このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2020年08月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
カテゴリ
全て (905)
日本の政治 (828)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
01/04 23:50 新型コロナウイルス 本質的な対応策は単純明快
01/03 01:07 問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
01/02 23:00 問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
01/01 00:00 あけまして おめでとうございます!
12/31 23:20 東京オリンピックは2022年に開催すべき
12/27 22:44 上皇陛下のお誕生日に際して
11/29 21:35 新型コロナウイルス――感染収束に焦点があたっていない
11/26 01:00 新型コロナウイルス――極めて無責任なテレビ番組
11/25 21:07 中国のTPP参加意欲表明のポイントは何か?
11/07 23:58 米国大統領選挙 すでに確定的と言えること
ブログ内検索

RSS
トランプの致命的な失策
[日本の政治]
2020年8月8日 23時59分の記事

昨日の本ブログ「トランプの致命的な失策 廖複横娃横闇8月7日)の続きです。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


実際、人口の10%が動くと社会が変わると言われることがありますから、6%というのは実はかなり大きな数字なのです。6%の人が動いたということは、社会変革と私は考えます。ポイントはその変革がいかなることを基軸に生じているかということです。このことは後述していきます。
話しを戻して、米国でのトランプ離れ、保守離れという見方とは違った見方もあります。以下の木村太郎さんのコラムでは、「保守派(トランプ派)の77%が政治信条を隠すことが明らかに」(7月27日 FNNプライムオンライン)とあります。実際、この要素は無視できないものがあり、2016年の前回の大統領選挙で多くの専門家が票読みを間違えた原因はまさにここにあるわけです。そして、上記のフォーブスの数字にもそのような要素があるのかもしれません。
また、選挙では、何が起るかわからない、最後までわからないというのは、古今東西変わらない鉄則と考えます。実際、前回の米国大統領選挙がまさにそれでした。また、今回は選挙が延期になるかもしれません。ですので、軽々に判断できないのは間違いありません。

「『隠れトランプ』の正体見たり! トランプ支持を公表すると“解雇”か“村八分”になるリスク」(2020年7月27日 FNNプライムオンライン)

ただし、トランプ氏や保守派の防疫の失策・失敗により、16万人以上の犠牲者が出ているということは、とても重いことと考えます。やはりとてもとても重いのです。そして、経済を回すといって防疫を軽視したが故に、本ブログ「集団免疫を行っていると考えられる小池都政А廖複横娃横闇7月2日)で指摘したように、米国で一度収束しかけた感染状況が再度拡大して今の状況に至ります。
そして、本ブログ「感染拡大防止なくして経済は成り立たない◆廖複横娃横闇8月4日)で指摘したように、結局、防疫に失敗した米国の経済は回っていないのです。感染が爆発的に蔓延した中で、経済が回るはずはないのです。このことははっきりいって、こどもわかることです。実際、米国の第2四半期(2020年4〜6月)の国内総生産の伸び率は、前期比でマイナス9.5%、前期比、年率換算ではなんとマイナス32.9%、なのです。感染が拡大している中では経済がまわらないことを、米国は見事に証明しているのです。
感染が爆発的に蔓延した中で、経済が回るはずはないことのもう一つの証左は、上記ブログ記事で指摘したように、感染を収束させて、前期比プラス11.5%、年率換算ではプラス54.5%とまさにV字回復となった中国なのです。
トランプ氏は、結局、この新型コロナウイルス対策で、何を勘違いしたか、経済を回せと、人々の命がそのことによって犠牲になることを肯定したのです。本ブログで何度も申し上げていますが、政治において死を肯定すると、人が亡くなることに対する防波堤はなくなり、弛緩し、社会は方向へと止めどがなくなっていくのです。それは当たり前で、人々が死ぬことを肯定すれば、社会は必然、崩壊するのです。これは少人数であっても同じです。
この悪政の結果、約半年という短期間の内に16万人の命が犠牲になったわけです。それでいて、経済が回っているかと言えば、回っていないわけです。はっきりいって、ぐちゃぐちゃ、米国はまさに人間がつくり出した地獄なのです。そのポイントはあくまでも生を肯定することに徹するか否かなのです。とてもシンプルなことなのです。
米国とは反対に中国は人の命を守ることを優先しました。大規模な防疫対策を短期間に徹底的にしました。だから、感染も押さえ込むことができて、犠牲者も低いレベルにおさえることができました。人口100万人あたりの死亡者数は、日本より少ないのです。この防疫と経済のポイントを観れば、中国は明らかに善政なのです。
中国は、このような早期収束を実現することによって、経済も再開、回復させることが早期に出きたわけです。米中、どちらが正しいやり方かは一目瞭然ですが、そのポイントは人の命を守る、人を大切にすると言うことに尽きるのです。そうしない限り、経済も社会も回復し、生気を帯びることはないのです。
日本はどちらかと言えば、ブラジルと同様、明らかに米国と同じやり方をしているのです。悪政です。そして、防疫、経済とも結果が出ていないわけです。日本は他の東アジア諸国と同様に新型コロナウイルスに対して遺伝的・人種的アドバンテージを持っていると考えますが、そのアドバンテージを防疫にも経済にもまったく生かすことが出きていないのです。このことは本ブログ「感染拡大防止なくして経済は成り立たない◆廖複横娃横闇8月4日)で指摘しました。

「トランプの致命的な失策」(2020年8月9日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/448964
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 313957
今日のアクセス: 157
昨日のアクセス: 263
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved