ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年01月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
カテゴリ
全て (935)
日本の政治 (858)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
03/02 02:01 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
03/01 23:51 山田真貴子氏問題の側面は2つ 
02/28 23:44 とても素晴らしいメッセージ
02/27 02:34 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 23:54 当たり前のようにやりはじめたバイデン(ハリス)の戦争【イギリス・英連邦・バイデン〔ハリス〕の戦争】
02/26 00:19 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
02/25 23:48 問題の核心は言論弾圧、民主主義の破壊 
02/24 23:50 リベラルの真価が問われ、リベラルの深化・進化が求められる
02/23 23:55 天皇陛下のお誕生日に際して
02/23 02:28 ワクチンのお話し その2 
ブログ内検索

RSS
2021年1月4日 23時50分
新型コロナウイルス 本質的な対応策は単純明快
 
新型コロナウイルス感染症に対して、行政が意識的に感染収束をはかる方法は、実は2つしかありません。その前提として感染防止徹底を促すことや医療体制の充実、経済・社会的な支援策の充実などがありますが、実のところ感染収束をはかる方法は2つしかないのです。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]






2021年1月2日 23時0分
問われているのは責任であり、しっかりとしたビジョン
 
いただいた年賀状を拝見すると、とにかく手書きのコメントに新型コロナウイルスへの不安の言葉が多いのに改めて驚かされます。このコメントを見ると本当に多くの方々がこの感染症・伝染病の早期の収束・終息を心から願っていることがよくわかります。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年1月1日 0時0分
あけまして おめでとうございます!
 
あけまして おめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年12月31日 23時20分
東京オリンピックは2022年に開催すべき
 
今年開催予定の東京オリンピックは、新型コロナウイルス感染症問題で延期になりました。そして延期になった大会まであと7ヶ月。しかし、いまだ日本だけではなく世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。すでに現時点で7ヶ月後の開催は限りなく不可能に近くなっていると考えます。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年12月27日 22時44分
上皇陛下のお誕生日に際して
 
ブログの更新が滞ってしまい、少し遅れましたが、上皇陛下がお誕生日をお迎えになられました。

「上皇さま、87歳の誕生日 ご近況【全文】」(2020年12月23日 日本テレビ)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年11月29日 21時35分
新型コロナウイルス――感染収束に焦点があたっていない
 
8月28日、首相辞任の意向を表明したアベ氏は、そこで「7月以降の感染拡大が減少傾向へと転じたこと、そして、冬を見据えて実施すべき対応策を取りまとめることができた」と述べています。果たして一体、何をとりまとめることができたのでしょうか? 今のこの感染状況を観れば、まったく何もできていないことは一目瞭然です。何もできていないではなく、何もしていなかったというのが正確な表現でしょう。話しは簡単で、いつもの嘘つきということです。以下の2つの記事を観てもアベ政権が国会で虚偽答弁を繰り返してきたことは明らかですし、なおかつ公文書偽造・破棄がアベ政権では頻発しました。まさにアベ政権=嘘つき政権であるのは、歴史的事実として決定です。そして、それが右翼政権の本性であるわけです。愛国を叫び国民に嘘をつく。ふざけています。

「国会質疑で『虚偽答弁』139回 森友国有地売却問題で衆院調査局」(2020年11月25日 毎日新聞)

「虚偽答弁?「後援会として支出ない」30回超…安倍氏、野党に説教の過去も」(2020年11月25日 毎日新聞)

「安倍内閣総理大臣記者会見」(2020年8月28日 首相官邸)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (2)] [トラックバック (0)]



2020年11月26日 1時0分
新型コロナウイルス――極めて無責任なテレビ番組
 
新型コロナウイルス感染拡大を促すようなテレビ番組が当たり前のように放送されていては、感染が拡大するのも当たり前ですし、感染が収束するのも難しいと考えるのは自然なことです。

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年11月25日 21時7分
中国のTPP参加意欲表明のポイントは何か?
 
以下の記事のように、中国の習近平国家主席が、TPP参加に意欲を示したと報じられています。実は、中国のTPP参加については、約3年前に書いたザ・フナイ2018年3月号での連載に書いています。その後の4月号でも少し触れています。予想通りなのですが、そのポイントは一般的に言われていることとは別のことです。ザ・フナイ2018年3月号で書いた該当箇所を以下にそのまま貼り付けましょう。そして、その後に、現状考える最大のポイントも書いておきましょう。オンライン勉強会では次回にこのことを取り上げます。


「中国 習主席 TPP参加に意欲示す 米離脱で主導したい狙いか」(2020年11月21日 NHK)

「中国TPP参加意欲は以前から――米政権の空白を狙ったのではない」(2020年11月23日 中国問題グローバル研究所)

(有料100円)
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年11月7日 23時58分
米国大統領選挙 すでに確定的と言えること
 
「米国大統領選挙 すでに確定的と言えること 廖複横娃横闇11月6日)

(※ 本記事は掲載から1週間が経つと有料記事になります)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース
フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓


【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます
フリースペース

是非ご協力を!↓↓↓


私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!


値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (2月25日)←New!
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的 」(4月16日)←New!
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍 廖複慣遑影)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍◆廖複慣遑監)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース



フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 330009
今日のアクセス: 244
昨日のアクセス: 368
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved