このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
戦場における『映像』はシビアにみるべき
[日本の政治]
2022年6月29日 23時50分の記事

6月27日、ウクライナ中部クレメンチュクの商業施設に対するミサイル攻撃について、ロシアとウクライナの主張は食い違っています。ウクライナは商業施設が攻撃されたと主張し、ロシアは西側の武器貯蔵庫を攻撃し、その武器・弾薬の誘爆が工場に隣接する営業を休止していたショッピングモールに延焼したと主張しています。そして、以下のBBCの記事は、ロシアの主張などをファクトチェックした述べています。

・ 『【検証】 ウクライナ商業施設へのミサイル攻撃、ロシアの主張をファクトチェック』(2022年6月29日 BBC)

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


このBBCの記事を読みました。BBCはイギリスのマスコミですが、イギリスは反ロシアの急先鋒です。今回のロシア・ウクライナ情勢をつくり出したイギリスは、当然、ウクライナの現体制をつくり出した張本人ですし、そのイギリスのBBCの報道が、そもそも中立であるはずはありません。もちろん、その根本姿勢は反ロシアです。
そのBBCの記事を読んで、ロシアの主張への反論として成立の可能性があると考えられるのは、このショッピングモールが営業していた可能性ということくらいです。
そもそも、ロシアがショッピングモールを攻撃する理由はありません。イギリスをはじめ西側の当局やマスコミは、ロシア軍は武器、資金に窮していて、余裕がないとずっといっていますから、そのロシアが軍事施設以外の建物を攻撃する理由は、基本的にはないということが、西側の情報から言えることです。
むしろ、ロシアがウクライナの西側の武器貯蔵庫を攻撃し、その武器・弾薬の誘爆したということの方が、これまで西側が流してきた情報と辻褄が合います。
ウクライナはそのような武器貯蔵庫はないと主張していますが、そのことについてのBBCのファクトチェックは、ファクトチェックと呼べるレベルとは考えられませんでした。
アゾフスターリ製鉄所もウクライナは、民間人を盾にしたと考えますが、ウクライナはそういうことをやると考えます。そして、それと同じく今回のショッピングモールも、一種の民間人の盾であったのではないかと考えます。
さらに、違和感があるのが、このミサイル攻撃の映像がふんだんにあるということです。テレビ社会、さらにインターネット社会において、『映像』があるということが当たり前になっています。そして、私たちは『映像』があることで、信憑性を感じます。
しかし、戦場はそうではありません。戦闘地域の映像というものは基本的にないのです。だから、『映像』がある場合、むしろ、まずその『映像』は懐疑的に観る必要があるのです。
今回、映像があるのは、そこが商業施設だからあると言うことなのかもしれません。真実がなにかはわかりませんが、戦場での『映像の意味』はしっかりと考える必要があります。
そもそも、通常、外部のものは、戦場において何が起きているかはわからないのです。そういう戦場についての『映像』については、慎重に見る必要があるのです。だから、まず中立的な立場は最低限保たないと、ただ、戦争に巻きこまれ、戦争に利用されるだけになるのです。
日本政府や日本のマスコミはウクライナに明らかに肩入れしすぎています。
以下は米CNNの記事の一説です。この記事は、ウクライナに供与した大量の兵器の行方、米国も把握しきれていないというもので、そこに以下のように書かれているのです。


現地に米軍がいないことから、米国や北大西洋条約機構(NATO)はウクライナ政府が提供する情報に大きく依存する情況にある。ウクライナには、自分たちへの援助を増やし、武器の供与を増やし、外交支援を増やす根拠となる情報しか提供しない動機があることは、米当局者も認識している。
「これは戦争だ。彼らが公にする行動や発言は全て、自分たちが戦争に勝つことを目的としている。公式発言は全て情報作戦であり、全てのインタビューも、ゼレンスキー(ウクライナ大統領)の放送出演も全て情報作戦だ」。西側の情報に詳しい別の関係者はそう語り、「彼らがそうすることが間違っているという意味ではない」と言い添えた。

・ 『ウクライナに供与した大量の兵器の行方、米国も把握しきれず』(2022年月20日 CNN)

 


日本政府、日本のマスコミの報道がいかに偏ったものかは、このCNNの記事を観てもわかります。もっとウクライナの主張に対してもシビヤに観なくてはならないのです。日本は本当の平和ボケです。戦争の怖さや危うさを知らないナイーブさがそこにあります。タカ派ほど、このナイーブさ、平和ボケが強いのです。
このように日本政府や日本のマスコミはウクライナに明らかに肩入れしすぎる理由は、日本が次に対ロシアについて、ウクライナと同じ立場になるから、正確に言えばウクライナと同じ立場にさせられるからです。
しかし、ウクライナに提供した武器の行方を、米国すらも把握していないというのは驚きです。まさに本サイトの右上にある『ロード・オブ・ウォー』そのものです。まさに『腐敗国家・ウクライナ』と言えるものです。そして、ウクライナが腐敗国家だからこそ、今回、戦場にさせられているのです。
もちろん、ウクライナに米国はどっぷりつかっていますし、ウクライナ当局の流す情報は、当然、英米からのものです。それがNATOの東方拡大の意味です。それは見誤ってはいけませんが、このCNNの記事の記述は、戦争を考える上では最低限の思考的態度と考えます。CNNにしては珍しく良い記事なのかもしれません。
イラン・コントラ事件を考えれば、ウクライナに提供した武器が、北朝鮮に渡っていることを、米当局者の一部が把握・指揮しているという可能性は、当然、あるわけです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/474853
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年06月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1247)
日本の政治 (1162)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
08/03 13:34 キシダ政権のコロナ対策は人殺し政策だ その2
08/02 23:50 キシダ政権のコロナ対策は人殺し政策だ その1
08/02 10:32 テスト
07/31 00:51 なるほど米国のためにはなったのでしょう その2
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved