このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年07月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (1065)
日本の政治 (982)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
09/09 23:47 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (1)
09/08 10:06 《日本の政治》 現状の政局のポイント
09/08 00:00 《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (5)
09/07 00:26 《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (4)
09/06 23:55 《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (3)
09/05 23:39 《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (2)
09/04 23:28 《日本の政治》日本の民主主義政治の最大の問題点を示したスガ退陣 その2 (1)
ブログ内検索

RSS
即刻、オリンピック再延期を決定せよ (10)
[日本の政治]
2021年7月18日 0時57分の記事

昨日の本ブログ「即刻、オリンピック再延期を決定せよ (9)」(2021年7月17日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


スガ氏は6月9日の党首討論で、子どもたちにオリンピックを是非見てほしいと述べ、実際に観戦するプログラムもありました。私も子どもたちが実際に観戦すべきだと思います。ならば、どうして、来年に再延期しないのか? 結局、無理な開催方針によって、その非常に重要な機会を政権がつぶしたわけです。このバカげた矛盾したスガ氏の発言は、極めて理解に苦しみます。本当にバカだなーの一言です。
以下の記事では、小池氏が『五輪観戦は一生もの』と子どもの五輪観戦に前向きに発言したことが報じられています。しかし、『五輪観戦が一生もの』なら、来年に延期して開催せよ。そうやって、一人でも多くの子どもたちが、何の憂いもなく観戦できる環境を整えよ。こんな中途半端な開催の状態で、右往左往するような事態を即刻停止せよ。それがあなたの仕事。本当に無能で何もできないバブルおばさん。無能。本当に心からそう思います。言っていることはもっともらしいが、何も実質できていない、国民の利益に合致していないことを平気言う、それがバブルおばさんの本質なのです。

「小池知事、子どもの五輪観戦に前向き『一生もの』感染状況好転で」(2021年7月17日 東京新聞)

私が言ってきたことは自公政権を利することばかり
本ブログでは、これまで自公政権については滅茶苦茶に批判してきましたが、それらが間違っているとはまったく思っていません。
昨日の本ブログ「即刻、オリンピック再延期を決定せよ (8)」(2021年7月16日)で取り上げた世論調査の結果を観れば、これまで何度も申し上げてきたように、昨年末くらいの早々に再延期を決定して、その上で政権は防疫に専念してPCR検査の社会的検査と隔離などを徹底的にやってきていれば、必然、支持率は現状とはまったく反対だったでしょう。自公政権は先の都議選で地滑り的勝利を収め、そして次期衆議院選挙もそうなっていたはずです。
実は、これまで本ブログで申し上げてきたオリンピック再延期と防疫に専念するという政策はあまり言いたくなかったのです。なぜなら、自公政権を利するからです。実際、パンデミックの状態での票の流れは、昨日にお話した昨年の米国大統領選挙時の分析から、1年前には明らかでした。したがって、防疫政策をしっかりせよ、PCR検査の社会的検査と隔離をせよと述べて、政権を批判することは、実は政権を利することになることは明らかだったのです。ですから、言いたくなかったのです。
しかし、言うべきことは言わなければなりませんので、書いてきましたが、残念ながらスガ自公政権がその反対を行ってきたので、結局、まったくの死地にスガ自公政権自身から飛び込んでしまったのです。哀れです。これが末期症状の典型的なケースと考えます。ただ、これだけでは終わらないと考えます。状況をあまりに甘く見過ぎていると考えます。
以下の6月23日の時事通信の記事では、「五輪をやらないという選択肢はない。10年後、20年後に『あのときパンデミックでよくやった』と評価される五輪になる」と政権の発言が載っています。しかし、すでに『どうして、あのときパンデミックでオリンピックを強行に開催したのか? 延期すればよかったのに』と言われる状態になっていると考えます。そして、このことが、自民、公明、都民ファに対して、今後半世紀、言われるのです。

「政権懸ける菅首相 ワクチン加速に自信、感染急増なら戦略狂い―東京五輪1カ月前」(2021年6月23日 時事通信)

上記の時事通信の記事は約1ヶ月前のものですが、記事にはスガ自公政権がオリンピック強行開催をする切り札として、ワクチン接種の普及が上げられています。しかし、すでに以下の記事のように河野氏がワクチン供給不足で謝罪をしているわけです。そして、東京都の感染者が爆発的に増えている。完全に終わっています。自公政権はワクチンの開発・製造の自立性を放棄した本当に問題ある政策をこれまで20年以上続けてきて、さらに防疫政策は杜撰そのもの、ワクチンの供給もろくにできない。普通に観て、すでに政権担当能力がないことは明白と考えます。

「河野大臣『はしご外した形』ワクチン供給不足で謝罪」(2021年7月15日 テレビ朝日)

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/461548
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 399320
今日のアクセス: 236
昨日のアクセス: 274
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved