このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年04月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1011)
日本の政治 (929)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
07/27 00:20 意味することはまったくの逆
07/27 00:00 戦争屋バイデン(ハリス)の時代 平和の祭典・オリンピックでもお構いなし (2)
07/26 18:31 戦争屋バイデン(ハリス)の時代 平和の祭典・オリンピックでもお構いなし (1)
07/25 23:56 オリンピック開会式 日本の宿痾が凝縮されている (2)
07/24 23:56 オリンピック開会式 日本の宿痾が凝縮されている
07/23 19:52 即刻、オリンピック再延期を決定せよ ご懸念の意味を考える (18)
07/23 18:48 即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (17) その2
07/22 23:58 即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (17) その1
07/21 23:35 即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (16)
07/21 23:27 即刻、オリンピック再延期を決定せよ 国民本位の安心安全を (15)
ブログ内検索

RSS
氷山の一角に過ぎない とにかく早急な対策が必要
[日本の政治]
2020年4月27日 14時22分の記事

以下の共同通信のように、新型コロナウイルスの影響で働けず生活苦になって強盗を働き、逮捕された横浜の一件が報じられています。本ブログ「鮮明な明と暗 とにかく日本立て直しの最大の障害は安倍政権?」(2020年4月27日)では、東京都豊島区で同じ理由での生活困窮からスーパーに押し入った事件を取り上げました。これらの本因は安倍政権・日本政府が防疫に失敗して、さらに現金給付が大幅に遅れていることにあります。韓国のように防疫に成功して世界からお金が集まっていることとはまったく好対照であるのです。このことは本ブログ「鮮明な明と暗 とにかく日本立て直しの最大の障害は安倍政権?」(2020年4月26日)で取り上げました。

「『コロナで働けず生活苦』、横浜 強殺未遂容疑で逮捕の男」(2020年4月27日 共同通信)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


この横浜と豊島区の件は、氷山の一角でしかないでしょう。餓死寸前の人も多いのではないかと本当に危惧します。これまで、4月15日には現金給付をせよと指摘してきましたが、安倍ナメクジ政権・日本政府はまったく動かず、10万円の現金給付が決まり表明されたのがなんと4月16日です。まったく遅いのです。これまで指摘したように、2ヶ月前の2月24日、政府の専門家会議が「これから1、2週間が(感染が)急速に進むか収束できるかの瀬戸際となる」(2月24日 日本経済新聞)と発表してから国民は自粛をし、その影響が様々なところに出ているのです。しかし、安倍政権・日本政府はまったく現実的な動きをこれまでしてこなかったわけです。PCR検査の十分な実施、早期隔離などの防疫、早期緊急事態宣言発令、そして早期の現金給付。すべて後手後手になって、事態は悪化、その影響が上記の事件として今、表面化しているわけです。
本当にこの遅さはナメクジ並みなのですが、それであるのに、今後、この現金給付の実質配布時期が何時になるかわからない訳です。6月とも言われているのです。そうなれば、すでに困窮の度を深めている人々は、5月をどうやって過ごせば良いのでしょうか? これから大変な事態が予想されます。この杜撰さ、新型コロナウイルスに感染して自宅待機となって孤独死する人が続出していることと原因はまったく同じです。日本という国は本当にひどい国になったと考えます。とにかく安倍政権・日本政府が人を思いやらない。それに尽きます。人間性の欠如です。政の根本が欠落しているのです。責任はとらない、平気で嘘をつく、人を思いやらない。これでは単なる人間のくずです。
本ブログ「新しい時代への方向」(2020年4月21日)で取り上げたように、韓国はPCR検査の早期実施、早期隔離などの防疫だけではなく、自宅待機者へのケアが大変に優れていて、医療崩壊を防いでいます。本当に日韓でものすごい差ができています。
安倍政権・日本政府はもうすでに死に体、機能が不全、政府と呼べるレベルではありません。まさしく民主党政権以下。したがって、とにかく地方自治体が、生活困窮者の方々への支援を早急に開始する必要があります。そうしないと、横浜や豊島区のような事件はこれから頻発するでしょう。これらは単に氷山の一角にすぎないのです。むしろ、顕在化し始めたということなのです。早く支援をする必要があるのです。
このような大変な事態に日本が陥っていて、それが安倍政権・日本政府の防疫の失敗と現金給付の遅延に原因があるのに、本ブログ「鮮明な明と暗 とにかく日本立て直しの最大の障害は安倍政権?」(2020年4月27日)で取り上げたように、自民党の小野田紀美とかいう、この国難において能力が無くて何もできず、だから何もしないで暇だから思想運動と緊急事態宣言発令中に言論弾圧をするというとんでもないバカなチンピラ議員がいるわけです。異常に高い承認欲求の単なるプロ右翼に過ぎない。自分の頭で考える力が無いから、状況がわからないし、本当に必要なことが何もできないのです。まさに、ユーチューブで私は岡江久美子さんの息子と言ってアクセスを稼ぐ人間のくずとそう変わりません。本当に日本の政治の劣化は激しい。それしか思い浮かびません。だからこそ、ここまで落ちた日本を、みんなで立て直さなければならないのです。

「『岡江久美子の息子です』YouTubeになりすまし動画相次ぐ…法的問題はないの?」(2020年4月25日 弁護士ドットコム)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/443869
フリースペース

この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 379581
今日のアクセス: 119
昨日のアクセス: 401
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved