このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
善隣外交こそ日本の生きる道
[日本の政治]
2022年6月20日 22時37分の記事

本日あるサイトに、今後の日本の方向性について素晴らしい提言がありました。

・ 『自衛は武器だけでなく、外交によっても達成できるもの』(2022年6月20日 スプートニク)

【PR】電話相談システム開発ならイーステム



そのサイトには以下のように書かれています。


こうしたことから、日本の自衛政策は、最新の航空機、艦船の購入だけでなく、地域でくすぶる紛争を平和的に解決するための外交的努力に基づくべきだという結論を導き出すことができる。



要するに日本は地域でくすぶる紛争を平和的に解決するイニシアチブをとる外交をすべきということです。それが最高の自衛策だと。そして地域でくすぶる紛争とは、朝鮮半島や中台問題と言うことです。アジア全体といっても良いでしょう。もちろん、そうすることが日本にとっては最大の国防政策になることは間違いありません。なぜなら軍事力をどんなに増強しても国土や人口から考えて限界があるからです。それなら、周辺地域、アジア全体を平和にすることに力を注いだ方が、日本の安全を守ることになるのは間違いありません。現在の日本は、そのための努力を一切していません。むしろ、日本が周辺地域・アジア全体の不安定要素にあらたになろうとしています。それでは、日本の安全もまた不安定化します。
本当に上記提言は素晴らしいものと考えます。
この提言をしたのは、ロシアのメディアであるスプートニクです(記事は冒頭のリンク)。現在、ロシアは日本では鬼畜扱いですが、私はロシアをそのようには考えていません。その理由は昨日のブログ『岸田氏はアベ政権での外相時代にウクライナ支援をした 2』(2022年6月19日)で書きました。もちろん、私はロシアの手先ではありません。
上記提言を私が評価するのは、すでに4年以上前から私が同じことをザ・フナイの連載などで申し上げてきたからです。ザ・フナイ2018年2月号では以下のように書きました。


平和国家の建設と善隣外交
これまでの構図が変わり平和を基調とする新しい時代において、まず世界の平和を最大の課題として考えることが明らかにポイントになります。そしてこのことは一九四五年九月に昭和天皇が平和国家建設の詔(みことのり)を発したときからのわが国の国是です。防衛力は否定しませんが、しかしこの最大のポイントを外すと際限のない泥沼にはまっていきます。
善隣外交というと非常にありきたりに聞こえるかもしれませんが、日本の場合、非常に重要な意味を持ちます。米国を含めて日本は米中露という世界の主要国と接し、これまで指摘してきたようにロシアには独仏露の枠組みがありますので、欧州へも通じていきます。したがって、日本の場合、隣国とあまねく平和を構築するということは、世界の平和を確立するということになります。これら隣国の一国でもその枠組みからはずれると、実は世界のバランスが崩れ、世界的な戦争の危険性が増します。これがこれまで申し上げてきた“2(ユーラシアと南北米州)+1(日本)”の世界の枠組みです。この枠組みこそが日本が存在を示し世界から必要とされる唯一の道と考えます。



終戦直後の1945年9月の昭和天皇の平和国家建設の詔から、わが国の国是・方向性は、平和の構築にすべての主眼があります。そして、そういう流れの中に『平和憲法』があるわけです。もちろん、その平和とは日本を含めた世界平和のことです。私たちはこの国是からはずれてはならないのです。周辺地域と世界の平和を形づくるために率先してイニシアチブとることだけが、わが国の生きる道です。
しかし、現状は、上述のように、むしろ日本が地域の不安定要素に日に日になっています。それは間違いなく、日本をボロボロにするでしょう。その理由も昨日のブログで書きましたし、このスプートニクでも日本が戦争に巻きこまれると端的に指摘しています。上掲のザ・フナイ2018年2月号でも「しかしこの最大のポイントを外すと際限のない泥沼にはまっていきます」と書きました。このようなことは4年以上前から予想できる、まったく明らかなことなのです。これが常識的な見方ですが、今の日本の問題はこの常識的な見方がないことです。
満州人脈・大陸進出派のアベ氏が、戦前・戦中と同じことをまたしていますから、このままだと日本の周辺国の日本に対する敵意が非常に大きくなり、大変な反発を食らうことでしょう。そうなった場合、日本は太刀打ちできず、ボロボロになります。あなどってはいけません。
日本はすでに善隣外交の方向で歩み出さなければならないときとなっているのです。日本はそうすることによってのみアジアで卓越したリーダーシップを発揮することができるのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/474465
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年06月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
カテゴリ
全て (1247)
日本の政治 (1162)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
08/08 23:45 なぜ橋下は強引な解釈をするのか?
08/07 23:50 災害で自主的に動く日本国民、まったく動かない韓国のカルト団体と関係するキシダ自民党政権
08/06 22:36 New! 安倍晋三さんの葬儀を国の儀式として行なうことを中止すべきは当たり前 その1
08/06 21:35 New! 現在の中台問題の原因は日米側にある
08/05 23:44 自民党は『不作為』の意味が本当にわかっていない
08/04 17:45 なぜ、キシダ政権は国民のために考え、動くことができないのか?
08/03 13:34 キシダ政権のコロナ対策は人殺し政策だ その2
08/02 23:50 キシダ政権のコロナ対策は人殺し政策だ その1
08/02 10:32 テスト
07/31 00:51 なるほど米国のためにはなったのでしょう その2
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved