ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (1072)
日本の政治 (989)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/15 22:50 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (2)
10/14 23:20 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実
10/02 23:37 《日本の政治》 疑惑の二人は世襲の二人
10/01 23:52 《日本の政治》 単なるクグツ(傀儡)でしょ
09/30 00:54 《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない
09/29 22:14 《新型コロナ》 ウソばかりの言葉には反吐(へど)がでる
09/22 23:59 《日本の政治》 やはり新型コロナ感染爆発と医療崩壊はこの人が原因なのか
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
ブログ内検索

RSS



2021年8月30日 9時16分
《コロナ問題》 河野太郎氏では国民のための施策はできない
 
ワクチン担当の河野太郎氏が高齢者の3回目の接種は4ヶ月後の来年1月からと述べたと以下のように報じられています。河野氏については無能という評価がすでに定着した感がありますが、以下の2番目の記事には、ファイザーのワクチンを2回目接種しても70日後に抗体が大幅に減少すると報じられています。さらに以下の3番目のニューズウィーク日本版の記事でもモデルナのワクチンで抗体が「少なくとも3カ月間残存」(2月18日)と書かれています。3ヶ月が一つの目安です。しかし、高齢者への接種は4月12日から始まっています。ですので、すでに悠長なことを言っていられない状況なのです。そして現状のように感染規模がかつてない規模になり、その感染は主に強力なデルタ株となっている場合、最低でも10月から高齢者への3回目の接種を行わなければ、大変なことになります。

「高齢者の3回目接種は1月にも開始…河野氏、米ノババックス製使用も『あり得る』」(2021年8月30日 読売新聞)

「70日後コロナ抗体量大幅減 2回目接種、藤田医大」(2021年8月25日 共同通信)

「NY在住の大江千里、モデルナ製ワクチン接種後に副反応? 体調が急変し失神した」(2021年2月18日 ニューズウィーク日本版)

「新型コロナワクチン 高齢者への接種 きょうから開始」(2021年4月12日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月29日 23時45分
モデルナのワクチンの接種は即刻停止すべき
 
モデルナのワクチンの瓶などから異物が見つかった問題で、厚労省は29日、注射器を瓶に刺した際にゴム栓の破片が混入した可能性が高く、ワクチンの品質には問題ないとしています。これで幕引きというスガ自公政権・日本政府の意図をこの言葉にみます。しかし、以下の2番目の記事のように、モデルナのワクチンで30代男性が2名死亡し、その因果関係が不明とあります。実は、こちらの方が大きな問題で、死亡に至った原因が不明というのなら、当然、モデルナのワクチンの使用停止をするのはあたり前ではないでしょうか?

「針刺し時に栓のゴムが混入の可能性と厚労省」(2021年8月29日 共同通信)

「見合わせのワクチン、接種後死亡 30代男性2人、因果関係不明」(2021年8月28日 共同通信)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月28日 23時47分
《コロナ問題》 東京新聞のとても良い記事
 
以下の東京新聞の記事はとても良いものです。記事には、東京で街を出歩く無症状感染者が増えていて、繁華街でのモニタリング検査での陽性率が7月初旬と比べて約18倍になっていると書かれています。まさに感染を振りまくスプレッダーが東京の街にどんどん増えているわけです。記事には113人に1人と書かれています。

「東京都のモニタリング検査、コロナ陽性率が2ヶ月で18倍に…感染気付かず出歩く人が急増 」(2021年8月27日 東京新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]









2021年8月26日 21時28分
鹿をおうものは山を見ず
 
『鹿をおうものは山を見ず』ということわざがあります。意味は、目先の利益に囚われて道理を忘れてしまうことや、『木を見て森を見ず』と同じように細事に拘泥して全体像を忘れてしまうこと、そして深追いしすぎて道を見失うことなどです。言うまでもなく、現状のスガ自公政権・日本政府とコイケ都政は、このことわざにぴったりはまります。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月25日 0時0分
積極的疫学調査縮小が情報操作に使われている可能性
 
昨日(8月24日)の夜、パラリンピックの開会式が行われている時間に散歩をしていましたが、東京の夜風はかなり涼しくなりました。季節の移り変わりを感じますが、どうして『オリンピック』を1ヶ月ずらすことをしなかったかと、そうつくづく思います。まさに現在の日本(政府)の発想力と交渉力の貧困さを痛感します。実際、今の目茶苦茶な新型コロナウイルス対策を観ていれば、それは一目瞭然です。とにかく、オリ・パラは来年に再延期して、時期を後に1ヶ月ずらし、2022年8月24日に東京オリンピック開幕させることが、日本のすべきことだったでしょう。それこそが『お・も・て・な・し』だった。
そう考えながら、昨晩、歩いていると、ポツポツと雨が降ってくる。オリンピック開会式の夜にも同様に雨が降りました。場所は開会式会場から十数キロの東京板橋区。そういえばブルーインパルスが飛んだ昼間も、昨日昼と同じくオリンピック開幕日の7月23日の昼は曇天でした。天の気が悪い。政治から済民(人々を苦しみから救うこと)の心、国民本位の心という政治の核心がまったく失われていることが、明らかに天の気に現われています。
実際、以下の記事ではコロナ患者の6割が救急搬送されていないと報じられています。まさに政治から済民の心・姿勢が失われている証拠です。コイケ都政、スガ自公政権・日本政府が感染爆発を野放しにして患者が激増、それでいて政府はこれまで感染症を見越して病床を準備していない無策ですから、それは入院できなくなります。パンデミック時にオリ・パラをやる事自体が、感染爆発を野放しにしている何よりの証拠です。これがコイケ都政、スガ自公政権・日本政府の政治ですが、当たり前のごとく選挙では負け続けています。そして『ご懸念』まで出ているのです。
それでも、そのような『声』を無視し続けているので、感染爆発・オーバーシュート、医療崩壊となっているのです。とにかく感染の収束をはからなければならない。それこそが、現在の日本の最優先事項なのです。

「コロナ 救急搬送せず6割、小池都知事『救急隊の判断で』」(2021年8月19日 TBS)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月24日 17時44分
アフガニスタンを観る上でのまったく異次元の視点
 
内容は、基本的に8月22日に配信したオンラインセミナーのメルマガと同じものです。
(有料:250円/約2000字)
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年8月24日 17時21分
アフガニスタン情勢の本質
 
内容は、基本的に8月22日に配信したオンラインセミナーのメルマガと同じものです。
(有料:250円/約3500字)
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:世界の読み方] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 409264
今日のアクセス: 16
昨日のアクセス: 342
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved