このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1070)
日本の政治 (987)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/02 23:37 《日本の政治》 疑惑の二人は世襲の二人
10/01 23:52 《日本の政治》 単なるクグツ(傀儡)でしょ
09/30 00:54 《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない
09/29 22:14 《新型コロナ》 ウソばかりの言葉には反吐(へど)がでる
09/22 23:59 《日本の政治》 やはり新型コロナ感染爆発と医療崩壊はこの人が原因なのか
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
09/09 23:47 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (1)
09/08 10:06 《日本の政治》 現状の政局のポイント
ブログ内検索

RSS
《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
[日本の政治]
2021年9月11日 0時0分の記事

河野氏が、自民党総裁選への出馬表明に際して、「日本の礎は長い伝統と歴史と文化に裏付けられた皇室と日本語」と述べたと報じられています。はあ? 日本の礎は、あくまでも日本国民であり、日本人です。人あって初めて国が成り立つのであって、言葉も人がそもそも織りなすものです。これが政治家として考えるべき根本ですが、河野氏はそんなこともわからないのかと、ただただ呆れるばかりです。ビックリします、この低レベルには。

「河野行革相、総裁選に立候補を表明 『日本の礎は、皇室と日本語』」(2021年9月10日)


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


河野氏はこの出馬表明で以下のように述べてはいます。


冒頭、河野氏は「皆さんの思いや不安を受けとめ、情報を共有し、しっかりとしたメッセージを出し、皆さんと一緒に直面する危機を乗り越えていかなければならない」とし、「人が人に寄り添うぬくもりのある社会を作っていきたい」と述べた。
 また河野氏は「自民党は保守政党だ」とし、「保守主義は度量の広い、中庸なあたたかいものだと思っている。日本の礎は長い伝統と歴史と文化に裏付けられた皇室と日本語」と話した。

「河野行革相、総裁選に立候補を表明 『日本の礎は、皇室と日本語』」(2021年9月10日)


国において人がすべてです。そして、日本の礎に日本人が入っていないのと言うのなら、それはどんなことを言おうが根本的な思想的欠陥です。政治は人のために行なうのです。そういうことが河野氏には書けているのです。ですから、この方は、いざとなれば日本語は守るが日本国民は守りません。河野氏にとって人は国の礎ではないから。皇室と日本語だけが残って日本人は残らない。それでは国が当然、亡びます。
これが保守思想だというのですから、自民党政権下では必然として少子化になるわけです。人が大切にされていない何よりの証左です。
河野氏のこの言葉を観る限り、結局、保守のようで保守ではない、思想が練れていない子どもレベルのなんちゃって保守もどきなのです。ただ、それっぽいことを言っているだけなのです。
保守政治の真髄は平和と人々の安寧です。それだけです。とてもシンプルなのです。天下太平、鼓腹撃壌(こふくげきじょう。善政が行われ、人々が平和な生活を送るさま〔三省堂 新明解四字熟語辞典より〕)、そういう社会、国を天皇陛下の大御心とともにつくっていくのが、保守政治なのです。そのためには、人が、日本国民が国の礎と考えなければならないのです。それがすべて。
このような保守政治を追求するのなら、人を大切にしない新自由主義に染まったり、推進したりは絶対にしません。だから自民党は保守ではないのです。新自由主義を信奉して保守なんていうことは絶対にあり得ないのです。そして、言うまでもなく保守政治とは戦争をすることではありません。保守政治の真髄はそのまったく逆で、戦争をしないことが保守政治のすべてであるのです。あくまでも平和と人々の安寧、天下太平、鼓腹撃壌なのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/463811
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 407441
今日のアクセス: 44
昨日のアクセス: 231
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved