ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2021年7月31日 17時48分
時代を画する民族にはなれない
 
 時代を画した民族は世界史的民族といわれる。ギリシャ民族・ロ-マ民族・ゲルマン民族、モンゴル民族ないしハ-ン、ユ-ラシア大陸に一大帝国を築いた蒼き狼チンギスハン・フビライその影響・権威は絶大であってそれは今日に至るまでという。

どの民族がその位置に付くかは世界精神(世界史を貫く理性)によって決定されるという。この民族の原理がその包み隠された幼児の状態を脱して完全に開花するに至るまでの発展が含まれるという。開花するとこの民族は自由で倫理的自己意識に到達し普遍的歴史に入っていくという(へ-ゲル)。

モンゴル・フビライは中国大陸に元を建国したこと。商業を手厚く保護し繁栄を築いた。明に北に押し上げられたとはいえ満州族清はモンゴルを権威として建国のかたちをとり明を滅ぼしたとされる。
その影響は大きく世界史を画した民族であるといえよう。現在ですらその権威やくびきが認められているといわれる。


中華人民共和国、農民革命、封建勢力を打倒して建国し、GDP世界二位にまでになった。社会主義の完遂にはある程度の資本主義的発展は欠かせないのは妥当とは言え、この国を権威として頼むような。その世界史的理性に信を置くような民族と評されるか。
その立ち居振る舞い。

世界の眼は厳しいのではなかろうか。

コロナ禍の原因と言われながら真摯に答えない姿。チベットウイグルでは人身の自由、精神の自由を奪ってまで従わせようなど、ハ-ンの足元にも及ばないか、くびきと認めてもらえようか、それは結局のところ世界的理性というものにとって大きな違和感を抱かれるからなのではなかろうか。











[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年7月28日 11時31分
武漢研流出説の行方
 
新型コロナウイルスの起源を調べるWHOの調査が不完全なものだったこと。自然発生説のいわゆる宿主となる動物を調べ尽くしても出てこないこと。あまりにも人に感染しやすい機能を獲得したのは既に前々(2015年)から機能獲得実験は武漢研で行われていたとの論文があること。

こうなると、この流出説は無視できなくなるのは当然。

ただ中国でのウイルス研究のレベルは低水準だったので、アメリカが資金提供していたということ。オバマの頃から。今回のパンデミックでようやく中止となったとされる。

WHOの一回目の調査では中国側の人間が調査団にはりついて物の言える状況ではなかったと。冷凍食品にウイルスがくっついてたなんてことはないと。調査団は初期段階の(9〜10月)の血液サンプルを出せと言っているのに出さないと。研罹患三人のカルテも動物調査のリストも出さない(当局が禁止してる)。

余りの状況証拠が揃ったがために中国再調査は止められない。しかし現時点では当局は調査拒否だという。

流出説を否定したいなら研究所の日誌、実験記録データをだせばよいものをと専門家は言われる。

これほど危険なウイルスを相当の注意を怠りまたそのようなレベルに資金提供する方も--方だといわれるかもしれない。

隠しとおす押し黙らせる姿勢というのがいつまでも維持できるものではないことは世界の感染者死亡者数を見れば明々白々であることは言うまでもなかろう。





[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年7月24日 9時21分
大義なき五輪にならぬために
 
古代オリンピックは戦いに明け暮れたギリシャ諸国がこの時ばかりは兵士は戦いを止めスポーツ競技の為にオリンピアに馳せ参じたという。その競技は神々に捧げるものだった。

戦後世界に日本が復帰するために1964年東京オリンピックの最終聖火ランナーは原爆投下の直前広島で生まれた坂井さんだった。二度と原爆投下の過ちを繰り返さない世界に向けたメッセージであったとされる。早大陸上部の若人は一気に階段を駆け上り聖火台に点火する爽やかな姿は晴れ晴れとして人々に強く印象付けるものであっただろう。

今回の開会式は異例の無観客。直前まで不祥事での辞任解任。控えめな演出。海外のメディアは国民に最も愛されない大会と評したという。

世界に何を訴えるのか、最終聖火ランナーに込める意味も批判を躱けたいそのためには人気の高い人をなのだろうか。

コロナ禍感染急拡大という緊急事態のなかで開催を敢行する意味。政府から説明も説得も充分あっただろうか。

せめて、選手は鍛え上げた技で大会を盛り上げ、感染を避け、技とスピリッツを見る人々に捧げることで、そして感動を与えることで、単なる政治利用に終わらせようとする輩を乗り越えるそれは可能なのではないかと思われるのであるが。






[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年7月15日 16時30分
五輪開催が暴き出したもの
 
戦後世界への敗戦国日本の復帰を象徴する1964年東京オリンピック。その使命を十二分に果たした感動の大会であったろう。

オリンピックが古来果たした役割、最近は発展途上国の先進国仲間入りと言うのもあげられる。

今回は多分に政治的(凋落の保守政権の得票挽回がかかる?)意図が明々白々のようであった。(IOCの放映権料欲しさのさもしい姿はいわずもがなである)。

同時に先進国から転落せんとする日本国を象徴するものになりかねないか。東日本大震災からの復興、原発事故からの復興、コロナに打ち勝った証だの、白々しく響く政治家の空言。

国民の中で五輪反対の世論が多数浸透し、素直に応援や賛同が得られない二極化が進み、政府の無責任さが際立ったがために、無観客開催を止むを得なくなった。

コロナは人の心を分断する。五輪は一時その心をまとめることができるかもしれない。しかし、政治的利用の政権の試みは大きく縮減し、コロナ再拡大の切っ掛けでも起これば(政府は選手村の感染者が出ても秘密にするようだが)大きく選挙票を減らすことは押しとどめようもないだろう。

五輪をきっかけに、政権交代、国民の意識が改まるようなことになれば、日本復興と言う意味合いにおいて開催の意義が見いだせることになるのかもしれないが。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年7月4日 17時24分
武漢研流出説から見えること
 
世界そして人類を襲った新型コロナウイルスのアタック。その感染しやすい塩基DNA配列が自然界に存在しないものだという。こうなると人為的なものを疑わざるを得ない。

なるほど。、中国雲南省奥深い洞窟に生息するコウモリの持つ遺伝子と96%余一致したというが。しろうとは、これで安堵しがちである。しかし、科学者は4パ-セントの違いを見逃さないのであって。この違いが重要である。つまり宿主が見つからない所以である。

ちなみに、かの武漢海鮮市場ではコウモリは売られていなかったという。

当初から中国当局が情報隠蔽したことがいわれ、これがためにパンデミックが招来し、全世界の人々が苦しむこととなった。

ソ連で軍事研究所から炭疽菌が流失したことが知られているように、厳重に管理されるべき危険なウイルスが流出することの絶対否定などできない。空気感染でなく研究員が感染して流出は可能であろう。

気になるのは、中国当局が極端にウイルス起源の調査を忌避し、外交的嫌がらせまでして抑え込む、否、最近の中国共産党の在り様、中華民族の復興などといかにも大段平を振りかざすのは、こちらを、隠蔽せんがための、犯罪者に見られるような心理が働いているように見えてならないのであるが。

この大失態?は隠そうとして隠し得るものなのか、これが確信的に判明する証拠が挙がった暁にはどういうことになるか。
推して知るべしであろう







[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年7月1日 21時48分
中国共産党100年と監視社会と民族復興
 
監視カメラ2億台がなければならないという。人民の監視に防衛費以上の費用が掛かる。

民主主義的正統性もなく空疎な社会主義ならぬ専制支配だから余計に負担がかかるのだ。しかし、国家統一には香港統合を性急に進めねばならず、台湾の統合もこの民族復興に含まれるのであろうが。チベット新疆ウイグルと強権で押さえつけこの政治の向かう先は台湾進攻なのであろうか、しかし壁が高すぎる。習氏には年齢時にも余り余裕があるようには見えないが。

毛沢東主義はイデオロギ-的限界があり、経済発展に舵を切った小平路線はGDP世界第二位にまで押し上げることが出きた。とはいえ習近平個人が限られた短い年数で民族の夢と言う民族復興を唱えるにしてもどうも無理が出てくる。

対外的には強硬に戦狼外交にでて、これは失敗しているとされる、一帯一路にしても世界に不信感を与え行き詰まりとされている。

アメリカを打ち負かすのが民族の夢復興だとでも言うのであろうか(なるほどアメリカが警戒するはずである)。逆に対中国包囲網をひきだしている現状である。真に社会主義の勝利を考えているなど到底思われない。「他民族を抑圧する民族はまた自由であり得ない(レーニン)。」は社会主義のテーゼである。

コロナの原因国としてその隠蔽体質は世界の顰蹙を買っているのではないか。記憶を持たない民族に未来はなかったのではなかったか。

へ-ゲルのいう世界史に画する民族になど遠く及ばないのではなかったか。





[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年6月21日 20時31分
なぜ五輪観客一万人なのか
 
五輪だけは特別。分科会の五輪に関係なくの忠告を余所にだ。無観客や少数の観客だと注目される開会式、100m決勝でアメリカNBCのテレビ映りが悪いからと言うことらしい。

NBCがIOCに支払う放映権料は3千億円をこえるという。観客一万人以外の大会関係者は別枠で数千人から?万人にのぼるという。日本人以外が目立つと困るというので観客一万人という観測もある。

どうも、誰の為のオリンピックなのか、国民の安心安全を繰り返しても、利権の為。選手は利用される、「体のいい見世物」なのではないか。

オリンピックが国威の発揚といわれる(ナショナリズム)。高揚した人々が、三密を容易に突破するであろうし、人流は押しとどめようがなくなる。強行したがためにマイナスの感染爆発の引き金を引くことのないよう願うばかりであるのだが。


[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年6月11日 20時34分
資本主義そのものがダメなら脱成長
 
バルセロナは富裕層しか住めないくらい土地も家賃も高い。
女性市長が誕生し市民に無償で土地住宅を与え誰もが住めるようにしているという。脱成長の試みがあるという。昨今、commonを言う人新生「資本論」という本が良く売れてベストセラーになっているといわれるのであるが。

一つのヒントとしてCO2最も出し続けているとされる(実に世界の50%も)富裕層に税率90%の課税(ピケッティ教授いわく)。こうすればお金儲けでなく成長でもなくということらしい。

人々も脱消費、いまの経済体制だと生活水準を自主的に下げるのはかなりの難題というか、貧困に対して富の再分配という流れが大事なのはよくわかるが。しかし、所詮資本主義体制内での微調整でしかないといわれる。


「資本論」マルクスエンゲルスが書いた労働力を商品化、財を商品化する資本の論理が、剰余資本を生み=成長理論、一部の巨大富裕層と対極の貧困層を生む、過剰資本は海外市場争奪を求めて帝国主義間戦争を歴史は経験した。今は過剰な金融資本市場に流れ込んでいるではないか。

common財には私有財産制が激突するし、レ-ニンのロシア革命は巨大な利益を失ったと気付いた資本家たちは白軍として赤軍との内戦に発展し敗北している。

社会主義は実は資本主義を前提として成り立っている。理論的にはcommon(労働者階級)が資本家を抑え込む独裁なのである。ロシアは瓦解しているがだ。

アダムスミスの言う見えざる神の手は自由放任主義などではけっしてなく、正しく導いて得られるものであって、社会主義も一つのこころみなのであろう。

アメリカで人気のサンダーズ氏も社会主義(革命を置くようには見えないが)も大きな民主党の潮流を支えるまでに至っている。
言っておくが似非社会主義世界の鼻つまみとなるようなコロナの発生源となるような国が見えざる神の手の担い手となることはとうていおもえないのであるが。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年6月10日 14時12分
1964年東京オリンピックと違うわけ
 
1964年大会は戦後とは言え日本で初めてのオリンピック開催であった
。日本人でオリンピックを知らない国民あまたの中、戦後戦禍からの復興を示すことのできた意義深い感動深い大会であった。

今回は、どうも風向きがおかしい。招致の時からしておかしい。腐敗に塗れた匂いの拭えないような招致の中心人物がそうではなかったか。コロナ禍という経済社会全世界的に危機に落とし込むようなウイルス災害であって、まやかしを覆う薄い衣は、たやすく剥ぎ落されてしまった。

原発事故からの復興は愚か、コロナに打ち勝った証などどこにもないではないか。1964年大会の直前千葉でコレラ感染が拡大し必死で抑え込んだという逸話が残っている。今回は感染も平気なものである。

そのご日本が進んだ道が、国民の汗と努力で成し遂げた戦後復興を継承し新たな世界に誇れる世界をリ−ドする政治経済体制を突き進んだのであろうか。

その実は驚異的奇跡とか言われた高度経済成長に胡坐をかき続け、現状維持政権で腐敗ばかりが蓄積されていったのではなかったか。

落ち続け、凋落限界に近付きつつあった政権に挽回とさらなる転落に拍車を掛けんとした利用道具と化した五輪ではなかったのか。

誇るべき経済においてすでに世界に後れ、国内では官僚忖度改竄、金権政治腐敗、野党含め国民も手を染めたかの停滞、そこえコロナ感染が体当たりをしてきた。

それでもオリンピックをやるのならその目的が問われるのは当然であろう。

願わくは、五輪株のウイルス変異が起こって、パンデミックに輪をかけるなどの世界に迷惑をかけることだけは避けて欲しいものである。





[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年6月6日 21時26分
「五輪開催は普通ない」尾身会長発言の波紋
 
分科会の尾身会長。WHOに籍を置いていた。世界が仰ぎ見る感染症の専門家とは彼のことを言うのだろうか。(尾身氏は厚労省に入省後、WHOに出向し西太平洋地域の小児麻痺(ポリオ)を根絶させた人物として世界的に知られているという。内戦が起こっていたフィリピンではラモス大統領(当時)に依頼をし、ワクチン接種のための『停戦協定』を結ばせたという逸話もあるそうだ。)

「パンデミックのところでオリンピックをやるのは普通ない。」さもありなん。パンデミック終息宣言後ならまだしも、変異株は比較的感染者を抑えたアジアの国で感染拡大の兆しである。日本も然り。

医療逼迫の拡大の必然。人が集まるのであるから規模縮小し管理体制強化は当然。そうまでしてやる目的の明示。全て指摘の通りで忖度などは微塵もない。人の生命安全を守るのであるから。

苦々しく思うは政権与党か。政治は結果責任。自民党票が激減するのを防ぐことが結果として求められるようである。誰の為の結果か?国民の為の結果ではどうもないようである。

アスリートの為、IOCの為、なるほどそれでは「犠牲が必要」なわけである。

ただ、金銀銅メダルもよいだろう、国際交流は残念であるが、もし結果として東京(五輪)株のようなもの、すでにそれらしき発生は見ているらしいが、出てきて感染拡大に歯止めがかからなくなったとしたら、結果責任はということだろう。当然選挙票に反映されるだろうが。

全てオリンピック誘致に端を発し、あわよくば、国民を興奮と熱狂に酔わせ憲法改正にまでこぎつける・・・
経済失策に限らず、官僚忖度改竄、金権腐敗、コロナに悉く打ち砕かれた企てと映ってしまうのはいかがなものであろうか。





[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved