このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
ニュジーランドテロの対応
[犯罪]
2019年3月24日 15時30分の記事

2019/03/21 ニュージーランド南部のクライストチャーチでモスクが襲撃され、50人が死亡した事件。
 白人至上主義とか、人種差別のこと?歪んだ憎悪のことでは?イスラム教徒がその対象とされた。 ニュージーランド首相はテロ行為者は犯罪者でその名も呼ばないとした。何も与えず名前さえ与えないとして徹底して行為の価値を剥奪し、粉砕するものであったといえるであろう。トルコのエルドアン大統領は報復を匂わせたが、テロ対テロでは宗教戦争になってしまう。トルコ人の犠牲者の国外犯として裁くのを妥当としよう。
 犯罪者の政治化の狙いを徹底して排除するのは、国の品格を高めるであろう。

 白人は優れているというのでは、白人以外の優れた人はいくらでもいる。理由にならない。移民受け入れがどこの国にもある軋轢や不満の原因であるのを白人至上主義に託けるというのではただの排外主義・悪感情・憎悪に過ぎないことを暴露するものといえよう。ナチスはドイツ民族は優秀だとして白人の中でも選別までしてユダヤ人排外主義に打って出て歴史の峻厳な淘汰を受けた。
 してみると、白人至上主義は人種差別、価値を与えられることは許されないであろう。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mb/424612


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved