このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
フリースペース
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、爾来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
カレンダー
<<2019年06月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
カテゴリ
全て (683)
日本の政治 (618)
ザ・フナイ (11)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (14)
書評 (1)
最近の記事
09/22 23:25 最大の効率にして最大のダイナミズム
09/21 00:56 日本は確実に亡びると確信した記事
09/20 01:40 サウジ石油生産施設への破壊行為で浮び上がる日本でのポイント
09/19 23:55 無責任体制、日本
09/18 23:56 誰の得になるのか? そこがポイントで、その意図は一目瞭然
09/11 05:48 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/11 05:23 東アジアの歴史的分岐点――選択すべき方向は決まっている
09/03 05:55 消費税増税をしたけれど失敗した国・日本
09/02 23:55 ディバイド・アンド・ルール(分断統治)
09/01 05:49 問題なのは思考
ブログ内検索

RSS
本当に孤立しているのはだれか?
[日本の政治]
2019年6月30日 18時44分の記事

本ブログ「本当に孤立しているのはだれか? 廖複横娃隠糠6月30日)の続きです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


2月28日の米朝首脳会談以後、米朝両国の直接の動きよりも、朝鮮戦争を取り巻く米中露の動きが実は大きく進展していました。月を追うごとにその3者の関係は進展し、G20を経て、本日に至るわけです。そのポイントは東アジア和平と中東和平です(第二次世界大戦後・冷戦期の構造の収束と終息)。米中露の動きを世界的な和平プロセスとして包括的に解説してきましたが、一方でそのように解説した日本のメディアはほとんどありませんでした。それは冷戦という戦争が終わってもらっては困るからで、朝日新聞やテレビ朝日とてそのことは同じです。
G20はほぼ成果無しと言えるものです。正確には安倍政権にとっては成果がないということです。そのような論調・分析は多数ありますし、実際、このG20前からこの会議についてあまりメディアで報道されないことを観て、安倍政権にとっては成果無しと考えていました。
ただ、このG20での米露・米中首脳会談で、実際、本日の米朝首脳会談などの和平プロセスが固まったと観ますので、その意味で成果は大いにあります。ザ・フナイ8月号でも米露・米中首脳会談がポイントと書いてあります。ただ、そこに日本(安倍政権)は関係ありません。なぜならその和平プロセスを牽引も全くしていませんし、入ってもいません。それどころか、逆走してきています。そして、この安倍政権の動きが、今の日本国民を世界が見つめるポイントになっていることを忘れるべきではありません。日本と日本国民にとっては今や大変な問題です。
安倍政権はこの和平プロセスに真っ向逆走し、そのことにNHKをはじめマス・メディアが追随してきましたので、当然、G20の成果などとは言えないわけです。この和平プロセスに逆走してきたこれまでの論調と全く矛盾してしまいますし、いまだにこの和平プロセスをこわそうとしているからです。
実際、日本はG20の議長国・ホスト国なのにどうして、日韓首脳会談を開かなかったのか? それだけでも日本の狭量を示すものです。上述してきたように文在寅大統領が朝鮮戦争終戦、南北融和の先頭を走ってきたから、そのような日本(安倍政権)側の態度になるわけで、本質は徴用工の問題ではありません。
日本(安倍政権)はこれまで世界の和平プロセスに真っ向逆走してきました。その逆走をしている反対を行き、和平プロセスを率先すべきとこれまでザ・フナイで何度も書いてきましたが、そのように動いてきていれば、間違いなく今頃、東アジアでの和平プロセスのイニシアチブを握り、東アジアで極めて大きな存在感を示すことができていたでしょう。今回のG20も輝かしいものになっていたはずです。このように観てくると明らかなように、現在、本当に孤立しているのは韓国ではなく、日本なのです。
すでに自民党・安倍政権の外交政策は行き詰まり、破綻しています。外交的な失策は明らかになっています。これは国家・国民にとって多大なる損失を意味します。このようなことが生じるのは、まさに朝鮮戦争(冷戦)による戦後体制(55年体制)を存続させ、その体制にいるものの利益を温存しようとしてきたためですが、そのようなところにイージス・アショア、F35の問題もあるのです。
NHKも同じでしょう。安倍政権と二人三脚で走り、政権擁護をしてきたといわれるNHKの岩田明子氏などは、今となっては戦犯に等しい存在と考えます。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/katagiri/430017
フリースペース
フリースペース
フリースペース

◎新刊本です! 大井幸子さんとの対談です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がっていきます。これがわからないと今と未来がわかりません! 是非、ご覧ください!

フリースペース

◎おすすめする本

アクセス数
総アクセス数: 205401
今日のアクセス: 105
昨日のアクセス: 140

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved