このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1070)
日本の政治 (987)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/02 23:37 《日本の政治》 疑惑の二人は世襲の二人
10/01 23:52 《日本の政治》 単なるクグツ(傀儡)でしょ
09/30 00:54 《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない
09/29 22:14 《新型コロナ》 ウソばかりの言葉には反吐(へど)がでる
09/22 23:59 《日本の政治》 やはり新型コロナ感染爆発と医療崩壊はこの人が原因なのか
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
09/09 23:47 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (1)
09/08 10:06 《日本の政治》 現状の政局のポイント
ブログ内検索

RSS
《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
[日本の政治]
2021年9月10日 0時43分の記事

「《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (1)」(2021年9月9日)へ続く。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


◎ ワクチンは切り札??
スガ氏の記者会見を観ていて、『ワクチンは切り札』という言葉が踊っていると率直に思いました。以下の記事でもそう書かれています。
しかし、それならどうしてワクチンの供給の遅れなどが生じたのか? 明らかにそういう不手際があったわけです。それにワクチンが切り札というのなら、そもそもワクチンの開発・製造の自立性を喪失したという自公政権の最大の失政が、本当なら最大級にクローズアップされるべきことです。スガ氏もこの約10年、中心人物として政権に関わっているわけで、その無能無策は明らかに万死に値するものです。

「(3)「やはりワクチンは切り札」」(2021年9月9日 産経新聞)

以前言われていた、国産ワクチンはどうしたのでしょうか? シオノギはどうなったのでしょうか? 武田薬品が製造するからと言ってノババックスという選択は、国産ワクチン断念ということに過ぎないのではないかと考えます。自公政権で国産ワクチンと言うことをしっかりと育てて来ていませんから、いきなり現状のようなパンデミックに遭遇しても、到底対応できないと言うことです。そのことを今回のノババックスのワクチン購入で最終的に証明したと言うことです。
今回のノババックスのワクチン購入は、アベ・スガ時代とこの20年の自公政権の失敗と無能を決定づけたものなのです。

「ノババックス製ワクチン、来年1億5000万回分供給へ 武田薬品が国内生産」(2021年9月7日 化学工業日報)

また、本ブログ「《コロナ問題》モデルナのワクチンの接種は即刻停止すべき その2」(2021年8月31日)で取り上げたように、モデルナのワクチンで金属アレルギーについて取り上げました。
以下の記事のように、その後も死亡事例は報告されていますが、厚労省の専門家部会の見解は因果関係は評価できないというものになっています。
このことは普通に考えて、因果関係があるかもしれないし、ないかもしれないということであって、危険性がまったく無いと言うことではないわけです。実際、危険性がないと政府は言い切れないものと考えます。だから、因果関係は評価できないという見解になっているわけです。
それなら、すぐにモデルナのワクチンの接種を中止すべきなのです。危険性がないと実証できていないのですから。
しかし、それなのにどうして、スガ政権はこのモデルナのワクチンを止めなかったのか? それはワクチンがスガ政権にとっての切り札だからです。それしか防疫対策はやっていませんから、そのワクチン接種が止まれば、政権維持に支障が出る、だから止めることはしなかったということと考えます。
実は、この9月9日の記者会見でのスガ氏の発言である『ワクチンは切り札』という言葉が、逆にこの政治的思惑を雄弁に物語っていると考えます。ワクチンが切り札という意味は、防疫対策にとってとスガ政権にとってと二つの意味があるということなのです。
そうなるとこのスガ氏の権力維持のために命を落とした方がいるということになります。このことは、今後、徹底的に検証される必要があります。

「異物混入疑いワクチン、接種後さらに1人死亡 因果関係は不明」(2021年9月6日 朝日新聞)

◎ ワクチンを切り札にするための施策ということが実相
この会見ではワクチンと検査ということが言われ、その方向性は評価しますが、はっきり言って検査に関してはまったく不十分だと考えます。
中国と台湾は、ワクチンが普及する前の昨年から、新型コロナウイルス防疫対策で成果を上げて、世界で唯一と言える経済成長も果たしています。つまり、ワクチンを切り札にしなくても成果を上げている国があるということです。
この中国・台湾は、基本的にPCR検査の社会的検査と隔離、また極めて厳しい水際対策など、基本的には感染者の早期発見と隔離に重点をおいて、成果を上げたわけです。この中国・台湾の新型コロナウイルス対策は、新型コロナウイルスに対する呉越同舟、国共合作と考えます。
この中国と台湾のやり方が、伝染病・疫病に対する基本的な取り組み方と考えます。その上でワクチンを使用するというのが、もっとも効果的と考えます。
日本は、この中国・台湾の成功事例を一切行なわずに、なんと防疫政策ではない需要喚起政策であるGOTOトラベル・イートなどをして感染拡大を放置し、結局、感染爆発・オーバーシュート、医療崩壊、家庭崩壊までいってわけで、それでいてワクチンが切り札というのでは、明らかに本末転倒ではありませんか。あまりにも無責任であり、単なる我田引水に過ぎません。
この日本の施策の実相は、ワクチンが切り札なのではなく、ワクチンを切り札にするように仕向けているということに過ぎません。そうとしか見えません。
そして、今後もこのような事情はまったく同じで、ワクチンの抗体の持続期間と変異種のことを考えれば、感染防止と言うことを基本に据えないと、ワクチン接種の無限ループと言うことになってしまいます。
これまでのアベ・スガ自公政権・日本政府の施策の実相を考えると、ワクチンの必要性が高まるように感染拡大を容認してきたと見えてしまいます。これは明らかにおかしいのです。まず、目的を感染拡大防止の徹底にしなくてはならないのです。そして、このことは、今後を考える上でも確実に必要な視点になるのです。

◎ 本当の出口戦略は新型コロナウイルス終息
現状、ワクチン接種を前提とした行動制限の緩和が言われています。そして、これを出口戦略と言う向きがありますが、はっきり言ってこれは出口戦略ではありません。
本当の出口戦略は、あくまでも新型コロナウイルス終息への戦略だけなのです。
これまでずっと言われてきた『出口戦略』なるものは、単に緊急事態宣言解除のための基準緩和や行動制限緩和などに過ぎません。しかし、その結果、どのようなことが起きたでしょうか? 最終的に行き着いた先は、先月の感染爆発・オーバーシュート、医療崩壊、家庭崩壊なのです。
はっきり言って、アベ時代から一貫して出口戦略として新型コロナウイルス終息への戦略は語られておらず、行動制限緩和のことばかり、その典型がGOTOトラベル・イートやオリ・パラであったわけです。
繰り返しになりますが、結局それで緊急事態宣言のオンパレードとなり、先月は首都東京で感染爆発・オーバーシュート、医療崩壊、家庭崩壊となったわけです。どこが出口なのか? 最悪の事態に至ったというのがことの顛末ではありませんか。
よく考えて観れば、一回目の緊急事態宣言解除からずっとこの出口戦略、行動制限緩和、経済を回せと言ってきた結果、その犠牲者がすでに1万5000人以上になるわけです。これは明らかに失政であり、経済を回すということによって生じた犠牲なのです。許されるものではありません。これは経済界に大半の責任があるわけです。
中国・台湾は上述したように、しっかりと感染拡大を防止して、世界で唯一と言える経済成長を果たしているわけです。言うまでもなく、このやり方しかなかったのです。これが私たちにとっての正真正銘の『出口戦略』だったのです。
どうしてパンデミックにおいて、感染拡大に結びつく行動制限緩和が出口戦略と言われて、新型コロナウイルス終息戦略がまったく提示されてこなかったのか? この事自体が狂っていますが、このような感染拡大を促す出口戦略が、結局は上述のワクチンが切り札になる状況を作り出してるにすぎないのです。明らかにこのことは意識的に行なわれていると考えます。
そして、何よりも誤った『出口戦略』の議論がまかり通る日本というのは、その劣化がかなり末期的な状態と考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/463768
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 407451
今日のアクセス: 54
昨日のアクセス: 231
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved