このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天

必読の書です。

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2020年04月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1358)
日本の政治 (1270)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
09/15 01:48 やはりキシダ政権はアンコンシャス・バイアス(無意識の思い込み)内閣
09/13 16:03 キシダ政権の改造内閣=アンコンシャス・バイアス内閣
09/10 22:40 ジャニーズ問題でポイントと考えられること その1
09/01 23:55 日本における福一からの排水問題の議論は原発推進派のためにあるのではないか?
08/28 09:18 中国の成長の40年と回収の20年
07/16 23:50 日韓の政治責任者が国民の災害被害を完全に無視してNATOやウクライナに拘泥する背景
07/10 23:33 キシダは明日から豪雨の被災地をくまなく視察し、対策せよ
06/14 23:57 新型コロナ第9波 尾身氏の指摘は大変に的確と考える
06/08 23:56 維新はやはり単なる自公政権の補完勢力・別働隊としか考えられない
06/05 16:33 ここに来て大いに問われる世襲政治家の問題
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ものすごい差がついた韓国政府と日本政府の能力差 これはすぐには追いつけない
[日本の政治]
2020年4月8日 16時52分の記事

新型コロナウイルスなど感染症問題は公衆衛生の問題です。そして、公衆衛生の問題とは紛れもない政治・行政の問題なのです。だから政府の能力が一番問われるお話しです。以下の記事は、韓国で新型コロナウイルス完治者の血しょうを重傷者に投与して治療に成功、韓国政府は血しょう治療についての指針を近々発表すると報じています。韓国はものすごい先に行っています。

「新型コロナ重症患者に「完治者の血しょう」を投与し、初めて治療に成功」(2020年4月7日 ハンギョレ)

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


韓国政府はPCR検査の充実に1月後半から動き始め、2月には体制ができあがっています。そして、検査と隔離という対処をして、2月29日には一応のピークを迎えているわけでえす。韓国のやり方は世界から賞賛され、そして良いモデルになっているわけです。
一方、日本のピークはどのようになるかまったくわからないわけで、現状、非常事態宣言発令中とものすごく対照的なのです。日本のやり方をモデルにしている国などは知る限りありません。むしろ、日本は無視されているといった方が良いでしょう。
日韓の差は歴然なのですが、韓国はそうやって防疫をしてきて、今度は血しょう投与で成功を収めたというのですから、すでに日本のはるか先にいってしまっています。そして公衆衛生の問題は、政治・行政の能力差の問題ですから、ものすごい差ができてしまっているのです。本当にこれはちょっとやそっとで追いつける差ではありません。
そして安倍政権10年の成果が今、このような形で現われているわけです。すぐに憲法の問題とかというむきがあるのですが、そんなことまったく関係ありません。単に現実的に何もやってきていないだけの話しで、そして何もやろうともしなかっただけの話しなのです。バカみたいにすぐに憲法に結びつけて話すのは、本当にやめてほしいですね。議論に現実感がなくなりますし、そういう現実感のない話しが、このような大差となって現われているわけです。10年間、憲法改正だけをいってきた安倍政権でこのような日韓の歴然とした差が生まれているのは、まさにその不毛な議論の明らかな証左でしょう。右翼ほど能力がないのです。安倍政権は本当にその良い例ですし、はっきりと無能なのです。

希望の光
この記事においては、この血しょう投与成功例だけではなく、有効性のある薬が紹介されています。米国のギリアドのエボラ治療薬「レムデシビル」や「イベルメクチン」を紹介しています。以下の記事にイベルメクチンについて書かれています。実はこの薬、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授が発見した日本の静岡県伊東市の土壌中から発見された新種の菌から開発された抗寄生虫薬です。そして、血しょう投与で韓国は成功を収めているのです。ひとつひとつ明るい兆しが見えてきています。

「新型コロナ『1回投与で48時間でウイルス99%減少』豪研究」(2020年4月6日 )

一方、口を開ければアビガンしか言わない安倍首相。他にも色々な可能性があるのに、なんでそんなにアビガンだけなのか? 利権関係でもあるのではないかと疑ってしまうのは自然なことです。少なくとも韓国と同レベルの成果を上げてから、色々といってほしいものです。ちょっと偏りすぎています。PCR検査キットについてもそうです。日本は遺伝子検査で韓国に後れをとっています。これも安倍政権の10年の成果なのですが、日本になければ韓国に頭を下げて調達するのが首相の役目というものです。それもしないで、検査難民の群れが発生しました。明らかに行政の失敗です。
安倍政権は何も防疫・検疫、感染症対策、医療対策の充実化をはかってきていないのですから、こうなるのは当然の帰結でしょう。何もしていないから遅れが目立ち、話しにならないレベルのわけですし、だから口を開ければアビガンしか言えないのでしょう。
亀井静香さんは、以下のサンデー毎日の記事で安倍政権を『牛のよだれ政権』と評しています。ダラダラしてしまりがないという意味ですが、それは紛れもなく正しい評価です。言い得て妙です。そして、ダラダラとただ長くやってきただけで何の成果も上げていないから、上述のような日韓での大差が生まれてしまうのです。
早くこのような無能で愚鈍な政権は辞めさせて、抜本的に政府の能力の立て直しをはかることが、日本における最大の急務であることは明らかです。10年やらせてこれですから、それで先行き期待する方がバカというものです。そういう愚かさがこの10年の日本をつくってきたのです。

「石破氏は安倍首相に「辞めろ」と言え」(2020年1月1日 毎日新聞)

「元自民党政調会長・亀井静香、元自民党副総裁・山崎拓 自民党2長老が安倍政治にNO!」(2019年12月15日号 サンデー毎日)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/443097
アベ政治を忘れない

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!

必読の書
必見の作品
オリバー・ストーン監督の真実を世界に告げる二つの作品

◎ Ukraine on Fire


紹介記事とビデオへのリンク:『ウクライナ・オン・ファイア』(2016年)

◎ Revealing Ukraine 2019

紹介記事とビデオへのリンク(日本語字幕ビデオはすでに閲覧不可):『リビーリング・ウクライナ2019』

YouTube 英語字幕版



ウクライナ系米国人の武器商人について、実際の出来事に基づいて作られたこの映画を観ると、戦争の本質がわかります。現在、どれだけのフリーランスの武器商人が暗躍していることか。
必見の作品

実話に基づいて作られ、カンヌ国際映画祭で大絶賛、映画賞を総ナメにしたこの映画を観れば、北朝鮮のミサイルの意味、現在、東アジアで何が本当に起り、これから何が起るかがよくわかります。最低限の教養のための必見の映画です。

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

必見の作品

この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。

必読の書です。
必見の作品

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)



[この本の書評]
新しい時代はこの一冊から
国民新党の先生方のご著書
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


アクセス数
総アクセス数: 624433
今日のアクセス: 58
昨日のアクセス: 156
Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved