ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2021年07月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (1072)
日本の政治 (989)
ザ・フナイ (12)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
最近の記事
10/15 22:50 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実 (2)
10/14 23:20 《日本の政治》共産主義より数千倍、軍国主義の可能性がある日本 極めて危険な現実
10/02 23:37 《日本の政治》 疑惑の二人は世襲の二人
10/01 23:52 《日本の政治》 単なるクグツ(傀儡)でしょ
09/30 00:54 《日本の政治》 国難の正体 アベ・スガ体制の継続に過ぎない
09/29 22:14 《新型コロナ》 ウソばかりの言葉には反吐(へど)がでる
09/22 23:59 《日本の政治》 やはり新型コロナ感染爆発と医療崩壊はこの人が原因なのか
09/12 23:44 《日本の政治》未来への最初の一歩 (1)
09/11 00:00 《日本の政治》河野氏がこれほど頭が悪いとは
09/10 00:43 《日本の政治》新型コロナウイルス対策に観る日本の劣化 (2)
ブログ内検索

RSS
2021年7月26日 18時31分
戦争屋バイデン(ハリス)の時代 平和の祭典・オリンピックでもお構いなし (1)
 
以下の記事のように米軍がシリアとアフガニスタンを立て続けに空爆しています。その日付を観ると、平和の祭典・オリンピック前の駆け込み空爆の様相を呈していますが、アフガニスタン空爆は時期がはっきりせず、オリンピック開催後にも行っている可能性があります。このように、米軍の撤退を進めていたトランプ時代にはまったくなかったきな臭さが、戦争屋バイデン(ハリス)の時代には明らかに生じています。国連は7月19日、オリ・パラ開催中の停戦を呼びかけていますが、米国はこれに反してる可能性があるのです。また、シリア攻撃を米国とともに行ったイスラエルは、オリンピック開催後もシリアに対して攻撃を続けています。実はこのようなことが、オリンピック開会式について噴出したホロコーストに関わる小林問題が、防衛副大臣の中山氏から出てきたことに関わる可能性はかなりあると考えます。一つは既に指摘したように平和の祭典・オリンピックを台無しにすること、もう一つはイスラエルの行為に対して批判の矛先を封じることです。そして、これらシリアとアフガニスタンでの状況はこの二つを明らかに肯定しているのです。
これらは、私たちが直面している時代的、歴史的状況を観たときに見えてくる実像なのです。これが本当の辻褄というものです。

「イスラエルと米軍がシリアを空爆【動画】」(2021年7月22日 スプートニク〔ロシアのメディア〕)

「【アフガニスタン】 米軍がタリバンの拠点を空爆か」(2021年7月24日 TRT〔トルコのメディア〕)

「米国、アフガン軍への支援でタリバンを空爆=米中央軍司令官」(2021年7月26日 スプートニク〔ロシアのメディア〕)

「タリバーン、元米軍通訳のアフガン人を斬首 復讐におびえる協力者たち」(2021年7月23日 CNN)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月25日 23時56分
オリンピック開会式 日本の宿痾が凝縮されている (2)
 
以下の記事のように、男子テニスの世界ランキング1位のジョコビッチ選手らが、東京の夏が暑すぎて試合時間を気温の下がる夕方以降に変更するよう提案していると報じられています。この記事はCNNなのでローカルニュースではなく、世界的なものです。そして、何よりも東京のこの時期にオリンピックを開催するという問題点をこの記事は明確に示しています。記事では以下のように書かれています。


ジョコビッチ選手はシングルス1回戦でウーゴ・デリエン選手(ボリビア)をストレートで破った後、この日の猛暑について「とても厳しかった」と語った。ハードコートは熱を吸収するうえに、前日までと違って「きょうはあまり風がなかった」と指摘した。
同じく初戦を突破した世界2位のダニール・メドベージェフ選手は「これまでに経験した中でも最悪(の暑さ)に入る」と話し、試合時間の変更を提案。ジョコビッチ選手もこれに「100%同意する」と述べた。

「高温多湿の東京、ジョコビッチ選手らは時間帯の変更を主張 」(2021年)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月24日 23時56分
オリンピック開会式 日本の宿痾が凝縮されている
 
昨日は、やることが山積していて、時間がなく、東京オリンピック開会式は観ていません。色々と仕事をして、その後、午後11時台に外に出て空を見上げると、4、5機のヘリコプターが遠くの空を旋回している。明らかにオリンピック開会式に関連して新国立競技場上空を飛んでいるのがわかりました。そして、『あっ、まだやっているんだ』と思わずつぶやきました。開会式を簡素化しているとのことだったので、式典はせいぜい2時間ぐらいで、午後10時には終わっているものと思っていたのです。しかし、蓋を開けてみれば、通常の開会式と時間の長さはまったく変わりません。全然、簡素化していないのです。五輪組織委員会と日本政府のいつもの通り、まるで話しが違う。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月23日 19時52分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ ご懸念の意味を考える (18)
 
6月24日、宮内庁の西村長官は、陛下にはオリンピック・パラリンピック開催と新型コロナウイルス感染拡大についてご懸念があると拝察すると、発言しました。丁度一ヶ月前です。このような『ご懸念』に接したのは私は初めてです。申し上げるまでもなく、これは日本の政治において最大のことと考えます。そして、その最大であることは、現下のオリンピック・パラリンピック開催に関わる政治問題だけではなく、今後10年から20年の日本の歴史にとって最大ということと考えます。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月23日 18時48分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (17) その2
 
以下の記事のように、都知事の小池氏が、何としても五輪成功をと述べていることが報じられています。記事の写真を見ると随分と厚化粧だなと思ってしまうのですが、いずれにせよ、今回の五輪は、強行開催したことによってすでに失敗しています。その責任者の一人が当然、この小池氏。この責任は今後、確実に尾を引きます。

「小池知事『歴史的な1日、何としても五輪成功を』…感染対策に注力」(2021年7月23日 読売新聞)

実際、以下の記事のようにオランダのテコンドーの選手は、感染が確認されて出場が不可能になり、『言葉が出ない』と絶望を語っています。このようなケースは他にもありますが、人生をかけてここまできてこのようになった『絶望』を小池氏は背負いきれるのでしょうか? これがパンデミックの状態で開催を強行した愚策の結末なのです。来年ならこのようなことはなかったはずです。どうして、全身全霊でもって来年に再延期をしなかったのか? そこが小池氏に問われているのです。もちろん、小池氏だけではありませんが、これでは到底、アスリートファーストとは呼べません。さらに、このパンデミックの状態での強行開催で国内も完全に分断、しらけて、さらにパンデミックは深刻化するばかりです。小池氏は本当に言葉が軽い。やはりバブルのおばさん。こういう人の時代はすでに過ぎ去っているのです。

「五輪=コロナ陽性で辞退のテコンドー選手『言葉が出ない』と絶望」(2021年7月23日 ロイター)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月22日 23時58分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (17) その1
 
アベ氏が五輪開会式に欠席との報道。これまで本ブログで指摘してきたようにアベ氏は、昨年、五輪開催延期期間を2年ではなく1年とした張本人です。だから、現状のようなパンデミックの状態での強行開催になっているわけです。来年ならそのようことにならない可能性はかなり大きいわけです。
さらに昨年の退任時に、退任後の新型コロナウイルス対策を決めたと明言し、その結果、現在の感染爆発という状況になっているわけです。このことについても何度も本ブログで取り上げてきました。
そして、この二つのことから、現在の大変な問題となっているパンデミックの状態での東京オリンピック強行開催をつくり出した張本人はまさしくアベ氏であるわけです。ですので、この開会式欠席について、以下の記事のように『マリオではしゃいでいた』アベ氏が『卑怯者』と言われるのは当然でしょうし、敵前逃亡と言われても仕方がないでしょう。
また、アベ氏は大会組織委員会の名誉最高顧問です。その同氏が、オリ・パラ中止論を述べていたものを『反日』とレッテルを貼って来たわけですが、一方で『マリオではしゃいでいた』のに東京オリンピックの開会式直前での欠席表明では、それは当然、中止よりも悪質な『反日』と言われても仕方がないでしょう。まさにブーメラン。心から一番の『反日』はアベ氏だと思います。私は普段、このような『反日』という言葉は使いませんが。
そして何よりも、2019年、天皇陛下にオリ・パラの名誉総裁へのご就任を要請していたのは、このアベ氏です。であるのに、ご懸念が出るほどの問題があるこのオリ・パラの開会式に陛下がご臨席、開会をご宣言されるのに、この問題あるオリ・パラをつくり出した張本人のアベ氏が逃亡することは、どう考えても許されるものではありません。まさに、ここに陛下に対するアベ氏の本音があるのです。これはザ・フナイの連載などでのこれまでの分析通りです。
このようにアベ氏に対する批判的見方があります。そのどれもが正しい。さらに、この欠席で一つだけはっきりしたことがあります。それは、アベ氏がそもそも五輪招致の功労者ではないと言うことです。アベ氏の功績ではない。だから、このように無責任に欠席できるのです。これもまた分析通りなのです。

「『マリオではしゃいでいた』安倍晋三氏 開会式欠席に『卑怯者』の声」(2021年7月22日 FLASH)

「1年延期決定の安倍前首相 開会式ドタキャンに『敵前逃亡』と猛批判」(2021年7月22日 女性自身)

「安倍前首相 オリンピック開会式への出席見送り 無観客など考慮」(2021年7月21日 TBS)

「天皇陛下が五輪・パラの名誉総裁に パラでの就任は初」(2019年7月22日 朝日新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月21日 23時35分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 本当のぼったくり男爵は誰なのか (16)
 
昨日、日中の午後2時頃、炎天下の中で長時間ウォーキングをしたので、心身共にかなりぐったりしました。熱中症にならずとも何とも気合いが入らず、昨日のブログはあれが精一杯でした。東京の夏の暑さは世界有数と思いますが、よりによってこの時期にオリンピック開催というのが、そもそも問題なのです。強靱な肉体をもったオリンピアンならば、この暑さに耐えることは可能でしょうが、やはり競技を最高の状態でしてもらうべきで、それがアスリートを第一に考える『お・も・て・な・し』というもの。これはで日本の心に反します。
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月21日 23時27分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 国民本位の安心安全を (15)
 
以下の東京新聞の記事が指摘するように、スガ氏は安心・安全の大会しか言いません。ただそれだけ。これでは壊れたAIでも、まともな答えをするレベルです。そして、その『大会』も、すでに感染で出場を棄権する選手が生まれています。まったく安心・安全ではありません。しかし、問題はそれだけではないのです。本日の東京都の新規確認感染者は1800人を超えています。まさにオリンピック開会式には、その数が2021人になりそうな気配です。とにかく、ものすごい勢いで爆発的な感染拡大をしています。それでいてワクチン接種は遅れに遅れている。非常に危険な状況と考えます。

「何を聞いても『安心・安全』 本紙など3社の異なる質問に同じ答え 首相会見の書面回答」(2021年7月16日 東京新聞)

「東京都 新型コロナ 4人死亡 1832人感染確認 1800人超は1月以来」(2021年7月21日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月21日 18時56分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 日本を破滅させた東条英機の再来 (14)
 
以下のウォール・ストリート・ジャーナル日本版の記事に、スガ氏の五輪開催についてのコメントが載っています。はっきり言って、そのコメントの内容は目茶苦茶です。

「五輪開催でも日本は安全 菅首相、WSJに語る」(2021年7月21日 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年7月21日 16時44分
即刻、オリンピック再延期を決定せよ 『お・も・て・な・し』はいずこへ (13)
 
以下の記事で、チリのテコンドーの選手が、新型コロナウイルスに感染していることが確認され、大会を棄権したと報じられています。ホストシティー東京では緊急事態宣言発令中、世界的にもまだまだパンデミックの状態。この状態で大会を強行開催すれば、必然、このような悲運の選手が生まれてしまうことは、わかりきっていたことなのです。そして、アベ・スガ自公政権によるこの無謀な強行開催で、この選手は何年にも渡って積み上げてきた努力が水の泡になったわけです。これでは、まったくもって大会を中止したこと同じなのです。だから、来年に再延期すべきなのです。まだ遅くない、そうすべきです。

「五輪、コロナで初の棄権 チリのテコンドー選手」(2021年7月21日 共同通信)


これまで何度も申し上げてきましたが、以下の記事のように再延期は可能なのです。ウォールストリート・ジャーナルが再延期は可能と言っているわけです。しかし、アベ・スガ自公政権は再延期をしようともせず、またできない理由も何も国民に説明してきていません。まったく非民主的なのです。

「日本政府主導で五輪の中止や延期は可能と米WSJ紙 契約上はIOCだけ」(2021年6月9日 日刊スポーツ)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の10件
フリースペース

必読の書です。


この広瀬さんの本は現在進行形で有効。私たちは心しなくてはならない。
フリースペース

書評:「現状を把握するための必読の一書 」(21年3月28日)

この本を読めば、現在、バイデン(ハリス)が毎日、戦争プロパガンダのイロハをやっていることがよくわかります。まさに必読の一書。 本書の内容は大変にフェアで、著者のアンヌ・モレリさんと訳者の永田千奈さんは大変に素晴らしいお仕事をしていらっしゃいます。

フリースペース

この黒川問題を許してはなりません! この法案を自民、公明、維新が推進しています。是非、ご署名を!↓↓↓

【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます

是非ご協力を!↓↓↓

私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか。有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい!
フリースペース

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
フリースペース
フリースペース
今でもまったく新鮮味を失わない国民新党の先生方のご著書


フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

アクセス数
総アクセス数: 409271
今日のアクセス: 23
昨日のアクセス: 342
フリースペース

◎おすすめする本


Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved