ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4479)
米国在住の個人投資家satoko女史 (31)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (131)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2421191
今日のアクセス: 298
昨日のアクセス: 762
RSS
カレンダー
<<2021年06月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年6月12日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第七章 シオン長老會議 (3)
 
◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著
第五篇 猶太の運動(前紀) 

第七章 シオン長老會議 (3)


前回からの続き

 英人フイリツプ・グレーヴスは、議定書はフランスの辮護士(弁護士)モーリス・ジヨリーの書いた「マキヤヴエル、モンテスキユー地獄対話」の助けによつて書かれ、一章、一句その儘引用した所もあつたと書いた。地獄対話はブラッセルで千八百六十四年(第一版)六十八年(第二版)に出版されたものである。
 ユダヤ側の論に対する批判は暫く措き、議定書が地獄対話を大分多く使つた事は唯一の真実として認めなければならぬ。(それは無理が無いかも知れぬ。マキヤヴエルの素性は詳(つまびらか)にしないが正義に見せた巧妙な欺瞞的な政治を唱導した人で或はフリーメーソンに加盟してゐたかも知れぬ、世にマリヤヴエリスムと云ふ言葉迄出来た有名な人で、ユダヤ哲學者スピノーザが彼の主義を敷演(ふえん)した、一方のモンテスキユーはフランスで発表されてゐるフリーメーソン人名鑑に名を裁せてゐる人だから、ジョリーが描いた物語は正にユダヤ・フリーメーソンの本音を吐いたもので、それをアハド・ハームが又善く承知の上で議定書に取入れたかも知れぬ、ジヨリー其れ自身がユダヤ人との説もある)。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年6月11日 13時45分
二階俊博幹事長に、「二階派を加藤勝信に(譲って)くれ」と直談判した安倍晋三前首相は、総理在任中にしこたま貯めて、何兆円ものカネを持っている。あの疑惑のカネも半分とっているという。
 
二階俊博幹事長に、「二階派を加藤勝信に(譲って)くれ」と直談判した安倍晋三前首相は、総理在任中にしこたま貯めて、何兆円ものカネを持っている。あの疑惑のカネも半分とっているという。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」の重鎮からのトップ情報である。
 二階俊博幹事長に、「二階派を加藤勝信に(譲って)くれ」と直談判した安倍晋三前首相だが、その安倍はいま、何兆円ものカネを持っている。総理在任中にあらゆる方法で、しこたま貯めこんだ。多くは諸々の予算から抜いたカネと、地球儀を俯瞰する外交に同行する企業の参加費(一人200万円の上納)を安倍は懐に入れてきた。自民党の派閥全てを買い取ることも不可能ではない額だ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (2)]



2021年6月10日 13時51分
菅首相は二階幹事長から離れて完全に安倍前首相についた。それはつまり、菅は総裁任期いっぱいで辞めることを意味している。しかも安倍は二階に「加藤勝信を総理にさせるから、二階派を加藤勝信にくれ」と頼んだ。
 
菅首相は二階幹事長から離れて完全に安倍前首相についた。それはつまり、菅は総裁任期いっぱいで辞めることを意味している。しかも安倍は二階に「加藤勝信を総理にさせるから、二階派を加藤勝信にくれ」と頼んだ。

◆〔特別情報1〕
 これは二階派「志帥会」重鎮からの、政界トップ情報である。
 ここへきて、二階俊博幹事長が自ら会長として「自由で開かれたインド太平洋」推進議員連盟を立ち上げ、安倍晋三前首相を最高顧問に据えたのは、いわゆる「3A(安倍・麻生・甘利)」に「二階外し」をやられていたので、そのお返しに露骨な取り込みにかかったということだ。二階としては、選挙前の時期だけに、党内は仲良くしておかないといけない、いま喧嘩するわけにはいかないと話していた。結果的に3Aに頭を下げたようなものだ。これで党内融和路線を演出したことになる。しかし、菅首相と二階はいま、関係は良くない。ほとんど会っていないようだ。完全に距離を置いている。菅首相は、二階幹事長から離れて完全に安倍前首相についた。それはつまり、菅首相は、総裁任期いっぱいで辞めるということを意味している。しかも安倍は「加藤勝信を総理にさせるから、二階派を加藤勝信にくれ」と頼んできた。

[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年6月9日 13時27分
イスラエルのネタニヤフは失脚するだろう。ただ、バイデンはWASPだけれどシオニストだ。だからパレスチナの問題はずっとイスラエルの肩を持っていたし、今後も変わらない。トランプはシオニストではない。
 
イスラエルのネタニヤフは失脚するだろう。ただ、バイデンはWASPだけれどシオニストだ。だからパレスチナの問題はずっとイスラエルの肩を持っていたし、今後も変わらない。トランプはシオニストではない。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である、吉備太秦からのトップ情報である。
 イスラエルのネタニヤフは失脚するだろう。ただ、バイデンはシオニストだ。WASPだけれどシオニストだ。トランプとは違う。トランプのほうがシオニストではないかと思われがちだが、そうではない。トランプはシオニストではない。イヴァンカの夫で側近のクシュナーのクシュナー家は1949年に祖父母がベラルーシからポーランドを経て米国へ移民したホロコーストからの生還者のユダヤ人で、正統派ユダヤ教の戒律に従った食事をとり、安息日を守り、ニューヨークのアッパーイーストサイドにある上流階級向けのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)に通う敬虔なユダヤ教徒の一族ではあるけれども、シオニストではない。その他のトランプの側近もシオニストではない。キッシンジャー博士も同様に、シオニストではない。一方、バイデンはシオニストで、だからパレスチナの問題はずっとイスラエルの肩を持っていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2021年6月8日 13時9分
今後の世界経済を左右するMSA資金に関して「ホストカントリー日本」の実務が遅れに遅れ、世界経済は危機的状態が続いてきた。ようやく6月に入って進展し、ホストカントリー日本の面目躍如の日が目前まできた。
 
今後の世界経済を左右するMSA資金に関して「ホストカントリー日本」の実務が遅れに遅れ、世界経済は危機的状態が続いてきた。ようやく6月に入って進展し、ホストカントリー日本の面目躍如の日が目前まできた。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である吉備太秦からのトップ情報である。今後の世界経済を左右するMSA資金に関して「ホストカントリー日本」の実務が遅れに遅れ、ようやく6月に最終局面に入った。本当であれば、3月末に終えていなければならなかった実務だ。バイデンは、それを見込んで、新型コロナウイルス対策1.9兆ドル(約200兆円)もの財政出動「米国救済計画」を発表し、大盤振る舞いをした。しかし、肝心の日本の実務は幾多の障害にあって3月末を過ぎても一向に進まず、世界経済は危機的状態が続いていた。しかし、6月に入ってようやく目途が立ち始め、ホストカントリー日本の面目躍如の目前まできた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]




  次の5件
最近の記事
01/27 21:26 政界ではみんな、岸田首相は決断力がないと思い始めている。やがて国民も言い出すだろう。岸田首相の顔色が悪くなっており、覇気がなくなった。このままでは岸田政権は参議院選まで持たないかもしれない。
01/26 18:50 ウクライナに米軍が8500人の軍事部隊を派遣待機と報道されたけれども、いわゆる軍事顧問団であって戦闘部隊ではない。米国はポーズとして準備しているが、バイデン政権はウクライナ有事どころではない。
01/25 07:00 2022年は2021年にもまして大変な年になりそうだ。マイケル・フリン将軍が実は、去年1月6日の議事堂事件の「あちら側の主導者」でトランプを裏切ったと言う話が出てきた。(satoko女史)
01/25 06:59 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
01/24 14:09 日米首脳オンライン会談 「話す力」だけの大統領に「聞く力」だけの総理の構図。日本の立場を説明しない岸田首相では、いつしか自衛隊派遣に合意せざるを得ない状況に持っていかれる危険性大
01/23 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第九議定書
01/22 11:58 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第八議定書
01/22 11:54 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
01/21 20:28 自民、維新、立憲、そして公明まで、政界はどこもかしこも分裂含みの話にギクシャクしており、みんなソワソワしている。寅年の参院選・政変ジンクスはリアルになるかもしれない。
01/20 19:28 コロナ禍に成長期を過ごさなければならない子どもたちと教師のメンタルサポートはかなり重要。10万円給付で消費を押し上げる目先対策よりも、もっと深刻に、長期にわたって社会に影を落としていくだろう
最近のコメント
皇位継承問題は既に、「女性天皇」の方向で決まっている。そこには驚愕の理由がある。この問題で安倍が表に出てくることは、日本にとって何のメリットもない。だから、潰さなければならない。(PoliticsCleanar)
今回の選挙、岩手3区は創価学会が凄まじい動員をかけた。何もない静かな町のホテルがどこも満室だった。しかし小沢陣営の街宣も負けてなかった。鳴りやまない小沢コールの熱気はものすごかった。(shushuika)
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved