ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1105)
日本の政治 (1022)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
11/27 23:37 《日本の政治》 フジテレビの問題は日本にとって非常に象徴的
11/26 23:03 《日本の政治》 立民を攻撃する人々の問題点と立民の問題点
11/25 23:38 《日本の政治》 分析通りの展開
11/24 22:34 《日本の政治》 木下氏辞任の実相は恐らく逆
11/23 23:50 《日本の政治》 なぜか同じ記事が出るという作為
11/22 23:53 《日本の政治》 立憲民主党代表選討論会
11/21 00:00 《日本の政治》 政治が悪いと地震が起きる
11/20 00:00 《日本の政治》 誇張ではなく国民新党は時代を15年先んじていた
11/19 00:00 《日本の政治》 『連合』は国民のためには動かない
11/18 20:31 《日本の政治》 立民代表選 暗黒の時代へ一直線か否か
ブログ内検索

RSS
2021年9月4日 23時28分
《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (1)
 
◎ 世襲オーナー政党の非力な使用人スガ氏の実像
以下の西日本新聞の記事では、政権支持率低下などで追い込まれたスガ氏が、総裁選を乗り切るために打った手が功を奏さず、退陣に追い込まれたことが書かれています。そのスガ氏が打った手とは、アベ・麻生両氏(以下、2A)と折り合いが悪い幹事長の二階氏を交替させて、2Aの歓心を買って総裁選を乗り切り延命することです。しかし、結局、スガ氏はその2Aに三行半を突きつけられて、あえなく退陣表明。この記事には、そのスガ氏を『人事権も解散権も封じられた裸の王様』と表現する発言が出てきますが、その表現こそが2Aという世襲オーナーの前では使用人同然のスガ氏の非力さを物語っています。
この記事は、麻生氏の地元紙である西日本新聞のもので、麻生氏の発言を中心に構成されています。ですので、情報としての確度はかなり高いものと考えます。そして、だからこそ、この記事は、昨日の本ブログ「《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣」(2021年9月3日)で指摘したように、スガ退陣は日本の民主主義政治の最大の問題点を示し、同時にそれは自民党という世襲オーナー政党での非力な使用人スガ氏の実像を示すものと考えます。それでは、この記事にはどんなことが書かれているかを少し観てみましょう。

「『お前と一緒に沈められねえだろ』退陣表明前夜、“2A”から首相に三くだり半」(2021年9月4日 西日本新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月3日 23時50分
《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣
 
スガ氏の辞任。総理・総裁として延命をはかるために色々と画策、右往左往したかに見えるスガ氏は、結局、万策尽きた感があります。ただ、スガ内閣の支持率が猛烈に落ちているときに、岸博幸氏を内閣府参与に(7月9日)、夏野剛氏を内閣府規制改革推進会議議長(8月23日)にしたことがとても気になります。この両名ともスガ氏の師匠で政商と呼ばれるタケナカ平藏氏の関係と考えますが、明らかにこの人事は、はくつけの駆け込みに見えます。こういうところを掘り下げると、実相が見えてきたり、日本の政治の隠された巨大な問題点が見えてきたりするかもしれません。

「菅義偉氏の出世は『竹中平蔵氏のおかげ』 今も続く師弟関係」(2020年11月20日 NEWSポストセブン)

「竹中平蔵 “天敵” が嘆く『政商』への凋落『小泉時代はまだマシだった』」(2021年7月4日 Smart FLASH)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月2日 23時40分
《日本の政治》総裁選から逃げるは恥だが役に立つ
 
スガ氏が突如言い始めた9月中旬での衆議院解散。結局は取り消しましたが、明らかな個利個略。まさにトレンディドラマではないが、総裁選から逃げるは恥だが役に立つとばかりに打って出た策。しかし、頓挫したわけです。二階氏を降ろしたバーターのつもりだったのかもしれません。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月1日 23時35分
《コロナ問題》ワクチン摂取率は問題解決の指標ではない 
 
以下の記事のように名古屋市長の河村氏が新型コロナウイルス感染と報じられています。まあ、人の持ち物を勝手に躊躇なく口に入れる人物ですから、日頃の感染防止対策が杜撰そのものであるのは容易に想像ができます。そのようなことの結果が、この報道と考えます。こんなのをトップにおいておいて、名古屋市がしっかりとした防疫対策を行えるのかと心からの疑問をもちます。


「名古屋市の河村たかし市長が感染…ワクチンは2回接種、『当面はリモートで公務』」(2021年9月1日 読売新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月1日 23時35分
《コロナ問題》ワクチン摂取率は問題解決の指標ではない 
 
以下の記事のように名古屋市長の河村氏が新型コロナウイルス感染と報じられています。まあ、人の持ち物を勝手に躊躇なく口に入れる人物ですから、日頃の感染防止対策が杜撰そのものであるのは容易に想像ができます。そのようなことの結果が、この報道と考えます。こんなのをトップにおいておいて、名古屋市がしっかりとした防疫対策を行えるのかと心からの疑問をもちます。


「名古屋市の河村たかし市長が感染…ワクチンは2回接種、『当面はリモートで公務』」(2021年9月1日 読売新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2021年8月30日 9時16分
《コロナ問題》 河野太郎氏では国民のための施策はできない
 
ワクチン担当の河野太郎氏が高齢者の3回目の接種は4ヶ月後の来年1月からと述べたと以下のように報じられています。河野氏については無能という評価がすでに定着した感がありますが、以下の2番目の記事には、ファイザーのワクチンを2回目接種しても70日後に抗体が大幅に減少すると報じられています。さらに以下の3番目のニューズウィーク日本版の記事でもモデルナのワクチンで抗体が「少なくとも3カ月間残存」(2月18日)と書かれています。3ヶ月が一つの目安です。しかし、高齢者への接種は4月12日から始まっています。ですので、すでに悠長なことを言っていられない状況なのです。そして現状のように感染規模がかつてない規模になり、その感染は主に強力なデルタ株となっている場合、最低でも10月から高齢者への3回目の接種を行わなければ、大変なことになります。

「高齢者の3回目接種は1月にも開始…河野氏、米ノババックス製使用も『あり得る』」(2021年8月30日 読売新聞)

「70日後コロナ抗体量大幅減 2回目接種、藤田医大」(2021年8月25日 共同通信)

「NY在住の大江千里、モデルナ製ワクチン接種後に副反応? 体調が急変し失神した」(2021年2月18日 ニューズウィーク日本版)

「新型コロナワクチン 高齢者への接種 きょうから開始」(2021年4月12日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月29日 23時45分
モデルナのワクチンの接種は即刻停止すべき
 
モデルナのワクチンの瓶などから異物が見つかった問題で、厚労省は29日、注射器を瓶に刺した際にゴム栓の破片が混入した可能性が高く、ワクチンの品質には問題ないとしています。これで幕引きというスガ自公政権・日本政府の意図をこの言葉にみます。しかし、以下の2番目の記事のように、モデルナのワクチンで30代男性が2名死亡し、その因果関係が不明とあります。実は、こちらの方が大きな問題で、死亡に至った原因が不明というのなら、当然、モデルナのワクチンの使用停止をするのはあたり前ではないでしょうか?

「針刺し時に栓のゴムが混入の可能性と厚労省」(2021年8月29日 共同通信)

「見合わせのワクチン、接種後死亡 30代男性2人、因果関係不明」(2021年8月28日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月28日 23時47分
《コロナ問題》 東京新聞のとても良い記事
 
以下の東京新聞の記事はとても良いものです。記事には、東京で街を出歩く無症状感染者が増えていて、繁華街でのモニタリング検査での陽性率が7月初旬と比べて約18倍になっていると書かれています。まさに感染を振りまくスプレッダーが東京の街にどんどん増えているわけです。記事には113人に1人と書かれています。

「東京都のモニタリング検査、コロナ陽性率が2ヶ月で18倍に…感染気付かず出歩く人が急増 」(2021年8月27日 東京新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]







  次の10件
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 419858
今日のアクセス: 97
昨日のアクセス: 349
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved