このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年03月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
カテゴリ
全て (1072)
日本の政治 (989)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/15 22:50 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (2)
10/14 23:20 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実
10/02 23:37 《日本の政治》 疑惑の二人は世襲の二人
10/01 23:52 《日本の政治》 単なるクグツ(傀儡)でしょ
09/30 00:54 《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない
09/29 22:14 《新型コロナ》 ウソばかりの言葉には反吐(へど)がでる
09/22 23:59 《日本の政治》 やはり新型コロナ感染爆発と医療崩壊はこの人が原因なのか
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
ブログ内検索

RSS
スガ政権のコロナ対策は具体策がない ?
[日本の政治]
2021年3月21日 23時59分の記事

昨日の本ブログ「スガ政権のコロナ対策は具体策がない ?」(2021年3月20日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


◎ 白色人種の置かれた状況には想いをはせるべき
今回の新型コロナウイルスでは、とにかく白色人種の被害が甚大であるわけです。そのような状態に置かれた白色人種が、どのような想いをし、どのように将来を考えているか? 私たちはそういう視点を持たなければならないと考えます。そして容易に想像できることは、私たち日本人より圧倒的に恐怖を感じ、悲しみを感じていることです。まず、そのことに対してしっかりと温かい気持ちを向けるべきだと思います。彼らにある潜在的な恐怖感は取り除かなくてはなりません。そして、そういうことが、人類そのものを救っていく動きをつくると考えますし、それが、時代が私たちに突きつけている核心的なことと考えます。このことは、以前から『新しい時代』の要諦ということで何度も申し上げてきました。
他地域では、アフリカの状況は明らかではなく、もしかしたら同様に大変かもしれません。そのようなこともしっかりと考えなくてはなりません。
ただし、日本のワクチン・医療の自立性の喪失について、その自立性を奪ったの白色人種圏の独占を目指すグローバル企業の動きによるものですから、当然、そのような非人道的なことはやめるように言わなくてはなりません。もちろん、日本のワクチン・医療の自立性を喪失させる動きを手助けしてきた日本人の政治家、官僚、経済人に対してもしっかりとNo!を突きつけなくてはなりません。
このように観てくると、日本のワクチン・医療の自立性を喪失させる動きの本質は、資本主義・新自由主義の資本の論理のためとも言えます。しかし、同時に資本主義・新自由主義のお金の流れを考えたとき、そこに人種的要素がまったくな無いとは言えないと考えます。このことは実は200年前から変わりません。そこにはかつての欧米の帝国主義とイギリス・オランダ東インド会社やロスチャイルドなどのような資本の存在などと同様の人種的要素があります。
しかしその一方、そのような動きに呼応して内から扉を開ける白色人種以外の人々がいるわけです。このような動きは当然、日本にも存在しましたが、これを売国と呼びます。このようなことを考えれば、そこにあるのは単なる人種問題ではなく、人種と国境を越えた資本主義・新自由主義の資本の論理の動きと言えるのです。もちろん、その根源は欧州になりますが。
そして、何よりも白色人種のほとんどの人々も人種を越えた資本主義・新自由主義の資本の論理の動きの中核にいるわけではないのです。そのようなことが端的に”We are the 99%”というスローガンを掲げたウォール・ストリートを占拠せよなどの反グローバル資本主義運動に現われていたわけです。
現実を言えば、核心は資本主義・新自由主義の資本の論理と考えます。そこには人種問題もありますが、むしろ1%の人々の国境を越えた繋がりによる99%への収奪・支配ということなのです。
このようなところにワクチン・医療の自立性の問題があると考えますし、このことはストレートにTPPなどのグローバリズムに当然、関わります。つまり、TPPを推進すれば、必然、社会の自立性は失われていくと言うことで、ワクチンの開発・製造の自立性喪失など今回の新型コロナウイルス問題において様々な分野で露わになった日本社会・経済の自立性の喪失は、これからはさらにひどくなるのです。
余談ですが、面白いことに米国のバイデン(ハリス)が目の敵にして敵対姿勢を露わにしている中国とロシアはこのワクチン・医療の自立性がしっかりとあるわけです。こういう所も間違いなく極めて重要なポイントのひとつで、バイデン(ハリス)の戦争の動きに関係するものと考えます。

◎ 私たちの最大の課題
いずれにせよ、日本にはお金のために、ワクチン・医療の自立性の喪失や非正規労働者などの格差をつくり出し、社会そのものの自立性喪失を加速させている実態がはっきりとあります。しかし、残念ながら、そういうものに政権党の政治家、官僚、そして経済人は、歯止めをかけてきた存在ではなく、促進する立場であったわけです。だからこそ、現状のような惨憺たる状態となっているわけです。
何せ、戦後のほぼすべての期間は自民党による政権が続いてきたのです。これこそが日本の政治のすべてなのです。このことと、原子力発電所が事故を起こし、莫大な被害と損失を出しているのに、いまだに促進の方向性があることとは、当然、根は同じなのです。
言うまでもなく、資本主義・新自由主義の資本の論理が野放図になっていることが、今の日本の最大の問題であることは明白なのですが、このことをどうするかと言うことが現状とこれからの日本の最大の論点と考えます。
白色人種の欧米諸国では資本主義・新自由主義の資本の論理に対して、日本より明らかによくチェックしていて資本の論理を抑制しています。結局はそういうことが、社会の自立性を保ち、資本主義を延命させているわけですが、日本のこの野放図さでは社会と資本主義の寿命はかなり短いと考えます。
つまり、資本主義・新自由主義の資本の論理を野放図にさせると、社会の自立性を奪い、大半の人々を苦しめ、社会を衰退させ、人類を衰退させるということなのです。そして当然、それにともなって資本主義も終焉するということになるのです。
したがって、それをどう食い止め、修正するかということが、現状の私たちの最大の問題なのです。そういうところにSDGsということがあると考えられますが、SDGsは、上述した”We are the 99%”と関連する資本主義・新自由主義の資本の論理の最たるものである富の偏在とその解消について積極的に取り組んでいるようにはまったく見えません。
むしろ市場の均一化がそのポイントと考えます。市場の均一化だからこそ、社会形態、文化形態の多様性を完全に無視し、それらの喪失の方向にその本質があり、その結果、日本のように社会の自立性が知らず知らずの内に損なわれていたりするわけです。であるのに、『私たちはグローバル市民』という慰めを聞かされて本質から目を背けるように促されるのです。
つまり、SDGsの本質的な焦点が、社会の延命ではなく、資本主義の延命にそのポイントがあると考えます。これでは本末転倒なのです。社会があって初めて資本主義は成り立ちますから、社会の延命・発展に焦点がなければ、いずれ全てを台無しにすることは目に見えているのです。本当の意味でのグローバルに考えるのなら、まず社会形態、文化形態の多様性を考えなくてはなりません。なぜなら、それらの多様性は人が生きるために生まれてきたものであるからです。つまり人類・社会の延命のための営みだからです。世界にはそういう多様性があり、その多様性と個々人の尊厳と多様性が保たれてこそ、人類の強さとなり、人類の延命となるのです。そして、そのために経済制度が存在するのです。言うまでもなく、その逆ではないのです。

「スガ政権のコロナ対策は具体策がない ?」(2021年3月22日)へ続く。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/457326
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 409422
今日のアクセス: 174
昨日のアクセス: 342
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved