第四章 第二世界大戦の序幕(其一) 支那事變(2)
09/23 14:30 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
09/22 17:24 豪農の河野家から朝日新聞記者を経て政治家となった河野太郎の祖父・河野一郎と、後に政商と呼ばれる小針暦二との関係から、政治家・河野太郎の源流を追う
09/21 16:36 自民党総裁選 高市陣営は、独自の電話作戦で連休中に河野・岸田に猛追、決選投票は岸田と高市で争うことを想定しているという。河野陣営は、推薦人のもとに脅迫めいた電話が頻発していたという。
最近のコメント
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(一読者)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(反IOC同盟)
感染拡大が収まらないコロナ禍のなか、「安心安全な五輪」など不可能であることはわかりきったこと。これを「パラレルワールド」と責任回避する、ぼったくり男爵の無神経さに反感と怒り倍増(PoliticsCleanar)
五輪開催中に秋の政局が決まる。菅首相のまま9月に衆議院を解散して10月総選挙、その後、自民党総裁選となる。自民党惨敗を見越して、既に菅首相は、選挙後に続投する気はなく辞任する。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved