ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4638)
米国在住の個人投資家satoko女史 (48)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (27)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2532616
今日のアクセス: 82
昨日のアクセス: 756
RSS
カレンダー
<<2022年01月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年1月24日 14時9分
日米首脳オンライン会談 「話す力」だけの大統領に「聞く力」だけの総理の構図。日本の立場を説明しない岸田首相では、いつしか自衛隊派遣に合意せざるを得ない状況に持っていかれる危険性大
 
日米首脳オンライン会談 「話す力」だけの大統領に「聞く力」だけの総理の構図。日本の立場を説明しない岸田首相では、いつしか自衛隊派遣に合意せざるを得ない状況に持っていかれる危険性大

◆〔特別情報2〕
 岸田文雄首相とバイデン米大統領が21日にオンラインで会談した。これで日中関係がどうなるかということについての「不穏」が益々高まったといえる。来年度の予算については、2022年度から5年間の在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)総額を1兆551億円と見積もり、16〜20年度の歳出計9801億円と比べ750億円の増額となることが、米政府と合意したと昨年末に発表されている。
 とはいえ、衰退していく米国の言いなりにばかりなってもらっても困るし、かといって中国の言いなりになってもらっても困る、日本の外交は難しい局面に立たされていることは間違いない。仮に日本が中国から攻撃を受けるようなことになってしまった場合、自衛隊を動かさざるを得ない状況にあるだろう。だからこそ、そういうことにならないよう岸田首相は米国に対して、ある程度の説得をすることが必要である。ところが、「聞く力」ばかりなのか、どうも難局を乗り切る外交手腕は期待できそうにない。一方のバイデンは認知症ともいわれており、決められた内容を話すことはできても、相手の話を理解することは困難な様子だ。つまり双方向の会談にはならない。「話す力」だけの大統領に、「聞く力」だけの総理ということだ。結局、日米関係の不安要素は、今回の首脳会談ではまったく解消されていない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年1月23日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第九議定書
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

 第九議定書

 
  ゴイムの再教育……反猶太主義の必要……地下鐵爆發。

 吾々の主張を實行に移して行くには、吾々が現に居住し、活動してゐる國々の民情を顧慮しなければならぬ。何故ならば凡ての國々に一律に吾々の原則を当て嵌めようとしても、それはいつでも成功するとは限らないからである。然るに慎重に行動すれば十年も経過すると、最も頑強な民族性も變化して既に吾々に屈服してゐる仲間の一國となるであらう。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年1月22日 11時58分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第八議定書
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

 第八議定書


 猶太フリーメーソンの補助者……財界人と百萬長者……政府要職には欠陥ある人を。

 吾々は敵が吾々に向つて使ひそうな同じ武器を備へなければならぬ。吾々が法律用語を使ふ時には法律辞典の中の最も曖昧な最もこみ入つた言葉を選んで置いて、問題が起った場合に、極めて大胆な且つ不正だと見える處置(処置)を取らなければならない時にもそれが正常に解釈される様にするのである。なぜなれば、その様な決定を言現(いいあら)はすには力強くして、人民の眼にはそれが如何にも甚だ道徳的な、公正な、間違ないものに見えることが必要であるからだ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年1月21日 20時28分
自民、維新、立憲、そして公明まで、政界はどこもかしこも分裂含みの話にギクシャクしており、みんなソワソワしている。寅年の参院選・政変ジンクスはリアルになるかもしれない。
 
自民、維新、立憲、そして公明まで、政界はどこもかしこも分裂含みの話にギクシャクしており、みんなソワソワしている。寅年の参院選・政変ジンクスはリアルになるかもしれない。

◆〔特別情報1〕
 これは永田町に深く食い込む政界情報通からの最新特別情報である。
 枝野前代表は、代表を辞任したことを悔しがって、周りにブーブー当たり散らしている。「あーいう連中と合流するのが間違いだった」とボヤきまくり、「また一から出直さないといけない」「再編しましょう」と、みんなに分裂話を持ちかけている。既に党内は、分裂しており、旧立憲執行部を中心に23人が抜けるといわれている。
 そうした立憲の動きを横目に、自民党の安倍元首相も穏やかではない。分裂後の立憲と、3月に立ち上がるとみられている菅派が、万が一合流するようなことになると、安倍元首相にとっては、復権はおろか院政も敷けなくなり、シナリオが完全に狂ってしまう。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年1月20日 19時28分
コロナ禍に成長期を過ごさなければならない子どもたちと教師のメンタルサポートはかなり重要。10万円給付で消費を押し上げる目先対策よりも、もっと深刻に、長期にわたって社会に影を落としていくだろう
 
コロナ禍に成長期を過ごさなければならない子どもたちと教師のメンタルサポートはかなり重要。10万円給付で消費を押し上げる目先対策よりも、もっと深刻に、長期にわたって社会に影を落としていくだろう

◆〔特別情報1〕
 グアム島のジャングルにおよそ28年間潜伏していた、残留日本兵・横井庄一さんが帰国してからまもなく50年、帰国後すぐに入院した病院から、当時の横井のカルテが見つかったことが昨年末、CBCテレビで報道されていた。帰国当時の横井さんの年齢は56歳ということだから、28歳から28年間もの間、たった一人でジャングルを生き延びることができたことになる。今回発見されたカルテから、横井さんが一人で生き延びることができた精神医学的3つの理由が挙げられている。
「比較的年長者で、素質的に要求水準が低く、素朴な宗教心があったこと」
これが医療チームの総括だった。
【参考】「残留日本兵・横井庄一 帰国から半世紀 発見された“カルテ”が語る28年潜伏できた理由」2021/12/23(木) CBCテレビ

 この総括された3つの理由の逆を考えてみると、「比較的年少者で、素質的に要求水準が高く、素朴な宗教心がない」ということになる。この3つのうちのどれかひとつでも当てはまるものがあれば、分断され孤立した状況下で生き延びることは困難であるということになることになる。大半の現代人は当てはまってしまうことになるだろう。
 東京大学前の路上で受験生ら3人が殺傷された事件で、逮捕された名古屋市の高校2年の少年が通っていた私立高校では、「『密』をつくるなという社会風潮のなかで個々の生徒が分断され、そのなかで孤立感を深めている生徒が存在しているのかもしれません」とコメントし謝罪した。
 感染症拡大防止のための対策として止むを得ないことが2年も続いている。分断された生活を余儀なくされたシワ寄せが、成長期の子どもたちの心に影響を与えてしまっていることは否めない。ジャグルで生命の危機と背中合わせの毎日をたった一人で28年間生き延びた横井さんについての、医療チームの総括に照らしてみても、このコロナ禍の分断された特殊な環境のなかで成長期を過ごさなければならない現代の子どもたち及び教師のメンタルサポートはかなり重要である。10万円の給付で消費を押し上げる目先の対策よりも、もっと深く、そして深刻に、もしかしたら長期にわたって社会に影を落としていく問題であるかもしれない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
07/05 23:06 参政党は、自民党の別働体ではないかとの見方もあるが、設立者である神谷氏は、キッパリと否定している。ただし、日本会議所属の候補者がかなりいるという。地方選挙区全てに候補者を立てられた、その資金源の謎とは
07/04 22:51 通信はいまや「ライフライン」のひとつである。音声通話は、メールが打てない高齢者にとっては「命綱」だ。KDDIは過去、その「命綱」ともいえるライフラインのひとつを経営判断で躊躇なく廃止している。
07/03 07:00 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第5章 クリントン政権とロックフェラーの「罠」に嵌った日本 アジア各国はIMFによる金融支援を嫌った
07/02 07:00 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第5章 クリントン政権とロックフェラーの「罠」に嵌った日本 アジアに対する通貨攻撃を始める
07/01 20:49 ロシアは、完全に戦争ビジネスの旨味を知った。資本主義は戦争しないと潰れる。だから必ず戦争をする。ロシアは、いまは戦争が続いたほうが、敵味方お互いに団結を強めて儲かるということに気づいた。
06/30 22:16 ウクライナ戦争でウクライナが勝てなかったとなると、まさしく米国の敗北を意味する。戦争終結後の世界で、完全にそれまでのパワーバランスが崩れる。米国の敗北は、つまり日本の敗戦でもある。
06/29 21:40 ウクライナはもう負けてしまっている。ほとんど侵攻されてしまっている。ところがまだ終結には至っていない。ウクライナは、完全な米国の代理戦争だ。そのことについて日本を含め西側諸国メディアは何も言わない。
06/28 23:42 NHKスペシャル「追跡・謎の中国船〜“海底覇権”をめぐる攻防〜」でも注目される「南鳥島」は、安倍・麻生・甘利がレアアース利権の独占とともに、日本国民の知らないある計画を目論んでいる。
06/27 21:49 サウジから石油を買っていた中国はウクライナ危機以降、ロシアにシフト。サウジ皇太子はロシア支援のトルコで百年ぶりのアラブ式挨拶。増産に応じないアラブに追い詰められたバイデンはイラン核合意に舵を切る。
06/26 07:00 『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 第5章 クリントン政権とロックフェラーの「罠」に嵌った日本 「日本版・金融ビッグバン」を要求したクリントン大統領 
最近のコメント
「ウクライナが領内攻撃」を口実にロシアは化学兵器使用に踏み切るのか。ゼレンスキーがいるともいわれているポーランドには、「ウクライナ疑惑」再燃のバイデン息子ハンター氏も身を潜めている。(ジャック・オニール)
皇位継承問題は既に、「女性天皇」の方向で決まっている。そこには驚愕の理由がある。この問題で安倍が表に出てくることは、日本にとって何のメリットもない。だから、潰さなければならない。(PoliticsCleanar)
今回の選挙、岩手3区は創価学会が凄まじい動員をかけた。何もない静かな町のホテルがどこも満室だった。しかし小沢陣営の街宣も負けてなかった。鳴りやまない小沢コールの熱気はものすごかった。(shushuika)
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved