ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。
カレンダー
<<2017年08月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリ
全て (427)
日本の政治 (366)
ザ・フナイ (9)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
08/15 20:17 天皇陛下のお言葉
08/14 23:56 歴史と社会科学
07/31 13:23 何が目的か?
07/26 00:00 腹心の友としては失格
07/25 22:47 腹心の友としては失格
07/24 04:04 体質的な問題
07/23 23:59 体質的な問題
07/19 23:59 敗因と勝因 その2
07/18 23:51 敗因と勝因
07/02 23:59 作られた構図 その2 選択肢のマジック
ブログ内検索

RSS
2017年8月15日 20時17分
天皇陛下のお言葉
 
政府主催の全国戦没者追悼式で、天皇陛下がお言葉を出されました。
以下のリンクにお言葉が掲載されています。

「全国戦没者追悼式 天皇陛下のお言葉(全文)」(2017年8月15日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年8月14日 23時56分
歴史と社会科学
 
ザ・フナイでの連載も早いもので24回目、丁度2年を経ました。拙論のような常識や固定観念を一切気にしないで書く考察は、思考の自由が確保されているザ・フナイでしか許容できないと思っていますが、それでもよく2年間も拙論を載せていただいたと思っています。同時に読者の皆様も辛抱強く見守っていただいたと思っています。心から感謝申し上げます。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月31日 13時23分
何が目的か?
 
稲田前防衛相の辞任に際して、安倍首相は任命責任は自分にあると述べていました。稲田氏については、先の都議会選挙における自衛隊私兵発言、森友学園問題においては明らかに虚偽と言える国会答弁、また南スーダンについては日報問題があり、また同じく南スーダンへの武器輸出についての見解について米国国連大使(当時)から疑義がでたり、はたまたグッドルッキング発言で失笑を買ったりと、本格右翼の防衛大臣としてはあまりにもお粗末な、史上最低の防衛大臣となりました。このような問題発言や虚偽答弁が何度も指摘される政治家をいただいては、自衛隊の指揮も、士気も乱れるのは当然で、社民党の福島瑞穂氏の方がまだはるかにましであったろうと考えます。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月26日 0時0分
腹心の友としては失格
 
昨日の本ブログ「腹心の友としては失格 廖複横娃隠掲7月25日)の続きです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月25日 22時47分
腹心の友としては失格
 
国会の閉会中審査で、加計学園問題が取り上げられ、安倍首相の答弁についての疑問点が噴出しています。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月24日 4時4分
体質的な問題
 
昨日の本ブログ「体質的な問題 廖複横娃隠掲7月23日)の続きです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月23日 23時59分
体質的な問題
 
新国立競技場の工事現場で働いていた男性新入社員が過労で自殺したとして、その社員の両親が労災申請をしたことが様々に報道されています。

「五輪『新国立』工事現場で働く新入社員自殺…「月の残業212時間」両親が労災申請」(2017年7月20日 弁護士ドットコム)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月19日 23時59分
敗因と勝因 その2
 
先の都議会選挙について、投票行動という観点から見ると、実はそこに大きな変化があるわけではありません。選挙の結果は、自民党の敗北、都民ファーストの会の躍進ということが大きな話題となりましたが、その結果をつくり出した投票行動は変わってはいません。これが、この選挙でのポイントの一つとしてあります。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月18日 23時51分
敗因と勝因
 
先日の東京都議会選挙における自民党の敗北について、“THIS IS 敗因”と中谷元さんの上手くまとめた言い方がありました。もちろん、これだけではなく、安倍政権、というより安倍政権の思考そのものが既に大きな問題点となっていることは明らかです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年7月2日 23時59分
作られた構図 その2 選択肢のマジック
 
選挙となるとクローズアップされるのが、候補者のプロフィールや政党、政策、そして時の風などです。しかし、選挙においてもう一つ非常に重要なポイントとしてあるのが“選択肢”です。このことを今日は書きましょう。今回は本ブログ「作られた構図」(2017年7月1日)の続編・補足です。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース

◎ザ・フナイで「日本と世界を読み解く」を連載中です!

連載初期の集中特集は「バチカン」です。是非、ご覧ください!

連載第10回目です。新しい時代における個人の生き方です。

連載第9回目です。資本主義の終焉と江戸時代です。

フリースペース

連載第8回目です。資本主義の限界と終焉です。


ザ・フナイ連載第7回目です。

フリースペース

ザ・フナイ連載第6回目です。


連載第5回目です。

フリースペース

連載第4回目です。バチカンの動きと生命論です。


ザ・フナイ連載第3回目です。

フリースペース

ザ・フナイ連載第2回目です。


記念すべきザ・フナイ連載第1回目です。

フリースペース

◎新刊本がでました! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析です。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 85269
今日のアクセス: 59
昨日のアクセス: 155

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved