ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2021年10月26日 20時7分
ジャパンリスクは格差にあるか
 
派遣労働非正規労働が格差社会の指標のように40%近くを占めようとしている。

まず、これでは賃金は上がらない、否、上げないようにいつでも首を切れるように経営者側の都合がよいように歴代自民党政権が図ってきた。なおその上に円安誘導大量国債日銀買取金融緩和で賃金価値まで下げ、輸出大企業に儲けさせ内部留保させたのがアベノミクスだ。

この金融政策で株でもうけ一億円の億万長者が20万人に増えたといわれる。金融所得課税の累進課税化は見送られている。もちろんトリプルダウンはおこらない。

申し述べておくが、投機的と言わないまでも(儲かる者がいるその分だけ損をする者が出てくる)富の偏りは一方で極端な貧困を招く
格差拡大、ついに日本で結婚できず子供を持てないアンダークラス人口がなんと一千万人に及ぶという。これでは少子化は避けられないではないか(GDP押し下げ要因)。

あまりに長きにわたり既得権益政治を自民政権が定着させたがために、政権腐敗を生み、嘘で塗り固めた政治に堕している。官僚も忖度改竄。これもジャパンリスクである。

ようやく、再分配の話が持ち上がるようになった。

先進国経済GDP世界三位の日本国だったならなおさらこれらの問題を克服する責務があるといえよう。世界の主導的地位に回復しなければならない。

悪しき流れを断ち切るには政権交代しかない。

野党諸君の奮闘を期待するのみである。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月25日 13時53分
温暖化危機脱却を若者が力となって
 
グレタ・トゥ−ンベリさんが15歳の時一人で始めた学校に行かないで校門でストライキする地球温暖化回避の抗議行動。怒り大人を叱りつける。実は、若者のこうした活動が拡大し消極的なバイデン大統領を大きく積極的にさせた。

今回の総選挙、生活、賃金、再分配、国民的救済、それは良いとしても、肝心の経済対策、どうやって取り残されようとしている日本経済の復活、を真剣に訴える姿勢。与野党ともに欠落している。

エネルギー転換において世界から圧倒時に取り残された日本。押し迫る地球温暖化の危機に再生可能エネルギ-への転換がコストが高すぎて進まない、省エネ化に掛けるばかり、ずばり、政府が原発化石燃料依存の既存業界の利益を守るばかりの自民党政治が原因。
再生可能エネルギー転換への巨額の財政出動もしないで、イノベーションがないからと、これが日本経済を滅ぼす。見て見ないふりとでもいおうか。

世界を滅ぼすものは悪い者の行いではなく、見て見ないふりをする者の行為である【アインシュタイン】。

総選挙でもしかり、覚醒的投票行動が大事な分岐点で左右するのだ、若者の行動(日本の若者の行為に懸念はないか)が大きいという。

そうでなくても、若者、心ある人が政治に参加することを社会や地域や企業が支援することが重要だという。しかし、如何せん日本は代議制民主主義。会社勤めしながら議会に行くことはないだろう。政治屋で飯食う。

政党政治である。その度量宜しくチュ-ドレンを持たない立民、れいわは若いチュ-ドレンはどうなのか。

ままよ、政治決戦投票は目前である、野党諸君、善戦され、奮闘され、武運長久を祈るのみである。







[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月17日 19時40分
ミャンマーどう治めるか
 
2011年軍から民間移管されて民主主義が10年施行。世界の投資を呼び込み人々の暮らしも自由で豊かに。しかし、2015年2020〜21年選挙アウンサンスーチー氏率いる民主派の大勝利、予想外に権益失うことを恐れた軍はク-デタ-を。

 以来、民主化を渇望し決して軍政に戻りたくない市民の抵抗が止むことなく軍は銃で弾圧、そのうち屈服するという甘い予測だった。市民は死もおそれない勢いが(こういう政権は滅びる運命に)。


しかし無抵抗の犠牲者が減ることなく、今年四月民主派の国民統一政府は武装を呼びかけ軍を攻撃せよと。九月十月で約1000件の衝突や爆破があったとされる。爆破は軍の通信施設など。軍は苛烈かつ残虐な住宅報復砲撃など行い。火力に物言わせて。恐怖支配が目的。人々は山奥に非難しているという。

民主派非暴力と思いきや、ヒットアンドスエイのゲリラ戦、力関係の弱い場合に効果的だ。軍の兵舎を襲うのが歴史的には行われてきたがどうか。

軍を割くような軍に正義感は期待できないだろう、無抵抗な市民へテロを行うレベルだ。

軍事としては少数民族が武装市民を支援しているとされるが、訓練し、正規軍化して、ミャンマー軍各個撃破を引き出し、包囲し、やはり殲滅しなければならないのだろう。

アジア各国をはじめ手を差し伸べようとする試みも軍により妨害されている。利害がないからと世界から忘れ去られることを恐れるビルマの人々。

しかし、結局は自国民の手で軍事政府を倒すしかないのである。適切な指導者参謀アウンサンスーチー氏の父君のスーチー将軍のような人材が求められているのだろう。







[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月16日 19時51分
アフガンの食料危機
 
アフガニスタンでは、干ばつによる食糧難に加え、イスラム主義勢力タリバンの復権で経済がマヒし、政権も安定しない。各国は様子見で食糧援助を止めているという。


アフガンでは80%の人が十分な食事ができない。タリバン復権の混乱で90%に広がったという。

飢餓の危機、子供たちが急性栄養失調で死ぬ、厳しい冬で知られるアフガンで直近で重度の栄養失調100万人から出る恐れがあるという。

飢えと言えば、太平洋戦争で日本は四方を海で囲まれ制海権を失い食料輸送船が悉く米潜水艦によって沈められ、いわゆる兵糧攻め。食べるものが何もなくなり。栄養失調で亡くなる人が後を絶たなかった。ひとたび栄養失調、骨と皮になり、手当てしても効かないのだろう。親を空襲で亡くし、路上に横たわる子供の数、動けなくなり死に至る。こういう風景がかつて日本にあった。


イスラムの原理組織は統治能力において、各国の支援を受けうるだけのプレゼンスがないのであろう。

人道的危機である。人命第一。世界そして日本何をか為さんや。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月14日 20時43分
そんなに急いで墓穴を掘るか
 
衆議院議員任期満了とは言え史上最速の衆院選日程。ただでさえ出足内閣支持率が低いのを意識したか。熱の冷めない間に。岸田氏総裁選で主張した所得倍増金融課税子育て支援健康危機管理庁党改革はすべて選挙公約から姿を消した。安倍すり直し公約。

腰砕けの別名があるとはいえ、国民の冷ややかな視線を浴びるだろうこと。

自民の瓦解が始まっているのかもしれない。安倍強権政治は金権腐敗一億五千万官僚忖度改竄森友加計桜と続きアベノミクスは格差拡大ジャパンリスクを深化させた。嘘と不公正は経済にもよろしくない。コロナ対策に完全に遅れ五輪による政権浮揚もなく衆議院議員任期満了を迎えた。

政権交代。潮目はかろわろうとしている。

どうぞ、野党諸君、小異を捨てて大同につく、国民の為と思って、野党候補一本化に努め、可能な限り国民に安心を与える政策を打ち出していただきたい。

現状の経済を突破できる方策、世界からの遅れを取り戻す、正直、野党諸君にはないのだけど(与党にもだ)政権政党には求められるのだから、ちゃんと追及してほしい。

将来世界に見習われるような国のあるべき姿、ちゃんと稼ぎ食っていけるビジョンを真剣に模索し定立していただきたい。共生というような社会のあるべき姿以前の問題である。



[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月10日 14時32分
代案なき総選挙
 
ジャパンリスクといわれる世界からも取り残され停滞する日本経済。しかし、与野党ともにこの危機感が欠如している

分配で優劣を競ったとしても、13年前からGDPは動かず。実質賃金は減り続けリ−マンショック時のものに。基幹産業鉄鋼エチレン自動車20年間で20%落ちている。この停滞はアベノミクスの金融緩和で突破するのは無理であった。むしろ産業を停滞すらさせた。こんごどうやって国民が飯をくっていくのか。

識者の言うように過去の成功体験に浸り、産業振興を怠ってきた。エネルギー転換に後れ原発頼み、コンピューターシステムでも遅れ、ひたすら旧い製品を世界に売り続け、これでは、世界からおいて行かれる。為替差益で儲けていくような経済ではダメだ。貿易立国が輸出も減るようでは。既得権益政治が影響したのは疑うべくもないのであるが。


食と農(多くが国が農業所得の半分保障するすなわち安全保障と捉えている、医薬も安全保障の色合いがある、全て市場原理でやろうなどとするから育たないのだ)、医療防災、国民生活安定させる産業基盤作り、すなわち内需拡大。こうなると大胆な日本作り変えが必要となる。

この代案が与野党にない。

真剣に代案を作る政党があれば、どうぞ、政権を託しましょうということになるのであるが。





[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月10日 12時1分
台湾海峡封鎖能力とは
 
一つの中国は単なる中国による主張に過ぎない。現に台湾中華民国は中国とは別に存在している。

毛沢東が台湾進攻に着手するも日本帝国陸軍の根本中将が撃破し諦めさせて以来、台湾進攻の具体的な戦闘には至ってないものの、
近年頓に中国習近平による強硬姿勢軍用機を連日飛ばし示威行動が目立つ。軍備増強による台湾海峡封鎖台湾島への侵攻と言うのであろうが、対立の米国は豪の軍事力強化豪英米のAUKUS軍事協力を成立させたことに対する中国の危機感があるという。束になってかかれば確かに軍事的圧力は高まりこそすれ。

習近平にすれば国内経済がうまく回っていない長期政権には共同富裕をかかげ、虎の威(カリスマ毛沢東孫文)を借りてでもとサバイバル作戦。

台湾軍一枚岩と思うが蒋介石と渡った外省人、中国人と言う意識が高く軍に浸透し情報が中国軍側に漏れるという。
台湾には米軍基地はなく。沖縄に。

外交で欧米諸国が台湾支援に回る、緊張緩和をやはり外交で計らねばならないだろう。

台湾海峡機雷封鎖できるか、そうではなく対艦ミサイルなど総体としての軍事力を指すのであろう。

日本にとってもシ-レ−ン。こちらの防衛でも台湾海峡を守らねばならないだろう。
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年10月3日 17時31分
目指すべき道、国家観を示すことができたとは
 
右は自民党総裁選で高市氏を支援した安倍前首相の言葉である、岸田氏と高市氏は二位三位になった時の約束があったそうで。決選投票を制した支援票はそこから、これでは頭が上がらない。

結局3A(安倍麻生甘利)の上に載っかかっての総裁の座である。岸田氏が新たな政策を打つにしてもそれらの間隙を縫ってということ。限界が見えるではないか。

そうなれば、政権交代するに如かず。

ぐっと日本を戦前寄りに引き戻す。そうした国家観を今回しめせたというべきなのか。

彼の歴史修正主義者、表向きはそうでなくても好戦的で帝国主義間戦争突入には政府が決定を下したのを否定的には捉えぬはずである。戦争が決して強いのでもなかったが市場欲しさの侵略略奪戦争であった。いやしくも戦争だ。勝つ戦争をしなければならなかった。ところが、かなり無責任。いい加減さはしまいには神風が吹くなどと。

そこには僅かな責任ある有能な指揮官がいたかもしれないが、無理で無謀な作戦(インパ−ル作戦神風特攻隊など)が目立つ戦争遂行であったろう。

かの敵ロ-マ軍を苦しめた戦術家カルタゴの「雷光」ハンニバル将軍、戦略家マケドニアのアレキサンダー大王、でなくても対外戦争の経験が多くなかった日本、重厚な「戦争論」のような戦争哲学書を生むヨ-ロッパのような土壌はなかった。

こういう負の歴史、反省の歴史にたった戦後日本からの出発であるならば、我が国の進べき道国家観は日本国憲法に求めなければなるまい。

歴史、を修正するなどの不遜な心は金権腐敗官僚忖度改竄森友加計桜と不祥事が後を絶たない。

弱すぎる野党も国民の覚醒投票行動によりそして厳粛なる政権選択が行われようとしているなかである。







[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年9月29日 15時16分
岸田新総裁選出による政治の動向
 
岸田文雄前政調会長が自民党総裁選を制した。宿願の総理就任、総選挙の顔となった。

これで落ち目の自民党はなんとか辛うじて選挙を戦える。

安倍路線に距離感が感じられるし、改めて自民党与党の人脈の幅が見て取れる。返す返すも野党の層の薄さ人材の幅のなさ、55年体制で与党支える野党として国民を裏切ってきた付けは大きい。

じゃあ、何を見て投票すべきか。アベノミクスの総括すらみられないのであるから、どこへ向かうか期待など持てようもないし限界は既にある。自民党の向かう方向はその憲法草案にあるところだ。
日本国憲法をぐっと戦前寄りに引き戻し天皇をまたまた引っ張り出し、どちらかと言えば沈没気味の家族を個人の上に置き、国家を重視するような。いかなるビジョンであろうか。あまり興味はわかないが。自民党=既得権益政治が続けばいつか日本が立ち居かなくなるは想像に難くないのであるから。

野党諸君、瓦解の安倍菅政権からのおこぼれ票がより期待できなくなり、要するに如何に野党一致して向かうべき日本の未来へのピジョンを、示せるかがかかっている。

国民の信任を得れば今度こそはヒト物金を投入し、地道な政党活動を行ってほしいものだ。

北が弾道ミサイルを打つたびに票が自民に流れたりしないようぶれない選挙活動をお願いしたい。

[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2021年9月25日 15時47分
100年前マックスウエーバーの予言は
 
プロテスタンチズムの禁欲精神が資本主義の精神?と合致するなどと逆説的な立論し100年前スペイン風邪パンデミックで死亡した社会学者マックスウエーバー。

資本主義というこの鉄の檻は現存し続け、終わりも見えず、さらに研ぎ澄まされた檻である(新自由主義)。思想、理想の復活もなく新しい預言者も現れない。檻のなかでは泥棒がレースをしているのだそうな。

社会学者としての一石は投じたとして、資本の本質から解き明かす経済学的解明マルクスエンゲルスは予言はしてなかったようだが。

予言は、見えざる神の手、アダム·スミスは百年後或いは何時か自由放任などではなく正しく導けば幸せな世界が訪れると奇しくも述べた。

どう導く?社会主義の試みはどうか?柄悪く、顰蹙をかいながら、資本主義としての貫徹を目指さんとするアジアの社会主義大国は。

救われるべきは、やはり倫理の定律。その社会·企業がはたすべき良き目的の定立。それを政府、社会が根着かせる意欲試み。

時代は正に歴史的感染爆発に見舞われ、個々が政府が社会が根本を問い直す、ステージが到来しているのではなかろうか。

[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved