このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
上川発言の本質は何か?
[日本の政治]
2024年5月19日 23時51分の記事

外相の上川が、応援演説で「うまずして何が女性か」と発言、それが問題視され、早速、その発言が本人により撤回されました。この上川発言の本質は一体、何か?

・ 『上川外相 応援演説での「うまずして何が女性か」発言を撤回 』(2024年5月19日 NHK)

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


私が国民新党の広報部長をしていたときのある日のこと、午後9時過ぎに党本部の職場に一人だけ残って仕事をしていたら、電話がなりました。いつものようにとったら、陳情の電話で、不妊症の方からのものでした。陳情の内容は不妊症とその治療ついてや、支援体制の改善を訴えるものでした。2時間ほどお話しを伺いました。本音を言えば、仕事が立て込み、疲れ切っていたので、早く電話を切り上げたく思っていました。
しかし、その方のお話を聞くと、やはりそんな簡単に切り上げてはいけないと率直に思いました。その方たちにとっては本当に切実な、そして一生をかけたお話しなのです。軽く扱って良いはずはありません。そして、そのような立場の方たちに与える心の負担は考えなければなりません。このことは今回の上川発言にも関わることです。「うまずして何が女性か」と言ってしまえば、生みたくとも生めない人は女性ではないということになってしまいます。これはやはり大問題。
ただ、この世において、古今東西の別なく、人類という生物において、子どもを産み、将来に人間社会を形づくることができるのは女性の存在があってのことです。そして、女性が子どもを産むことが無価値だとは私には到底思えませんし、そして女性の存在そのものが無価値だとも私には到底思えません。女性が子どもを産むということは、この世の根本とも言える価値であって、それは否定されるべきことではないと心から思っています。この価値を否定することは人間社会、人類そのものの存在を否定するということと同義だと私は考えていますし、それは戦争をして大量虐殺をしても良いと言っていることと同じことと私は考えています。


○ 上川発言の本質
それでは、上川発言の問題点は一体、何か? 上述したように生みたくとも生めない女性は、女性ではないということを間接的にでも言ってしまっていますので、それはやはり大問題です。
ただ、それ以上に、そもそも、発言そのものが『女性』ということに偏りすぎていることに問題の本質があります。
『女性』と言うことをことさらに強調して、政治においてことを動かそうとするからこのような発言になるのです。あくまでもポイントはここにあります。だから応援演説でこのような失言となってしまったわけです。
そして、男女の別なく日本国民のためにあるのが政治家であるのに、上川は女性にしか焦点を当てていないので、このような発言になるのです。だから、この発言の釈明に言われた上川の発言にも、しっかりと『女性』ということに偏りすぎていることが貫かれているわけです。以下のように述べています。


「女性パワーで未来を変えるという私の真意と違う形で受け止められる可能性があるとの指摘を真摯に受け止め、この度、撤回をしたいと思う」

・ 『上川外相 応援演説での「うまずして何が女性か」発言を撤回 』(2024年5月19日 NHK)




では上川さん、男性パワーはどうでもよいのでしょうか? 男性は別にどうでもよい。日本政府において外務大臣という要職にあるのに、このような偏った発言が許されるのでしょうか? そんなはずはありません。
もし仮に、上川と同じ年齢である71歳の『男性』の外務大臣が『私の発言の真意は、男性パワーで未来を変えるということにある』と述べたら、これだけで女性蔑視・軽視のクソジジイと言われて、外相を更迭されるだけでしょう。男性パワーも、女性パワーも関係ないのです。政府の要職にある政治家は、『日本国民のパワーで未来を変える』といえば良いのですし、偏りなくそう言わなければならないのです。
しかし、上川は非常に偏っています。だから一連の発言になるのです。女性にしかポイントを置いていません。
実はこの釈明の発言で外相更迭でもおかしくはないのです。しかし、このことが問題にならないことが、現在の日本社会の最大の問題なのです。社会において明らかに平衡を逸していて、偏った視点が大手を振って歩いているのです。女性偏重であるのに、女性が子どもを産むことを無価値にしている社会。そしてその一現象がこの一連の上川発言とそのことへの反応なのです。
また、上川の一連の発言が問題視されないのは、この政治家が甘やかされていることの裏返しなのです。特にこの釈明発言で、この政治家は明らかに終わっている、将来に見込みがないし、日本のためには見込んではダメな政治家と私は考えます。
女性は大事にされ尊重されなければなりません。しかし、それは男性も同じです。繰り返しになりますが、国家において、外務大臣という日本国民に対して大変な責任を負っている存在が、このような偏った発言をすることは許されません。
本ブログ『『国民を甘やかす政治をしてはならない』といった池田勇人 』(2024年2月9日)では、上川について以下のように書きました。この評価は今でもまったく変わっていません。


上川の眼の暗さが非常に気になります。とても暗い。そこに国民を想う暖かさを私はまったく感じません。どうして、そのような人物が次期首相として名前が出てくるのか、まったく理解できません。無論、そこには何らかの作為があるわけで、その作為とは国民の意思とはまったく関係の無い背景があるわけです。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/495204
くる天

◎ 必読の書

○ 『餓死した英霊たち』

○ 『世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか』

先の大戦も、現在も日本国民を大切にしない政治。この2冊がそのことを雄弁に物語ります。

○ 『CIA日本が次の標的だ―ポスト冷戦の経済諜報戦』


◎ 拙著です

○ 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』



内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、2024年の世界情勢の根本要因が書かれています。この本とザ・フナイの連載をトータルで読むと、ロシア・ウクライナ情勢、パレスチナ・イスラエル情勢及び中東情勢、東アジア情勢など現在の世界情勢の本質が見えてきます。もちろん、日本国内の情勢も見えてきます。内外情勢は決して別々ではない。
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2024年05月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (1417)
日本の政治 (1328)
ザ・フナイ (15)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
06/12 04:00 コイケの本質はやはり『ウソ』なのではないか?
06/02 23:46 グッドコップ・バッドコップ 戦争屋バイデン(ハリス)とネタニヤフ
05/29 16:43 確実に生じている時代の変化
05/27 23:15 小池百合子氏は本当に首席でカイロ大学を卒業しているのでしょうか? その1
05/19 23:51 上川発言の本質は何か?
04/28 21:40 注目選挙区の島根1区 そして亀井亜紀子さん当選 島根が変われば日本が変わる
04/23 22:15 注目選挙区の島根1区
04/23 15:24 衆院3補選の前哨戦としての地方首長選挙と小池氏
04/19 23:34 イランに対してイスラエルが攻撃
04/19 15:07 円安ドル高は実はドル暴落の結果にすぎない
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved