このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年08月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (905)
日本の政治 (828)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
01/04 23:50 新型コロナウイルス 本質的な対応策は単純明快
01/03 01:07 問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
01/02 23:00 問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
01/01 00:00 あけまして おめでとうございます!
12/31 23:20 東京オリンピックは2022年に開催すべき
12/27 22:44 上皇陛下のお誕生日に際して
11/29 21:35 新型コロナウイルス――感染収束に焦点があたっていない
11/26 01:00 新型コロナウイルス――極めて無責任なテレビ番組
11/25 21:07 中国のTPP参加意欲表明のポイントは何か?
11/07 23:58 米国大統領選挙 すでに確定的と言えること
ブログ内検索

RSS
トランプの致命的な失策
[日本の政治]
2020年8月9日 23時59分の記事

昨日の本ブログ「トランプの致命的な失策◆廖複横娃横闇8月8日)の続きです。

「トランプの致命的な失策 廖複横娃横闇8月7日)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


前回の大統領選のポイントは経済政策や政治思想ではない
以下の記事では、新型コロナウイルスによる米国での犠牲者が12月までに累計で30万人弱となり、選挙が行われる11月までには累計で25万人になると予測されています。

「米死者、12月までに30万人弱か 現在の倍近く―新型コロナで予想」(2020年8月7日 時事通信)

4年前の大統領選挙の注目点として、米国中西部のラストベルトが挙げられました。ラストベルトとは、今や廃れてしまったかつての米国産業の中核であった工業地帯のことですが、そこをトランプは救うといって、反グローバリズムを明確にしたわけです。TPPからの離脱やメキシコ国境封鎖もこの脈略にあるわけです。
ただ、このことの本当のポイントは、反グローバリズムではないのです。それは、あくまでもラストベルトにいる人々の命を救い、生活を守り、人生を良い方向に変えた、もしくは変えようとしたところにあるのです。だから支持された。当然の帰結なのです。
前回の大統領選挙でトランプ勝利となった本当のポイントは、経済政策や政治思想ではなく、人々の命と生活を守り、人々の人生を良き方向に変えた、変えようとしたことにあるわけです。このことは言うまでもなく、当たり前の話しであり、政治の基本中の基本なのです。しかし、この基本中の基本が、今や社会の中心、人々の考えの中心、人類の方向性の中心にどんどん鮮明になっているのです。
そうなると新型コロナウイルス対策に失敗して、短期間に16万人が犠牲となり、さらに年末には30万人が犠牲者となると予測され、月に2万人の犠牲者が出ているということはやはり極めて重いのです。適切な防疫措置を行政が行っていれば、犠牲者のほとんどの命は守れたはずなのです。実際、米国での感染状況と感染による犠牲者は世界最悪ですので、防疫措置が失敗で、そのことによって失われた命が膨大であったことことは、火を見るより明らかなのです。
以下のように新型コロナウイルス治療で、消毒薬を注射してみればというトランプ氏の発言は、まさに日本での大阪府知事によるうがい薬・ポピドンヨード発言とまったく同じなのですが、このような発言は防疫措置がいかに杜撰かを示していますし、実際、米国民はそのように強烈に受け止めたことでしょう。自分の命が危ないと普通なら考えます。

「消毒液注射でコロナ治療? トランプ氏提案、専門家は全否定」(2020年4月25日 AFP)

このような杜撰な防疫措置は、当然、トランプ氏が、アメリカ人の命と生活を危機にさらしたということになるのです。トランプ氏が人々の人生に暗雲をもたらしたとういことになるのです。さらに、経済を回すと豪語して、一層の感染状況の悪化を招き、経済もまったく好転させることができていない。これでは、支持を得る方が難しいと考えるのが自然です。現状は、新型コロナウイルスで犠牲者が一人増えるごとに、トランプ氏にとって選挙は難しくなっていくという構図がすでにあるものと考えます。
そして、この構図、すなわち、米国社会に深く刻まれたこの傷は、そう簡単には癒えることはないと考えます。
トランプ氏は3月の段階で、新型コロナウイルス対策・防疫方針を早めに方向転換をすべきでした。上述したように、前回の選挙でトランプ氏が選出された要因をしっかりと自身で分析できていれば、このような誤判断はしなかったと考えますが、やはりトランプの限界だったのかもしれません。現状はこのように判断できます。

「トランプの致命的な失策ぁ廖複横娃横闇8月23日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/448965
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 313954
今日のアクセス: 154
昨日のアクセス: 263
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved