ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5241)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (52)
米国在住の個人投資家satoko女史 (90)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2932037
今日のアクセス: 1569
昨日のアクセス: 1211
RSS
カレンダー
<<2023年06月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年6月19日 23時31分
「野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会」は、解散を巡る神経戦の最中、周到に準備し、賛同者53名を2日で集めた。小沢一郎が全面に出るということは、水面下での策動が整い完了しているということである
 
「野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会」は、解散を巡る神経戦の最中、周到に準備し、賛同者53名を2日で集めた。小沢一郎が全面に出るということは、水面下での策動が整い完了しているということである。

◆〔特別情報1〕
 よもや解散の呼び水になるのではないかと決断をあぐね、岸田首相の「解散は見合わせる」の言葉に、恐る恐る先週末の16日、立憲民主党は岸田内閣に対する不信任決議案を提出した。結果は、自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党などの反対多数で否決された。立憲民主党執行部が、解散を免れたことに胸を撫でおろしているなか、泉執行部の足下には火が点いていた。過去二度も自民党を下野させた小沢一郎を中心とした立憲民主党衆議院議員有志たちが「野党候補の一本化で政権交代を実現する有志の会」を立ち上げたのだ。すぐに消せるようなボヤではない。記者会見では、小沢一郎がセンターに座り、両脇を手塚仁雄と小川淳也が固めての会見であった。
 これは小沢一郎が自民党所属時代からの側近のもとで活動を続けている支援者からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年6月18日 17時0分
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) 第4章 正義の「国連軍」への参加こそ日本の生きる道 日本の役割を示す〜小沢調査会三つめの柱
 
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊)

第4章 正義の「国連軍」への参加こそ日本の生きる道 

日本の役割を示す〜小沢調査会三つめの柱


 提言は、「3.国際的安全保障において日本の果たすべき役割」の部で、このことを力説している。やがて、日本は、「国連軍」に参加していくことになるのである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊)] [コメント (0)]



2023年6月17日 19時6分
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) 第4章 正義の「国連軍」への参加こそ日本の生きる道 日本は米国を目指す
 
◆『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊)

第4章 正義の「国連軍」への参加こそ日本の生きる道

日本は米国を目指す


 積極的平和主義からイメージされるのは、米国である。「自由を守る」という大義名分を掲げて世界各地で戦闘行動を行ってきたあの雄々しい姿が、これから日本の目指すものとなり、それが集団指導体制の責任を担う日本に課せられた任務となる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊)] [コメント (0)]



2023年6月16日 22時6分
トランプ起訴劇場で、バイデン起訴・逮捕への道筋は整った。トランプの対抗馬は、デサンティスでもバイデンでもなく、ロバート・ケネディ・ジュニアだ。バイデンの票を食うために、正義の味方軍が仕掛けた劇場だ。
 
トランプ起訴劇場で、バイデン起訴・逮捕への道筋は整った。トランプの対抗馬は、デサンティスでもバイデンでもなく、ロバート・ケネディ・ジュニアだ。バイデンの票を食うために、正義の味方軍が仕掛けた劇場だ。(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からのトップ情報である。
 今週もめまぐるしかった。火曜日のトランプの逮捕劇場は、裁判長が無条件で釈放して、メラニアに似た若い女性も出場して、メラニアの偽物かと沸き立ったが、これはただの勘違いで、あっけなく終わった。ともかく、今回のトランプ起訴劇場で、バイデン起訴・逮捕への道筋は整った。また、バイデンより大物のヒラリー・クリントンの逮捕だって、十分に考えられる。そして、トランプの共和党の対抗馬だが、最新の世論調査によれば、トランプ支持は61%、これに対してフロリダ州知事のデサンティスは23%だ。その上、デサンティスの方は、このところ、正体が明らかになっている。首都ワシントンで行った資金集めのパーティーは、主催者がモデルナのロビイストだし、妻の父親がCIAのブラック・プロジェクト担当者(アルカイーダの戦術作成)で、退職後の経歴がブラックウォーター(現・アカデミ。傭兵会社)の副会長、ブリスマ(あのハンター・バイデンのウクライナの会社だ)の取締役だ。真っ黒な家族だったのだが、ここまでは共和党のアメリカ人でも知らなかった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2023年6月15日 23時19分
15日昼過ぎ、「解散する」との情報が、自民党埼玉県議のもとに伝わり、風雲急を告げる臨戦態勢に突入していた。ところが夕刻、岸田首相は一転「解散しない」と先送りを明言。昼過ぎから夕刻の間、一体何が起きてい
 
15日昼過ぎ、「解散する」との情報が、自民党埼玉県議のもとに伝わり、風雲急を告げる臨戦態勢に突入していた。ところが夕刻、岸田首相は一転「解散しない」と先送りを明言。昼過ぎから夕刻の間、一体何が起きていたのか。

◆〔特別情報1〕
 FNNプライムオンラインは15日18時24分、「岸田首相は15日、記者団に対し、今の国会での衆議院の解散について『今の国会での解散は考えていない』と述べた。」と報道した。さらに、明日立憲民主党が提出するといわれている内閣不信任決議案が提出された場合について、否決するよう自民党幹部に指示したことを明らかにしたということだ。
 解散風が吹いていなかった自民党内の意向に従った形となったわけだが、実はギリギリまで神経戦の攻防は続いていたようだ。15日の昼過ぎ、筆者のもとには、地元埼玉県の某自民党県会議員が地元情報誌の編集長を通じて、「明日、解散するらしい」との情報が届いていた。編集長は、「なんでいま解散するんだ」と県議に尋ねたところ、「いまだから解散するんだ」と答えていたという。その情報を受けて、急遽、解散に向けての取材を進めていたところだったのだが、なんのことはない、内閣不信任案が出される前に岸田首相は薄笑いを浮かべて、「解散は考えてない」と明言した。「解散する」との方針が伝達された昼過ぎから、「解散しない」と明言した18時20分までの間、一体に何が起きていたのか。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
02/25 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「二大政党に収斂されていく」
02/24 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「総理大臣になること」と「日本一新すること」
02/23 23:59 筆者持論「日本の景気10年サイクル」に照らし、史上最高値更新を検証。時の政権との兼ね合いを過去から分析すると、ここから本格上昇への可能性が見えてきた。ただし、政権について外せない必須条件がある。
02/22 23:59 世界的なAI技術者は「生成AI」開発拠点を日本と定めており、34年間も突破できなかった史上最高値がようやく更新された。一方、熊本・長崎の半導体新設工場は、求人募集をかけども人材は集まってきていないとい
02/21 23:31 岸田首相、「4月の訪米」は立ち消えるも、6月には日朝首脳会談に向けての訪朝が決まりつつあるという。つまり、4月の「やけくそ解散」ではなく、6月の「会期末解散」が有力ということだ。
02/20 23:59 医療・介護分野での報酬引き上げが続くなか、訪問介護の基本報酬引き下げは、介護分野で問題視されてきた「囲い込み・過剰介護」への改革と想定される。とはいえ、介護制度は抜本的な改革が求められ、実質破綻に向か
02/19 23:30 岸田首相の4月「国賓待遇」訪米と、極秘根回しを試みてきた日朝首脳会談。これら支持率浮揚の秘策に、暗雲が立ち込めている。「国賓待遇」訪米は、実現するのか。「キャセル」されたという噂が出てきている。
02/18 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●政治家は、「二つの相矛盾する目的」を成就しなければならない職業である
02/17 21:47 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第9章「日本一新」の戦略と戦術  ●民主党第六代代表に選ばれる
02/16 23:59 タッカーのプーチン・インタビューが公開されてから1週間、世界大変革劇場はピークに達する瞬間をむかえようとしている。モスクワに亡命中のスノーデンと、タラ・リードもインタビューしている。
最近のコメント
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(板垣英憲)
定期購読の方法(武田憲明)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(板垣英憲)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved