ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4377)
米国在住の個人投資家satoko女史 (25)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (101)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2348804
今日のアクセス: 112
昨日のアクセス: 579
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年9月29日 11時48分
◆総裁選直前の最新情報◆28日夜、「安倍晋三・二階俊博・林幹雄」の三者会談により、総裁選は岸田文雄で最終調整したという。
 
 二階派重鎮から総裁選最新情報が以下のように届いた。
 28日夜、「安倍晋三・二階俊博・林幹雄」の三者会談により、総裁選は岸田文雄で最終調整したという。二階は安倍に二階派の処遇を頼んだ。安倍の仲介で、岸田と二階が面談、二階派から衆議員議長とその他の大臣ポストも確約した。衆議員議長は河村建夫の見込み。菅首相は訪米した際、河野支持を打ち明けたが「ノー」を突き付けられた。河野ファミリー企業「日本端子」と中国との関係が原因とみられている。第一回目の投票で、河野が一位になるものの、岸田との差はかなり縮まる。決選投票で、岸田になるだろう。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。

◆〔特別情報1〕
 以下は、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 世界の枠組みが変わるのではないかとみられる米英豪軍事同盟「AUKUS(オーカス)」。米国からオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術が提供されるため、オーストラリアはフランスと契約していた約4兆円規模の潜水艦製造契約が破棄することとなった。これについて発表の数時間前に知ったというフランス政府はカンカンになり、両国に駐在している大使を呼び戻してしまった。そもそもこれは、完全に米国と英国のゴリ押し。もっといえば、英国ロスチャイルド家と仏国ロスチャイルド家の仲が悪く、それで仏国が外されたということだ。仲が悪いのは昔からで、今回の件は、仏国は劣勢に立たされた。英国ロスチャイルド家が米国FRBを押さえているので、つまりイコール米国を押さえているということであり、この構図に仏国はどうしたって勝てない。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

(転載・引用・転用厳禁)
[続きを読む]
  [コメント (0)]



2021年9月29日 10時50分
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。
 
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。

◆〔特別情報1〕
 以下は、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 世界の枠組みが変わるのではないかとみられる米英豪軍事同盟「AUKUS(オーカス)」。米国からオーストラリアに原子力潜水艦の建造技術が提供されるため、オーストラリアはフランスと契約していた約4兆円規模の潜水艦製造契約が破棄することとなった。これについて発表の数時間前に知ったというフランス政府はカンカンになり、両国に駐在している大使を呼び戻してしまった。そもそもこれは、完全に米国と英国のゴリ押し。もっといえば、英国ロスチャイルド家と仏国ロスチャイルド家の仲が悪く、それで仏国が外されたということだ。仲が悪いのは昔からで、今回の件は、仏国は劣勢に立たされた。英国ロスチャイルド家が米国FRBを押さえているので、つまりイコール米国を押さえているということであり、この構図に仏国はどうしたって勝てない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年9月28日 7時0分
習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。
 
習近平が梯子を外し、国営銀行が融資を止めた恒大集団のデフォルトは避けられない。恒大集団だけのデフォルトには留まらず中国経済は連鎖破綻する。これで習近平体制崩壊のカウントダウンになっていく。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からのトップ情報である。
 遂に、中国の恒大集団デフォルト危機に直面している。これはひどい話だ。元々は不動産事業でマンション開発を手掛けてきたところで、多角的に電気自動車もやったりしているけれども、完全な国営企業だ。中国の銀行も当然、国営であり、国営銀行が国営の恒大集団にバンバン融資をしてきていた。アジアの強豪サッカーチーム「広州FC」の親会社でもあり、なぜ国営企業の恒大集団がサッカーチームを所有したかというと、習近平が大のサッカー好きだったからだ。習近平の指示で、サッカーのフィールドが50面ほどある学校をつくって育成に力を入れてきた。ところが恒大集団は、売上が12兆円なのに、負債は33兆円もある。これまでは銀行が支えてきたところを今回、習近平がいきなり梯子を外した。それには理由が2つある。ひとつは、四川省で起きた水害により、恒大集団がつくっていたマンションの多くが倒壊してしまったこと、これが引き金となっている。水害は四川省だけに留まらず、上海近くまでビルが倒壊してしまっている。それで二進も三進もいかなくなってしまった。そしてもうひとつは、いまの時点で既に販売しているマンションで、工事が止まっている物件に入居予定の人が526万人いる。中国国内の格差が広がり、そうしたマンションを北京では4億円くらいで販売している。その工事が止まってしまっていて、人民からの不満がものすごいことになっている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月27日 12時27分
菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。
 
菅首相訪米中、安倍晋三前首相の母・洋子夫人が動き、二階俊博幹事長が「高市支持」で安倍と手を組んだという。自民党総裁選は恫喝・イヤガラセに加え、お得意の買収合戦が猛烈に繰り広げられている。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 河野派陣営に対する、高市を推す組織からのイヤガラセは日を追うにつけてヒートアップしてきている。連日のように、電話による脅しや嫌がらせはもちろん、推薦人の自宅や事務所に「お前殺すぞ」という張り紙をされるなどの恫喝が続いている。ある推薦人は、身の危険も感じるようになり、警察に通報して警護を頼んだと、涙ながらに訴えてきたという。
 そうした状況のなか9月25日、信じがたい情報が飛び込んできた。二階俊博幹事長と安倍晋三前首相が「高市支持」で手を組んだという話だ。取り持ったのは、安倍の実母・安倍洋子夫人だという。もともと、二階が顧問を務めるモンゴル友好議員連盟の関係で、モンゴルへの訪問に洋子夫人を招待したことから、安倍家の家族会議に呼ばれるほど洋子夫人から大きな信頼を得てきている。洋子夫人が、菅首相訪米のタイミングを見計らって、「二階・安倍」連合に動いたとみられる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年9月26日 16時27分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二) 欧洲大戦(2)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第七篇 現代のユダヤ運動

 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)
 
  欧洲大戦(2)


 以下この開戦に至る間に於けるユダヤ側の開戦促進に関する若干の事實を明にして、本戦争がユダヤ戦争の一種たることを明にし、今後の発展に於て之を知らずして盲進するの危瞼を指摘せんとする。
 墺(オーストリア)はチェツコ、スロワーキヤ、ハンガリヤを包含する墺匈國(オーストリア・ハンガリー)國時代にはユダヤ人口二百二十五萬を有する世界に於ける第三位の大ユダヤ居住地であって、その勢力は各界に深く侵入して居た、第一世界大戦も墺國(オーストリア)が主役となって起ったのである。ヒットラーの"我が戦闘(マイン・カンフ)"を繙くとき、先づ注意されるのは彼の子供心に映じたユダヤ問題である。日本婦人を母とする伯爵クーデンホフ・カーレギーがフリーメーソンに加盟し、ユダヤ女優を妻とし、その使嗾を受けて汎ヨーロッパ運動を展開したのも墺國(オーストリア)首都ウインからである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/17 16:50 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (1)
10/16 14:44 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)欧洲大戦(7)
10/16 13:02 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
10/15 17:02 10月からの食料品の値上げが目立つなか、資材不足による品薄状態が長期化、ハイパーインフレかと思うほどハイスピードで物価が上
10/14 16:14 岸田首相の弱点は、自民党のなかでも最も平和主義的な池田勇人の流れを汲んできているうえに軍事問題については、相変わらずノー天気な状態に陥っている。防衛論議は、選挙結果にも大きな影響を及ぼす。
10/13 16:25 10月19日衆院選公示に向けて、菅前首相とともに二階前幹事長の去就と二階派動向が注目されるなか、総裁選で敗れた河野太郎広報本部長は「冷や飯会」を立ち上げ「河野派」設立に動き始めた。
10/12 16:41 山本太郎が東京8区から出ていれば、自民党崩壊の蟻の一穴となり、野党共闘の成功が日本全体に波及しただろう。しかし山本太郎は断念した。調整できなかった枝野代表の責任は大きい。そして山本太郎は株を上げた。
10/11 13:19 山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。
10/10 14:50 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動  第五章 第二世界大戦の序幕(其二)  欧洲大戦(6)
10/09 14:27 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動  第五章 第二世界大戦の序幕(其二)欧洲大戦(5)
最近のコメント
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)
ワクチンの有効性を信じてずっと研究してきた第一線の科学者たちが、治験も完了してない遺伝子療法を「ワクチン」と称して接種していることに憤っており、内部告発が続出している。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved