ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5093)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (12)
米国在住の個人投資家satoko女史 (80)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (49)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2803590
今日のアクセス: 273
昨日のアクセス: 751
RSS
カレンダー
<<2023年09月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2023年9月1日 23時59分
中国の習近平国家主席が、9月9日〜10日にインドで開かれるG20に欠席するとの報道が各紙駆け巡った。「インドVS中国」の軋轢が、ウクライナ戦争から拡大する可能性が現実味を帯びてきた。
 
中国の習近平国家主席が、9月9日〜10日にインドで開かれるG20に欠席するとの報道が各紙駆け巡った。「インドVS中国」の軋轢が、ウクライナ戦争から拡大する可能性が現実味を帯びてきた。

◆〔特別情報1〕
 中国の習近平国家主席が、9月9日〜10日にインドで開かれるG20に欠席するとの報道が各紙駆け巡った。欠席の理由について、9月1日付の読売新聞朝刊では次のように書かれていた。
「中印両国は国境問題を抱えている。中国が最近発表した地図には紛争地が「中国領土」と記載され、印外務省は強く抗議した。印メディアは、この問題が訪印を巡る習氏の意向に影響した可能性を指摘している。G20首脳会議には米国のバイデン大統領が出席すると発表されており、習氏との首脳会談が実現するかどうかが注目されていた」
 拙プログにおいては7月25日「ウクライナ戦争は今後、パキスタン軍がウクライナの傭兵として参戦。9月には、パキスタンに対しインドが侵攻、そこに中国も参戦し、『印パ』『印中』世界大戦へと発展していく。これは最初から画策されていた」と題して、「インドVS中国」の軋轢が、ウクライナ戦争からさらに拡大発展する可能性について記事にしている。先月22〜24日に開催されたBRICS首脳会議においても、習近平の行動には不可解な点があった。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年8月31日 23時32分
岸田首相が二階元幹事長に要請したことは2つ。処理水海洋放出に猛反発している中国との対応を求め、訪中を要請。もう一つは、秋の解散を念頭に置いたうえでの、公明党との関係修復の要請であった。
 
岸田首相が二階元幹事長に要請したことは2つ。処理水海洋放出に猛反発している中国との対応を求め、訪中を要請。もう一つは、秋の解散を念頭に置いたうえでの、公明党との関係修復の要請であった。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 岸田文雄首相は30日、党本部で二階俊博元幹事長と会談した。林幹雄元幹事長代理が同席したという。会談は、岸田首相からの要請だった。
 このとき、岸田が二階に頼んだことは2つあった。一つは、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出に猛反発している中国との対応を求め、訪中することを要請した。そしてもう一つは、秋の解散を念頭に置いたうえでの、公明党との関係修復の要請だった。
 公明党との関係修復については、早速動きがあった。岸田文雄首相は31日、首相官邸で公明党の山口那津男代表と会談。次期衆院選について、東京で解消していた選挙協力を復活させると、大筋合意したとのことが報道された。
 そしてもう一方の、処理水問題対応のための訪中要請について二階は、その場での返事は控え、持ち帰ったということらしい。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年8月30日 23時20分
筆者は、この6月末頃〜8月中旬頃まで、「コレステロール値を下げる薬」の副作用が原因で、筋肉が破壊される『横紋筋融解症』を発症した可能性が高く、約1カ月以上とんでもない状態に遭っていた。
 
筆者は、この6月末頃〜8月中旬頃まで、「コレステロール値を下げる薬」の副作用が原因で、筋肉が破壊される『横紋筋融解症』を発症した可能性が高く、約1カ月以上とんでもない状態に遭っていた。

◆〔特別情報1〕
 筆者は、今月77歳となった。ドップリ後期高齢者の枠内に浸かった生活を送っているせいもあってか、「精神科医・和田秀樹」の記事なり広告なりを、頻繁に目に留めるようになっていた。
和田秀樹氏は、2022年に「80歳の壁」が年間ベストセラーになって以降、後期高齢者の救世主的な啓蒙を世に出し続けておられる。その和田先生の「『薬でコレステロール値を下げる』は命取り。その年齢とは?」と題する記事が、特に筆者の目に留まった。和田先生は記事のなか、次のように警鐘されている。
「コレステロールは細胞膜やホルモンをつくる重要な材料です。不足すれば、細胞分裂の際にミスコピーが起こりやすくなり、免疫機能の低下やがん細胞の発生リスクが高まります。つまり、『足りない害』によって、健康寿命が縮みやすいのです。」
 筆者は、実はこの6月末頃〜8月中旬頃まで、「コレステロール値を下げる薬」の副作用が原因で、約一カ月以上とんでもない状態に遭っていた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年8月29日 23時40分
安倍派(清和会)は、必ずしも結束の固い派閥ではない。幾度となく分裂の危機に直面し、実際に分裂した歴史を持っている。過去の分裂に係ってきた森喜朗は、いまも「政治力」を持ち、疎まれながら「政局」を仕掛けて
 
安倍派(清和会)は、必ずしも結束の固い派閥ではない。幾度となく分裂の危機に直面し、実際に分裂した歴史を持っている。過去の分裂に係ってきた森喜朗は、いまも「政治力」を持ち、疎まれながら「政局」を仕掛けている。

◆〔特別情報1〕
 これは自民党二階派「志帥会」重鎮からの特別情報である。
 安倍派の新体制の裏には、森喜朗元首相が動いていたことは間違いない。下村博文を外したのも、もちろん森だ。やめておけばいいと思うが、強い力を持っている。最終的には萩生田を代表にしたいというのがある。そうしたなか、ポストセブンが、「小泉進次郎氏が安倍派『新会長候補』に急浮上 跡目争いによる派の分裂を回避するため、森喜朗氏がスカウトか」という見出しをつけ、森が目論む「ウルトラC」について報道された。進次郎の父・小泉純一郎は安倍派から総理に昇りつめたのだし、そもそも何かと各々、脛に疵持つ安倍派の「5人衆」と比べても、脛に疵は少ない。しかし、いきなりトップに据えるというのは流石に無理だろう。かえって分裂を早めさせてしまいかねない。しかし、安倍派「清和政策研究会」は、必ずしも結束の固い派閥ではない。過去の経緯を振り返ってみても、幾度となく分裂の危機に直面し、実際に分裂した歴史を持っている。その過去の分裂危機のほとんどに森喜朗が関わってきた、いわば「生き証人」である。派閥内、いや自民党内では、森喜朗を心底疎んじている向きもあるようだが、いまだに大きな「政治力」を持っているのは間違いないようだ。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2023年8月28日 17時58分
頻繁に耳にする「線状降水帯」、本来そのような気象用語は使われてこなかった。中国はいま、日本の処理水放出を騒ぎ立てることで、これまで中国の核実験による深刻な放射能汚染を覆い隠そうとしている。
 
頻繁に耳にする「線状降水帯」、本来そのような気象用語は使われてこなかった。中国はいま、日本の処理水放出を騒ぎ立てることで、これまで中国の核実験による深刻な放射能汚染を覆い隠そうとしている。

◆〔特別情報1〕
 これは裏の国際政治情勢に精通する情報通からの特別情報である。
 福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出を受け、中国税関総署は24日、日本産の水産物輸入を同日から全面的に停止すると発表した。それだけでは収まらず、日本の企業や団体に、中国から嫌がらせの電話が殺到しているという。しかし、中国はここぞとばかりに、自国の放射能汚染の隠蔽に躍起になっている。まさに、ここぞとばかり、にである。
近年、よく耳にするようになった「線状降水帯」だが、本来そのような気象用語は使われてこなかった。日本でこの用語が頻繁に用いられるようになったのは、2014年(平成26年)8月豪雨による広島市の土砂災害以降とみられている。これは、単なる自然災害なのかということだが、
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/01 16:53 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第2章 果てしなき権力闘争 ●「オヤジと竹下の関係は、一体どうすればいいのだろう」
09/30 20:35 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第2章 果てしなき権力闘争 ●復権をもくろむ角栄
09/29 23:59 ウクライナ戦線は、ロシアがウクライナの軍事施設を大爆撃中だ。世界は確実に変化している。ゼレンスキーは、6月4日に始まった大反攻で全く結果を出せず世界中から相手にされなくなっている。(satoko女史)
09/28 23:59 岸田首相は「解散したい」と周囲に漏らしている。10月16日臨時国会招集し、所信表明、代表質問を経て、11月1日か2日に衆議院解散、11月14日公示、11月26日投開票の案が浮上。そのための4つの条件と
09/27 23:15 岸田首相が、経済対策の策定に向けての「5つの柱」を発表したことで、永田町は慌ただしく動き始めた。このまま解散先延ばしでは政権が持たなくなる。支持率30%を切らないうちの解散を決断か。
09/26 23:59 「最大のミステリー」とまでいわれた外務大臣交代の謎が、国連総会で解けた。上川外相は、「国際保健(グローバルヘルス)」の提唱者であり、WHOのUHCセンター日本誘致に向けた組閣であった。
09/25 23:17 ビッグモーター事件、神宮外苑再開発「樹木伐採」、東京五輪汚職疑惑、南鳥島レアアース利権など、このところ、ネガティブな報道で何かと「三井」の名前を目にすることが多い。「三井」に何が起きているのか。
09/24 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 第2章 果てしなき権力闘争 ●政権タライ回しの密約
09/23 18:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊)第2章 果てしなき権力闘争 ●三角大福戦争始まる
09/22 23:59 アゼルバイジャンとアルメニアの飛び地「ナゴルノ・カラバフ」との戦争は、あっけなく1日でアゼルバイジャンの圧勝に終わった。アゼルバイジャン側は、アルメニア人虐殺にむけ、やる気満々である。
最近のコメント
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)
戦争は最初から一気に大戦争になるわけではない。戦力の拡大に伴って戦場も拡大していき世界大戦になっていく。ドイツ「レオパルト2」ウクライナ投入で、ポーランドが戦場の仲間入り。第三次世界大戦が目前となる。(真実一路)
地球の文明の中心が800年周期で東洋と西洋で入れ替わる「文明800年周期」により、「シティ・オブ・ロンドン」が本拠地を段階的に日本に移転するという話がある。文明の中心は西の英国から東の日本に移っている(もつ鍋)
◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第8章 小沢一郎を支える民間軍団のパワー 小沢一郎を総理大臣にする会が一つ増える(真実一路)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(板垣英憲)
世界情勢がおかしくなっている。ウクライナには、傭兵という名のもとに各国から特殊部隊が入っており、米国からは陸軍特殊部隊「デルタフォース」が入っている。(burasinoki)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
表では「日米同盟」重視の味方のはずだった安倍晋三元首相が、裏では統一教会と組んで米国を完全に裏切り、「新しい国づくり」の動きをしていた。しかし銃撃に消され、中国の属国という流れはひとまず止まった。(shushuika)
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved