ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2014年6月13日 5時12分
◆『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす◆? 厳しい「捉」の下、一致団結して行動する
 
? 厳しい「捉」の下、一致団結して行動する

 新選組の隊士たちの出身地を記した名簿がある。隊士たちの出身地は様々で東京、秋田、盛岡、水戸、大坂、徳島など全国に広がっている。なかには、後に敵対関係になってしまう薩摩や長州の出身者も含まれていた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学 ] [コメント (0)]




2014年6月10日 5時16分
◆『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす◆? 高潔なリーダーによる統率力が組織の必須条件
? 高潔なリーダーによる統率力が組織の必須条件

 新選組のトップ・リーダーだった局長・近藤勇は、天保5年(1834)、現在の東京・三多摩郡上石原村(現在の調布市)農家の三男の生まれである。幼名・勝五郎、勝太と称した。少年時代は、大変な悪ガキだったが、年下の子は絶対にいじめなかった。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学 ] [コメント (0)]




2014年6月8日 3時54分
◆『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす◆? 家族、市民、天下国家を思い一途に働く
? 家族、市民、天下国家を思い一途に働く

 直木賞作家・浅田次郎の「壬生義士伝」の主人公として描かれた吉村貫一郎は天保12年(1841)生まれ(弘化2年〔1845〕生まれとも言われる)である。 吉村は、陸奥国(現在の岩手県)南部藩の下級武士で脱藩して、慶応元年4月、新選組に入隊した。貧しい家庭を支え、妻子を養う、そのために命を張るのが一番の目的だった。諸士取調役兼監察・剣術指南役となる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学 ] [コメント (0)]




2014年6月6日 3時33分
◆『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす◆ ?生死を賭けて「誠」を尽くす
?生死を賭けて「誠」を尽くす

 京都の市中警備を開始するに当たって、近藤らは、「浅黄色のダンダラ羽織」を作成した。これは歌舞伎の衣装を真似したものという。新選組の隊服の山形模様で有名である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学 ] [コメント (0)]




2014年6月4日 1時45分
◆『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす◆? 江戸幕末最強の「プロジェクトチーム」に学ぶ
? 江戸幕末最強の「プロジェクトチーム」に学ぶ

 新選組は、江戸幕府の幕末浪士による「武力団体」である。政情不安な京都警備の任を与えられた警察部隊であり、幕末最強の「プロジェクトチーム」(局長ら幹部24人、伍長20人、平隊士100人以上)江戸幕府は浪人の懐柔統制のためと京都警備のための浪士を募集、これに近藤勇の天然理心流一門、水戸浪士・芹沢鴨、新見錦ほか200人を超える浪士が参加した。幕府は、浪士組を組織して、文久3年(1863)2月4日集結させて、京都に上らせ、洛西の壬生村に屯集させた。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学 ] [コメント (0)]





 前の5件 次の5件
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集-ブロくる
いたがきえいけん さん
板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
「板垣英憲(いたがき・えいけん)ワールド著作集」は、政治・経済を中心に、教育・啓発分野、社会・宗教・歴史分野に至るまで幅広く執筆・出版して、まさに歴史の証言者として現代社会を活写、その本質に斬り込み、「今を生きる」ために役立つ指針を提示しています。奮ってご愛読下さい。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2701)
◆『野村総研』(1988年2月20日刊) (6)
◆『誰でも知っている創業者のサクセスストーリー』 (13)
◆『IBM神話の崩壊』(1990年6月20刊) (51)
◆『姓名と日本人 「悪魔ちん」の問いかけ』(1994年5月7日刊) (75)
◆『地球再生銘柄88を狙え』(1989年12月1日刊) (89)
◆『オウム事件と宗教政治戦争』(1995年12月15日刊) (52)
◆『「全員経営」のすすめ』〜グローバル時代に生きる経営理念と実践(2000年3月20日刊) (104)
◆『株式投資 プロの裏読み〜株を制する最強戦法の秘密』(1986年5月21日刊) (61)
◆『小沢一郎の大勝負』(2003年10月1日刊) (71)
◆『角栄と眞紀子 史上最強の父娘』(1994年2月15日刊) (73)
◆『「思いつき」を企画にしてしまう本』(1990年11月8日刊) (85)
◆『企画のアイディアがたちまちのうちに50浮かんでくる本』(1998年8月26日刊) (72)
◆『新聞記事の大ウソを暴く〜誤報・虚報・捏造・癒着を生む元凶とは?』(1990年7月25日刊) (89)
◆『元統合幕僚会議議長・矢田次夫の「日本防衛の構図」』(1986年12月刊) (51)
◆『カルロス・ゴーンに学ぶ改革の極意』(2001年10月10日刊) (79)
◆『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊) (101)
◆「鳩山家の使命」(2008年10月28日刊) (112)
◆『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊) (80)
◆『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊) (76)
◆『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊) (49)
◆『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊) (36)
◆『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊) (52)
◆『目を覚ませ!財界人〜活力ある日本経済再建のための56の提言』1995年9月25日刊 (26)
◆『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日 1998年4月5日刊 (29)
◆永遠のナンバー2『後藤田正晴 男の美学』1996年2月10日刊 (27)
◆不信の時代なればこそ『誠』の経営学  (12)
◆『忠臣蔵』が語る組織の活性化術Q&A (17)
◆『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城 (10)
◆『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』 (10)
◆『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』2000年6月11日刊 (22)
◆『細川家の第陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊 (23)
◆『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』2010年1月20日刊 (30)
◆『内務省が復活する日』1995年10月25日刊 (28)
◆『情報流出のカラクリと管理術』2003年3月10日刊 (28)
◆『利権はこうしてつくられる』1991年3月25日刊1996年2月10日 (31)
◆『「族」の研究』1987年3月9日刊 (30)
◆『愛する者へ遺した最期のことば』1995年6月10日刊 (28)
◆『自民党選挙の秘密』1987年12月15日刊 (23)
◆『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』1999年7月8日刊 (29)
◆『大蔵・日銀と闇将軍』1995年5月26日刊 (29)
◆『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』2001年6月15日刊 (29)
◆『戦国自民党50年史』2005年12月15日刊 (25)
◆『小沢一郎 七人の敵』1996年2月6日刊 (28)
◆『小沢一郎の時代』1996年2月6日刊 (27)
◆『小沢一郎総理大臣』2007年11月10日刊 (28)
◆『小沢一郎総理大臣待望論』1994年11月1日刊 (30)
◆『ロックフェラーに翻弄される日本』2007年11月20日刊 (28)
◆『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊 (29)
◆『民主党派閥闘争史-民主党の行方』2008年9月16日刊 (28)
◆『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日刊 (28)
◆『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊 (30)
◆『政治家の交渉術』2006年5月刊 (106)
◆『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊 (92)
◆『孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学』2007年7月刊 (139)
アクセス数
総アクセス数: 177952
今日のアクセス: 71
昨日のアクセス: 68
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved