ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5248)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (54)
米国在住の個人投資家satoko女史 (91)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2939347
今日のアクセス: 681
昨日のアクセス: 792
RSS
カレンダー
<<2023年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年3月31日 23時30分
中国の「一帯一路」は、ニューディール政策だった。中国経済は、世界に公表できないほど壊滅的状態にあり、10億人貧困対策だった。しかし「貧困対策」とは口が裂けても言えない。メンツ丸潰れになるからだ。
 
中国の「一帯一路」は、ニューディール政策だった。中国経済は、世界に公表できないほど壊滅的状態にあり、10億人貧困対策だった。しかし「貧困対策」とは口が裂けても言えない。メンツ丸潰れになるからだ。

◆〔特別情報1〕
 これはフリーメーソン・イルミナティに精通する事情通からの特別情報である。
 ロシアとの関係から、西側諸国では、ウクライナの復興は出来ない。目と鼻の先にロシアがいるところに復興事業に人員を送り込むのは、恐ろしく避けたい。欧州からの参入はとても無理であり、米国にしても、ロシア軍が壊滅的状況になっていない限り、復興支援に入ることは出来ない。となると、中国しかない。ゼレンスキーも中国にお願いするしかない。そのためにゼレンスキーは、習近平国家主席のウクライナ訪問を招請したし、西側諸国もお願いしているということだ。
 そのため、西側諸国はいま中国に、ウクライナ復興を頼んでいる。一方、中国にとっても、ウクライナ復興事業参入は、自国経済の再建のためにも望むところであり、いまや中国にしか出来ないということで、利害が一致する共通の認識になっている。
 そもそも、中国の「一帯一路」は、ニューディール政策だった。つまり、中国国内にいる10億人もの貧困層に対する対策だったのだ。中国経済は、世界に公表できないほど壊滅的状態にあり、10億人の貧困対策のため、ここは、ウクライナ復興事業は是非とも必要だということだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月30日 23時29分
岸田首相は既に敗戦が決まっているウクライナに「必勝しゃもじ」を手渡していた。プーチン大統領は「ウクライナ併合」の根回しのため、西側各国首脳との協議に奔走。早ければトルコ訪問の流れで5月終戦か。
 
岸田首相は既に敗戦が決まっているウクライナに「必勝しゃもじ」を手渡していた。プーチン大統領は「ウクライナ併合」の根回しのため、西側各国首脳との協議に奔走。早ければトルコ訪問の流れで5月終戦か。

◆〔特別情報1〕
 これは国際政治情勢に精通する情報通からの特別情報である。
 ウクライナの戦況は、既にウクライナが敗北しており、いまやウクライナ軍は全く戦っていない。岸田首相がゼレンスキー大統領に「必勝しゃもじ」を手渡したときには、既にウクライナの敗戦が決まっていたといえる。それにも関わらず、戦車がウクライナに引き渡しされていることが報道されている。それも「まだ戦ってますよ」のポーズだけ。ウクライナは完全にアウト。いまプーチンはドイツ、英国、仏国などの西側諸国の各首脳と電話会談を頻繁に行っている。いまやNATOも、カネがないのに戦争を終わらせなかったゼレンスキーに対して激怒している。戦車の引き渡しが発表されているけれども、実際にウクライナに入っているかどうかは疑わしい。そもそも、最新鋭の戦車がウクライナに入ったとしても、実際に兵士が使えるようになるためには、最低でも3カ月もの訓練を要する。さらに米国は戦車の引き渡しは、来年の8月頃になるなどふざけたことを言っている。完全に勝負はついており、終戦に向けた協議の段階に入っている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月29日 23時7分
中国の動きが慌ただしい。アリババの6つの事業グループ再編は、「中国6分割」のメッセージ。岸田首相が前大使の離任挨拶拒絶し、現地日本人「スパイ容疑」拘束。新大使着任で二階が日中議連会長就任。
 
中国の動きが慌ただしい。アリババの6つの事業グループ再編は、「中国6分割」のメッセージ。岸田首相が前大使の離任挨拶拒絶し、現地日本人「スパイ容疑」拘束。新大使着任で二階が日中議連会長就任。

◆〔特別情報1〕
 中国の動きが慌ただしい。中国のネット通販大手アリババグループは28日、6つの事業グループに再編すると発表した。この大規模な再編発表の前日には、アリババ創業者のジック・マー氏が中国浙江省で公に姿を見せた。どうやら中国政府は、これまでのIT業界への締め付けを緩める意向のようだ。
 これについてイルミナティ・フリーメーソンに精通する事情通は、「これは中国6分割するぞ」というメッセージだとし、以下のように解説する。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年3月28日 23時2分
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。
 
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。

◆〔特別情報1〕
 これは日本の裏社会及びイルミナティ・フリーメーソンに精通する事情通からの特別情報である。
 日本には戦後からの闇がある。まさに闇の中で生きている人たちと、一般の人たちとは、同じ日本の国内に居住していても、実はまさにパラレルワールドで別世界を生きてきており、闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できないし、ガーシーの号泣が何なのか、親族の家宅捜索の真の目的が何であるかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。日本は安倍晋三元首相暗殺によって、闇が暴かれ始めた。一般社会に生きる日本人は、あの銃撃事件と闇の深層を結び付けて理解するまでにはまだ至っていないだろう。しかし、闇に生きてきた人たちにとっては、瀬戸際に追い詰められ、生き残りをかけて必死であることは間違いない。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2023年3月27日 23時58分
岸田首相のウクライナ電撃訪問が、習近平の訪ロ和平・仲裁アピールを台無しにしたといわれているけれども、実は別の極秘計画を台無しにしていた。岸田は、米国バイデン政権から重大ミッションが課せられていた。
 
岸田首相のウクライナ電撃訪問が、習近平の訪ロ和平・仲裁アピールを台無しにしたといわれているけれども、実は別の極秘計画を台無しにしていた。岸田は、米国バイデン政権から重大ミッションが課せられていた。

◆〔特別情報1〕
 これは、上皇陛下の側近でMSA資金の最終承認者である吉備太秦からの特別情報である。
 習近平国家主席とプーチン大統領の首脳会談が行われた3月21日に、岸田首相のウクライナ電撃訪問を重ねたのは、もちろん、バイデン大統領からの指示であったことは言うまでもない。和平に向けた仲裁役を買って出た習近平の国際社会へ向けた「大一番」ともいえるアピールの場を、岸田首相のウクライナ電撃訪問が台無しにしたという見方がされている。しかし、台無しにしたのは習近平の「アピール」程度のことではなかった。習近平は、プーチンとの会談の後、ゼレンスキー大統領とリモートで会談することが予定されていた。ところが、岸田首相電撃訪問により「日・ウクライナ首脳会談」が優先され、習近平とゼレンスキーとのリモート会談は立ち消えになってしまったのだ。そして、これこそが、岸田首相に課せられたバイデンからのミッションだった。習近平はゼレンスキー大統領とのリモート会談で、何を狙っていたのか。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
03/03 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) おわりに― 政権交代はなるか (下)
03/02 22:29 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊)  おわりに― 政権交代はなるか (上)
03/01 23:59 国会は、「働き方改革」の時代に、昭和のやり方は「不適切では」と非難されつつあった「徹夜国会」を回避した。そこだけは与野党で一致した。よくも悪くも、昭和ブームは国会にも余波が来ているらしい。
02/29 23:49 公開か非公開かで、大騒ぎしたのは何だったのか、と思わざるを得ないほど、拍子抜けした「政倫審」だった。結局、一切ゴネることなく出席した武田良太の株は自民党内で、確かに上がった。これで「岸田降ろし」に拍車
02/28 23:59 自民党内では既に「岸田降ろし」が進んでいる。党内勢力図こそ、まさに台風並みの「春の嵐」。まずは、二階派を代表して武田良太が出席し、男を上げるつもりいる。「政変」の風向きにおいて政倫審は注目に値する。
02/27 23:59 世界金融連盟のトップに坐するロンドンのジェイコブ・ロスチャイルドの死亡が発表された。こうして、古い体制の諸悪がさらされ、私たちの目の前で崩れている。新しい体制への移行のための、古い体制の破壊だ。
02/27 23:45 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
02/26 23:59 政倫審が公開であれ非公開であれ、自民党の思惑どおり裏金問題は幕引きとなり、この先、証人喚問に持ち込めなければ、野党の敗北である。国民は、これから始まる「寄らば大樹」の「茶番劇」に騙されてはならない。
02/25 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「二大政党に収斂されていく」
02/24 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「総理大臣になること」と「日本一新すること」
最近のコメント
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(板垣英憲)
定期購読の方法(武田憲明)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(板垣英憲)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved